reports

ソーシャル・ベンチャー

back
prev_btnnext_btn
title

フェアトレード・ラベルへの違和感

leader from from
三沢健直 松本市
day
2004-07-27
 

フェアトレード・ラベルとは?

 フェアトレード・ラベルというものがある。フェアトレード団体の国際的組織であるFLO やIFATなどが、透明性、環境配慮、労働条件など複数の項目を挙げ、これらの基準を満たしたものをフェアトレード認証団体として、フェアトレード・ラベルを発行している。

 一方、フランス最大のフェアトレード団体である、『アルチザン・ド・モンド(Artisans du Monde)』のようにラベルの導入に慎重な団体や、日本のいくつかの団体のようにラベルを導入しない団体もある。

+++


 ここ数年フランスでは、フェアトレード・ラベルの導入がホットな話題になっている。生産力の増大した生産者から、スーパーでの大量販売を可能にして欲しいという要望があったことが議論の始まりだった。

 アルチザン・ド・モンドは、フランス国内でボランティア・スタッフによって経営される約150店舗によって構成され、スーパー等への卸は行っていない。アルチザン・ド・モンド(世界の職人)という名前からも分かるように、途上国で少人数の手作業によって生産されるハンディクラフトを主に輸入販売している。

 時には彼らの店舗すべてにさえ行き渡らない数量の商品も扱っている彼らにとって、認証手続きの導入はハンディクラフトの切捨てにつながる可能性がある。特定の生産者からの大量輸入を前提とするラベリングは、コーヒーなどの農産物には導入しやすいが、少量生産のハンディクラフト生産者にとってメリットがない上に、煩瑣な手続きばかりが増えるからである。

 スーパーでの販売に関して違和感を覚える人も多い。アルチザン・ド・モンドの約150の店舗すべては独立したアソシエーション(NPO)であり、店舗を中心に多様な社会問題について考える人々のコミュニティを作り上げていく。店舗の運営と展開が彼らのフェアトレード運動の中で非常に大きな意味を持っているのである。

 店舗に来たお客さんが店員に商品の由来を訊き、説明を聞きながら、社会の問題について意識をもつ。イベントやパーティなどを通じて同じような意識を持つ人と出会い、自分自身もそれに参加することによって生きがいを見出していく。アルチザン・ド・モンドには高齢者のボランティアがとても多い。この展開をラベルとスーパーによって代行することは出来ない。

「ラベル」の課題

 もともとラベリングとは、『消費者は考えなくて良い』という現代社会の仕組みに基づくものではないだろうか?ラベルを見た途端に、消費者はその先を考えることを止めてしまう。

 認証システムの一例に有機認証があるが、導入の際には大きな問題があった。農地の置かれている状況は千差万別であるのに、例えば10の農薬を1に減らす努力と1の農薬をゼロに減らす努力との差異は、認証システムにおいてはまったく関知されない。認証システムというものは、個別の条件を切り捨てることによってしか成立しないのである。

 消費者と生産者との関係を変えることを目指す運動に生協運動がある。生活クラブ生協の河野栄次氏は「危機かチャンスか-有機農業と食ビジネス 」の中で、有機認証について次のような趣旨のことを述べている。

 「農薬をゼロにすることが重要ではない。どのような条件下で、どの程度の農薬が使用されたのか明らかにされていることが重要であり、それを買う、買わないはその情報をもとに消費者が判断すればよい。」

 生協は独自の厳格な審査基準を持っているが、さらに組合員自身できるだけ生産者のもとを訪れ、生産の現場を把握することが求められる。ラベリングは、そのようなコミュニケーションに基づくトレードと反対方向を向いているのではないだろうか。

 批評家の柄谷行人は、『共同体』と『社会』を対立するものと捉え、次のように言っている。「共同体とは、共通のコードをもって閉じられたシステムであり、社会とは、共通のコードをもたない他者との交通において成立するような空間です。」(闘争のエチカ )

 社会は、実体的に在るものではなく、共同体から遡行的に見出されるものである。そして実は共同体も、社会との対照によって見出されるものである。それらは反対方向へ向かう二つの力であり、共同体へ向かう力のほうが強い。なぜならコードとは、思考を省くことによって、効率優先の経済と補完しあうものだからである。それゆえに、社会を目指す方向はこれからも常にオルタナティブなのだろう。


このエントリーをはてなブックマークに追加





クリエイティブ・コモンズ メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集 twitter mixi face Flickr