「ヒトゴト」 から 「ジブンゴト」へ

世界の日常にコロがっている「問題」を手に取ってみること。「問題」を通じて情報が集まる。仲間ができる。自分のやりたいことが見つかる。
そんな生活をサポートするのが、新しいタイプの市民参加型・非営利メディア[レアリゼ]です。

blog partreports
photophotophoto gallery
unit

翻訳ユニット

翻訳スキルのあるメンバーが、主にパートナーサイトの記事を翻訳しています。今後、翻訳スキルを他団体に提供するなどの活動を行っていく予定です。

エネルギーシフト・ユニット

政府の原子力ポスターコンクールに対抗して始まった脱原発ポスター展の事務局を担当しています。事務局は、ベルリンの山本堪、東京の秋山桃花、ポートランドの江崎絢子が中心に運営しています。

2013-12-21
 その後の経緯について(三沢健直)
2013-04-29
 レアリゼについて(三沢健直)
2012-05-02
 小さな動き。(Lena Hashimoto)

rss
day categry title writer
2013-07-28 CO-EXISTENCE 暴動で明らかになったスウェーデンの移民問題 横山 渚
今年5月の半ば、スウェーデンの首都ストックホルムで大規模な暴動が発生しました。最初に事件が起きたのは、ストックホルム郊外のヒュースビーという移民が大変多い地区です。同地区において、自宅で刃物を振り回していた69歳の外国人男性が、警察官に射殺されたことが発端とみられています。 それから数日後、暴動は比較的大きな都市の・・・
more
day categry title writer
2012-07-16 サステナビリティ 原発推進派の名を連ねたフィンランドの『利己責任の碑』 靴家さちこ
 立ちのぼる煙と二度に渡る爆発、いつまでも続く放水活動――これらの福島原発事故の映像にくぎ付けになりながら、「このような危険な原発が、なぜ作られたのだろう」と改めて歴史を振り返り、過去の先達の選択に疑念を抱いた人たちがどれほどいたことだろう。もしもその折に、日本のどこかに、過去の推進派達の名を刻んだ石碑のようなものがあったならどうであっただろう。  例えそのような碑があったと・・・
more
day categry title writer
2012-06-10 LIFE STYLE オランダでの出産について 伊藤 愛
 2011年春にオランダで出産してその後もオランダで子育て中の伊藤です。 オランダにはじめてきたときには街に妊婦さんとベビーカーの多い国だな〜、というのが感想でした。  日本での出産にも詳しくないのであまり比べられないのですが、私の体験したオランダでの出産体験について書いてみようと思います。  オランダでは妊娠検査薬が手軽に1・・・
more
series
day categry title writer
2012-04-01 LEARNING フィンランド小学校事情 Vol.5 靴家さちこ
 1990年半ばの調査によると、フィンランドの就学中の生徒達の中で、いじめをしたことがある子どもは8%、逆にいじめの被害を受けたことがある子どもは12%ほどである。この数字は、OECD(欧州経済協力機構)の中でも平均的で、決して高くはない。それにも関わらず、フィンランド政府は、2003年より全ての公立校に対して、いじめ対策やいじめ・・・
more
day categry title writer
2012-02-12 LIFE STYLE 発酵する世界~3.11後の希望について語ろう~ せこ三平(山村玲生)
 食べ物が腐敗するのも、発酵しておいしくなるのも、微生物の働きです。私たちが生きているこの世界も、腐敗するのか、発酵へ向かうのか、私たちが決めるのかもしれません。  人の体内にも、たくさんの微生物が暮らしているそうです。  善玉菌と呼ばれるもの、ばい菌、悪玉菌と呼ばれるもの、そして、どちらが優勢になるかによって変わる「日和見菌」と・・・
more
series
day categry title writer
2012-01-03 ART フィリピンのクラシック文化?~UUUプロジェクトの挑戦~ 野口彰英
 ある時フィリピンの子ども達に、「知っているクラシックの音楽家の名前を言ってみて?」と尋ねると、予想外の答えが返ってきました。  『マイケルジャクソン!』  皆さんはアジアの途上国の学校教育と聞くと、どのような光景を想像されるでしょうか。フィリピンでは、小学校6年、高・・・
more
day categry title writer
2011-12-13 CO-EXISTENCE レバノンの今:佐野光子先生インタビュー(後半) ほうきじゅんこ
レバノンのセントジョセフ大学で日本語教師として教鞭をとる佐野先生へのインタビュー、後半は2006年のイスラエルとレバノンの戦争のこと、映画やダンスなどのアラブ文化を中心にお話ししてもらいます。 A.戦争が始まるほんの数日前までサッカーのワールドカップが開催されていて、ベイル・・・
more
no.1 54 2003-12-04 経済破綻したアルゼンチンの今 (下平真弓)
no.2 34 2008-09-05 食べ残しの持ち帰りがダメだって!?(三沢健直)
no.3 32 2010-11-22 ちょっとだけ不便、でも快適~目からウロコの非電化生活~(せこ三平(山村玲生))
Recommend
 2009-09-07  バリアフリーな地球の楽しみ方(江崎絢子)
クリエイティブ・コモンズ メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集 twitter mixi face Flickr