Group Reaearch

back
prev_btnnext_btn
title

商品カタログ、ドレッシング

/第4回共同リサーチ:世界のもったいないものVol.8

leader from from
三沢健直 松本市
day
2008-10-26
 

 前回は、商品がチープな場合を紹介しましたが、今回は、商品を購入する際に、その商品自体とは別のものを購入してしまうケースです。

1.結婚式や葬式の引出物の商品カタログ

 最近は、結婚式やお葬式での引き出物はカタログが定番となっています。色々なものから選べるから良いような気もしますが、ほとんどの場合、製品を受け取ってみるとカタログに載っている写真ほどの重厚感がなく、チープなものが多いです。何年か使わずに部屋の隅に置いた挙句、最終的に捨ててしまったりします。まったく、もったいないものです。


 これは、消費者が、商品そのものではなく、「カタログを受け取った人がいろんな商品の中から好きなものチョイスできる」、というサービスを購入していることが原因でしょう。商品自体と消費者が購入しているものの間に「ずれ」があるのです。

 一つの解決策は、プレゼントを贈る側が、「本当に良いもの」を贈ることです。本当に質の良いものであれば、頂いた側も自分では使い道がないとしても誰かに譲るなどして、有効に活用されるはずで、決してゴミになったりしません。

 と言っても本当に良いものは予算的に難しいとか、良く分からないということであれば、次善の策ですが、カタログに、NGOやソーシャルベンチャーへの寄付という項目を入れてはどうかと思います。「2000円をレアリゼに寄付」とか。

 と思って調べたら実践事例がありました。ピース・ウィンズ・ジャパン(PWJ)とギフトカタログ連合会のタイアップで、PWJへの寄付やフェアトレード商品の掲載などを行っているようです。
http://www.peace-winds.org/jp/news/archives/071017_1100.html

 類似のものでは、ベネッセが行う株主優待サービスのカタログに、「しまじろう募金への寄付」という選択肢を載せています。
http://www.benesse.co.jp/IR/japanese/investor/catalog/vol23/10.html

2.ドレッシング

 東京に住むメンバーから寄せられたのは、冷蔵庫の中を占領しているビン類、特にドレッシングや調味料など。最後まで使わないままに置きっぱなしになっているものが多いそうです。共働きで外食も多く、消費が追いつかず、最終的に残ったまま捨ててしまうことも多いとのこと。たしかにもったいない。

 彼の自己診断によると、外食の多い生活には満足しておらず、野菜不足が気になっている。たまに二人そろって家で食べるときは野菜をたくさん食べよう、サラダを食べよう、ということになって、そこで野菜と一緒にドレッシングを買う。ところが、美味しいドレッシングに巡り合う確率は低く、すぐに飽きてしまう。それで、また別のものを購入してしまう。ではどうして、美味しくないドレッシングを買ってしまうのか、と考えていて彼は気がついたのです。買うときは健康のことを考えて購入するのに、食べるときには味が一番重要になっている。

 つまり、ここでも購入しているものと品物との間にずれがあります。彼は、商品そのものだけでなく、一緒に健康を購入していたわけです。むしろ「健康幻想」と言ったほうが良いかもしれません。というのは、「食べれば食べるほど健康になるドレッシング」が存在するはずがなく、どんなドレッシングでも食べ過ぎれば体に悪いはずだからです。

 むしろ本当の原因は、「不健康への恐れ」と言うべきなのかもしれません。近所のスーパーでは体に悪いものを売っているに違いない、という恐れが「健康」を買わせる要因になっているとすれば、この際、ドレッシングだけは、必ず自然食品のお店で購入したり、オーガニック宅配会社から購入したりすればどうでしょう。そうすれば、買い物の際に健康について煩わせられることなく、「味」に集中してチョイスできるのではないでしょうか?

 この場合、値段が上がるかもしれません。でも、「オーガニックのドレッシング」であれば、人にあげるのも、なんとなく理由がつきそうではないですか?「この前クレヨンハウスで見つけた、オーガニックのドレッシング、まだ少し残っているけど食べてみる?」とか。

 試しに、世界でドレッシングを交換する事例があるか聞いてみたところ、海外の日本人コミュニティの中では、日本製の食材の交換をすることがある、とのことでした。ドレッシングの余りと言えども、付加価値がつけば交換は可能と考えておきましょう。


Vol.1 「世界のもったいないもの」
Vol.2 食べ残しの持ち帰りがダメだって!?
Vol.3 カーシェアリング・カープーリングとは?
Vol.4 土に還る容器「生分解性プラスチック」とは
Vol.5 コミュニティガーデンという試み
Vol.6 「もったいない」と文化~小さな自然を守るために~
Vol.7 家具や電化製品の交換(リユース)の仕組み
Vol.9 知識の伝承/価値とメディア
Vol.10 世界から消えゆく商店街

このエントリーをはてなブックマークに追加





member
クリエイティブ・コモンズ メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集 twitter mixi face Flickr