reports

サステナビリティ

back
prev_btnnext_btn
title

空飛ぶモニョンゴロ村

森なしに生きられない Vol.2

leader from from
伴昌彦 東京都 伴昌彦 東京都
day
2007-10-06
 

モニョンゴロ村とは?

 栃木県に「空飛ぶモニョンゴロ村」なる場所がある。モニョンゴロとは一体?しかもその得体の知れないものが空を飛ぶ村とは?

 モニョンゴロ村は宇都宮から東に約20km、栃木県芳賀郡にある団体だ。農林業からの収益で社会的弱者の支援を行っている。モニョンゴロとはケニアの言葉で「ムカデ」の意味。村長の佐藤さんによれば、ムカデを村の名前にしたのは強い人でも弱い人に合わせないと転んでしまうムカデ競争に由来している。また、「空とぶ」は人間の作った国境、宗教、イデオロギーなどの境を飛んでしまいたいという思いからつけられたそうだ。

村の入口


 村の周囲には田畑や森に囲まれた典型的な日本の田舎の風景が広がっている。村には広い雑木林があり、その周囲に村長の佐藤さん宅、親の高齢化などにより自宅で生活出来なくなった知的障害者4人が生活するグループホーム、ニートの若者が生活する自立塾、村の活動を支援するボランティアの宿舎などが点在している。近くにはブルーベリーの果樹園や不耕起農法の畑もある。畑は現在では、自立塾を卒業した若者が佐藤さんから経営を譲り受けている。

 佐藤さんはかつて東京の福祉施設で働いていたが、10数年前、実家のあるこの土地に戻ってきてグループホームを建てようとした。しかし、井戸を掘るためのボーリングで貯金を殆ど使い果たし、残額がわずか2万円になってしまったという。
  そんな時、間伐材でログハウスが建てられるという本を読んだことが林業に興味を持つきっかけになった。しかし素人がいきなり木を伐って家を建てるわけにもいかない。そこで林業を学ぶ意味もあって4年ほど森林組合で働いた。ここでの佐藤さんの体験はその後のモニョンゴロ村の事業に大きく活かされている。

 村の基幹産業になるのが林業だ。モニョンゴロ村の森は一般に林業という言葉から連想されるスギやヒノキの森ではなく、コナラを主体としてサクラ、クリ、クヌギ、アカマツなどの混じった落葉広葉樹の雑木林だ。林の中には大量の薪が積み上げられている。これがこの村の主要産物だ。

モニョンゴロ村の循環する里山

 関東で雑木林と言えば、コナラ、クヌギなどの落葉広葉樹林。人里に近い山の森ということで里山とも呼ばれ、かつて薪炭林として使われていた森である。しかし里山の森は、人の手が加わることで成立していた森である。放っておくといずれ常緑樹や下草が生い茂って、うっそうとした暗い森に変わってしまう。
  木を薪や炭として利用していた頃は、里山には定期的に伐採が入り、落葉や落枝も肥料や燃料として使われていた。クヌギやコナラは伐採されると根元から休眠していた芽が伸び、再生するので、森は常に若返っていた。こうして里山では資源が持続的に活用されるサイクルが確立していたのだ。

 しかし戦後、燃料の主体は化石燃料に、堆肥は化学肥料に代わり、里山が省みられることはなくなった。一方で、各地で人の生活と結びついた昔懐かしい里山の風景や、そこに適応して生活してきた生物を守りたいという人も多い。近年は各地で伐採更新や下刈などの保護活動行われているが、生活と結びついて成立していた里山をそこから切り離して守ることには無理が生じる面もある。

 しかし、モニョンゴロ村の里山は「生活のために」頻繁に伐採されており、萌芽更新した若々しい森が広がっていた。「経済に結びつけると広がっていくんです」佐藤さんは言うが、確かにきちんと資源として利用されなければ、里山の保護活動も愛好家の趣味に留まり、広がりを持つのは難しいだろう。

 冒頭で紹介したようにこの村では薪を生産しており、それが基幹産業になっている。今時薪がそんなに売れるのかと驚いたが、薪ストーブ等でそれなりに需要はあるらしく、現在は主にネットを使って販売している。全て佐藤さんが自分で運搬もしており、時には愛知県や長野県など遠方からの注文もあるそうだ。薪の販売価格自体は低くても生産から輸送まで全てを佐藤氏が担っていることが収益の出る秘訣だった。

 と言っても勿論、経費などを引けばそれほど大きな儲けがあるわけではない。村では薪以外にもシイタケやブルーベリーなども生産しているが、これも話を聞くと、決して大きく儲かっているわけではない。「お金儲けは悪いことじゃない。問題はどう使うかです」と佐藤さんは言うが、そう言う割にはあまり商売っ気のない人だ。


1 2

都市農地を活用する試み(3)-倉沢里山の会
都市農地を活用する試み(2)-こだいら菜の花プロジェクト
都市農地を活用する試み(1)-東久留米市一歩の会
森を壊さないカレーを食うために ~パーム油フリーカレー~

このエントリーをはてなブックマークに追加





クリエイティブ・コモンズ メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集 twitter mixi face Flickr