about us

WHAT'S REALISER?

back
レアリゼのミッション

 私たちの社会には、様々な問題があります。環境破壊は相変わらず深刻で、毎年700万Ha以上の森林が消失しています。世界ではいつもどこかで戦争が起きていて、「見えているけど見えない」どこかで人が人を殺すことが公然と行われています。貧困は一向に解消されず、格差は広がるばかりです。そうかと思えば、豊かな国では若者たちが生きる意味を見失って部屋に閉じこもったり、互いに暴力を向け合ったりしています。

 ところが、それらの問題を自分の問題として捉えることができないような気がするのです。それは、現在のメディアの発信する方法が下手とか、受信する私たち側が無責任ということではないような気がする。それは言わば、このツールの設計上の限界なのではないか。これまでのメディアは、この社会のあり方と相互補完的な関係にあり、それゆえに、この社会が抱える問題を発見し、解決するツールとしてもはや機能できないのではないか。私たち一人一人が、この社会の問題を本当に発見して、それに立ち向かうようになるためには、新しいツールが必要なのではないか。そう思ったのが、レアリゼを立ち上げた理由です。

 キャッチフレーズは、「ヒトゴト」から「ジブンゴト」へ。私たちが目指すのは、一人一人の市民が、社会の問題を発見し、それに立ち向かっていくためのツールとなるような、新しい形のメディアです。

レアリゼの方法

 マスメディアは、いつも政府を批判しています。それは、「社会の問題を解決するのは常に政府の役割である」と、無意識に前提しているからではないでしょうか?つまり、「市民にできることは政府批判と投票だけである」ということ。その証拠に、日本のマスメディアではニュースソースの70%以上が政府発表であると言われます。

 しかし、私たちが迎えつつある新しい社会は、NPOや社会的企業などを通じて、多くの個人が、問題解決に自立的に立ち向かう社会です。だとすれば、新しい社会に必要なメディアとは、これらの問題解決に当たる人々を主なニュースソースとし、同時にこれらの人々をサポートするようなメディアである筈です。

 このような主旨に基づいて多くのオルタナティブメディア(市民参加型メディア)が作られました。レアリゼもその一つです。しかし、多くの市民メディアでは、現場でのヒアリングもせず、二次情報だけに基づいて作られる「記事」が多く見られました。また、インターネットの普及に伴って、出所不明の怪しげな情報も多くなりつつあり、市民の情報収集・発信リテラシーを高めることが求められています。

 レアリゼは、「発信」と「学び」の二つの方法から、新しい市民メディアの実現を目指します。「発信」は、世界に暮らす普通の市民が、各地の日常感覚や現地情報を発信するオルタナティブメディアであること。「学び」は、既存メディアの情報に対して、クリティカルな視点で接しようと努め、社会に責任を持とうとする市民の育成です。

「発信」=レアリゼサイト

 レアリゼサイトでは、市民が社会に責任を持って行動できるための情報をお伝えしようと考えています。

 Reportsのセクションでは、世界のメンバーが、自分の身の回りで起きたことや取材したことを基に記事を発表します。社会の問題解決の新しい試みや、新しい社会の姿を予感させるような仕組み、様々な分野でチャレンジする人々、日本が直面する問題を解決するために参考になりそうな海外の事例、各地のNGO/NPOの活動などを中心に報告します。

 Group researchのセクションでは、身の回りの様々なテーマについて、メンバーが協力し合い、各国の状況を調べて比較した記事を掲載します。テーマはメンバーエリアでディスカッションをしながら決めていきます。

 レアリゼサイトは、メンバーから投稿された記事を主に掲載しますが、すべての投稿を掲載する「市民メディア」とは異なります。企画段階から編集長と相談しながら、レアリゼの編集方針に沿った記事を掲載しています。

 News&Eventsのセクションでは、NGOのイベント情報や、書籍&DVDの紹介、世界に暮らすメンバー日記などを掲載しています。このコーナーは、メンバーが自由に投稿することで創っていくセクションです。

「学び」=メンバーエリア

 メンバーエリアは、自発性に基づく学びの空間です。様々な問題との出会いを通じてメンバー自身が成長していくことを目指します。メンバーは、グループウェアを利用して、ディスカッションや情報交換を行います。

【取材・ヒアリング】
レアリゼの記事では、できるだけ現場で働く人々や情報を持っている人々に取材・ヒアリングを行うことを推奨しています。また、共同リサーチでは、身近な人々に質問をすることで一次情報を集めるような手法をとっています。取材は、出会いの第一歩だと考えるからです。未経験者でもできるヒアリングの方法をアドバイスします。

【ディスカッション】
共同リサーチのテーマ選びや進め方について、ディスカッションをしながら進めます。また、各自が作成するレポートの内容を決める際に、他のメンバーに相談したり、感想を聞いたりすることも可能です。その他、写真ギャラリーやユニット活動など、様々なメンバー活動について、議論を行っています。

【書く】
単独レポートや共同リサーチでは、編集長が文章や構成を確認し、ライターにフィードバックを行って、文章のブラッシュアップをしていきます。編集長が最終的な文章の公正を行ってから掲載します。ほとんど直さずに掲載できる原稿を作成する人もいれば、何度も直してから掲載する人もいます。「書く」ことについては、経験の少ない人には大変勉強になります。

【イベント・プロジェクト】
パームオイル・ユニットが2009年にパームオイルに関するイベントを開催しましたが、メンバーはイベントやプロジェクトなどを行うことが可能です。


English

「レアリゼ」とは「レアリゼ」の仕組み参加方法参加フォーム
クリエイティブ・コモンズ メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア グッズ販売 サポーター募集
twitter mixi face Flickr