reports

MEDIA

back
prev_btnnext_btn
title

カーバスターズ-車のない社会を目指して-

CAR BUSTERS

leader from from
飯野陽子 オーストラリア
day
2003-04-03
 

車のない社会を目指す直接行動~カーバスターズ~

1997年車社会による支配とそれがもたらす破壊と闘う国際的なムーブメントが初めて集結し、21ヵ国50の様々な活動グループを代表する65人の活動家たちが、フランスのリヨンで第1回カー・フリー・シティ会議を開いた。

 カーバスターズはそのカー・フリー・シティ会議の成果を何らかの形にし、その勢いを持続させ、国や言葉を超えて様々なローカルグループや個人の間のコミュニケーションと情報交換の場としての役割を荷うことを目的としてスタート、"European Youth for Action"を中心としたインターナショナル・チームがチェコのプラハに拠点を置いた。

 共産主義崩壊後、西からの資本が入り、東欧諸国も世界の資本主義経済に組み込まれていった。人々の価値観は大きく変化し、道路拡大・高速道路建設によって多くのコミュニティーの崩壊を招いた。ヨーロッパの若者たちの運動が連合し、プラハに拠点を置いたのは、そんな90年代のマテリアリズムへの反感かもしれない。設立2年後にはカーバスターズ・マガジンを発行、Webサイトを開き、月々のメールマガジンも始めた。

 またフリー・カー会議(去年10月に第2回目がポーランドのクラコフで開かれ、この3月には第3回目がプラハで開かれた)への資金集めから運営及びPR活動、そしてカー・フリー・デーなど車廃止運動に直接参加することを求める意識向上のためのローカルなイベントを、世界的なレベルでサポートしている。

Independent News Collectives

 カーバスターズはIndependent News Collectivesというラディカルでオルターナティブなメディアのあり方を追求するグループのメンバーでもあり、自らも便利さ・ステータスシンボルとしての車のイメージが先行する既存のメディアであまり伝えられることのない、車社会に代わるポジティブな選択肢、オルターナティブな価値観を伝えているメディアである。
 カーバスターズ・マガジンは、プラハでヨーロッパを中心とした7人のスタッフが編集に携わっている他、カーバスターズに賛同する世界中のグループや個人たちの共同作業によって作りだされている。年に4回発行されており、カーバスターズの活動を経済的に支えているのがこのマガジンだ。

 今のところ英語版(英語以外の記事もいくつか掲載されてはいる)しか出版されておらず、国によっては出版社や配布元になっている個人を通じて購入できるが、オンラインで購読申し込みも可。

 "環境にやさしいエコシティの未来図"、"いかにして車中毒を克服するか"といったトピックについての様々な記事、車社会、車文化関連の研究・調査結果が掲載され、ニュース欄ではハンガリーで反対運動が道路建設停止の判決をもたらしたニュースから、運転中キーホルダーについていた"たまごっち"のペットに気をとられサイクリストを轢いてしまったフランス人女性の話まで、世界各国からのニュースを真面目に、時には面白おかしく伝えている。

Direct Action(直接行動)

 またDirect Action(直接行動)をモットーにしているカーバスターズらしく、実践的かつ効果的なスキルを分かち合う。

 例えば、歩行者の権利を主張すべく"Car Walking(歩道駐車してある車の上を歩いて通る)"、さらに"Car Biking(自転車で車の上を通ってしまう、出来るなら車輪の跡を残して!)"や、"Car Bouncing Bonanza(大当たり車バウンド)"-10人の友達を集め、「歩行者解放前線」とでも書かれたユニフォームを着用し、歩道に止めてある車を見つけ、その車の回りで、戦さ前の踊りをした後で、背中をまっすぐ伸ばし1,2の3!のかけ声で息をそろえて車を揺り動かす(注:バウンドは小さめに)。怒った車の持ち主にアクションの正当性を根気強く説明し、歩道駐車がなくなるまで何度か繰り返そう、とか。

 "車道に対抗すべく自転車レーンを描く自転車マシーンの使用方法"、"車を道路から追い出すストリートパーティ開催のマニュアル(具体的な準備段階、警察とのかけひきなど)"、"自転車だって荷物が運べる!バイク・トレーラーの作り方"、"キャンペーンを行う際のプレスリリースの成功法(意地悪なジャーナリストに負けない心構え)"、"「空気を汚し、運転手をアグレッシブにし、2012年まで生きさせません」と書かれた原寸大の立体車のプラカードの作り方"まで、とにかく読むだけでも楽しい(実際にやったらもっとおもしろいかもしれない)。

ー 某中堅出版社O社の編集者Mさんの依頼により、車のない 社会を目指す”CAR BUSTERS”を取材、記事をまとめました ー


1 2 3 4

車を置いて、ブーツを履こう!!(カーフリー・ウォーキングとは?)
地球を犠牲にしない交通のあり方
車と経済-常識という鉄鎖から解放されるために
「車のない生活」がもたらす子供にとって5つのよいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加





クリエイティブ・コモンズ メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集 twitter mixi face Flickr