reports

サステナビリティ

back
prev_btnnext_btn
series
title

より環境にやさしいパームオイル、アメリカに到着

leader from from
Mongabay.com San Francisco Bay Area (California) セミッヅ美佳 ワシントン州シアトル市
day
2010-09-27
 

 RSPO(持続可能なパームオイルのための円卓会議)によると、持続性基準を充たすことを認証されたパームオイルの最初の積荷がアメリカに到着した。

 スウェーデンのマルモを拠点とする植物油脂の製造会社AAKは、RSPO認証(分離式)を受けたパームオイルの最初の積荷がニュージャージー州のニューアーク港の製油所に到着したことを発表した。分離式RSPO認証パームオイルは、サプライチェーンをのすべての過程において、通常のパームオイルと分離されている。
 ほとんどの「持続可能な」パームオイルのユーザーは、実は分離式認証パームオイル(CSPO)を使っていない。その代わりに、販売する通常のパームオイルと同量のグリーンパーム証明書を購入することによって、他所では通常のパームオイルとして売られているものを本物のCSPOと表示して販売している(訳注:Book and Claim方式)

 RSPOはまた、CSPOの日々の生産高は現在、一日につき5,000トンを超えていると発表した。2008年末以来、2,200,000トン以上の認証パームオイルと、600,000トン以上の認証パーム核が生産されている。2010年においては今現在までのところ約600,000トンの認証パームオイルとパーム核が主にヨーロッパで売られている。


 世界的なパームオイルの消費高は毎年50,000,000トン近くあり、その約半分は国際的に取引されている。パームオイルは、加工食品や化粧品、そして石鹸と幅広く使われている。WWF(世界自然保護基金)の推定によれば、スーパーに置かれている包装された商品のほぼ半分にパームオイルが使用されている。またバイオ燃料としての利用も増大している。

 しかしパームオイルがとても優れた作物である一方、過去20年にわたる生産量の増大は、大量の温室効果ガスの排出を引き起こし、オラウータンやピグミー象、スマトラサイ、スマトラタイガーなどの野生動物を絶滅の危険にさらしながら、マレーシアやインドネシアの熱帯雨林の広大な地域を食い尽くしていることで環境保護主義者の強い反発を招いている。

 RSPOは、これらの懸念に応えるために結成された。この団体は環境保護主義者やその他の団体と同様に産業界の関係者も含んでおり、パームオイル生産の持続可能な基準を定めている。にもかかわらず、ここ数年の間、生態学的に敏感な生息地を破壊しつづけているメンバーがいることが明らかになったことで、その意義が批判されている。
 ユニリーバーやネスレを含む著名メンバーは、RSPOに加盟しているサプライヤーによる不正行為に対応するために、RSPOの外で行動を起こさなければならなかった。いくつかの批判によれば、RSPOのスキームには監視が不足しおり、コンプライアンス基準が低く設定されている。財源不足であるとも言われている。支持者達は、RSPOはまだ比較的新しい構想なので、その意義が明らかになるには、まだ時間がかかるであろうと主張している。

原文:Greener palm oil arrives in the United States(mongabay.com)
June 29, 2010

訳注:RSPOによるパームオイルの認証方式には、次の4種類がある。上の二つが分離式認証となる。

(1)単一の認証農園から認証パーム油をエンドユーザーが購入する方法(IDENTITY PRESERVED(IP))
(2)複数の認証農園から認証パーム油をエンドユーザーが購入する方法(SEGREGATION)
(3)認証パーム油と非認証パーム油の混合した油を、「何%認証オイル使用」として販売する方法(Mass Balance(MB),)
(4)認証農園がクレジット(証書)を発行し、販売企業が購入するBook and Claim。


サラワク政府と警察と伐採業者は、「共謀して先住民族コミュニティを威嚇し攻撃している」と断言する新しいレポート
マレーシア: オランウータン保護 VS パームオイル開発 ― 誤った記録を正す
オイルパーム労働者はいまだ貧困線以下、大臣声明とうらはら
現実世界の「アバター」ストーリー:企業の搾取と戦う先住民族

このエントリーをはてなブックマークに追加





関連サイト
(原文)Greener palm oil arrives in the United States (mongabay.com)
パームオイル・リサーチ・ユニット
RSPO(持続可能なパームオイルのための円卓会議
関連ニュース
イベント報告「サラワクの先住民は今~森林伐採、オイルパームと熱帯雨林」
ボルネオにおける森林伐採が先住民族に与えてきた影響
カリマンタンにおけるプランテーション開発/BIN (中間報告 Vol.7)
オーガニック認証のパームオイルとは?(中間報告 Vol.6)
サラワク州におけるプランテーション開発と先住民との関係/FoEジャパン(中間報告 Vol.5)
ボルネオ島のプランテーション開発/BCTジャパン (中間報告 Vol.4)
パームオイル代替オイルの可能性/バイオディーゼル燃料編 (中間報告 Vol.3)
パームオイルの流通現場からのヒアリング (中間報告 Vol.2)
パームオイルに関する政策提案の試みからリサーチ・ユニットへ (中間報告 Vol.1)
持続可能な生産の仕組・ライフスタイルの構築/「人と環境に厳しいパームオイルを避ける方法」Vol.5
私たちにできること/「人と環境に厳しいパームオイルを避ける方法」Vol.4
「公正」と「健康」という視点/「人と環境に厳しいパームオイルを避ける方法」Vol.3
パーム油の表示がない!?(植物油脂という表示)/「人と環境に厳しいパームオイルを避ける方法」Vol.2
パームオイルの問題を再確認する/「人と環境に厳しいパームオイルを避ける方法」Vol.1
関連ニュース
コメントを見るコメントする
コメント(0)

クリエイティブ・コモンズ メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集 twitter mixi face Flickr