reports

ソーシャル・ベンチャー

back
prev_btnnext_btn
title

市民が建てた石鹸工場 (3) ~日本の社会起業家:川崎市民石鹸プラント(ワーカーズコレクティブ『サボン草』)~

leader from from
三沢健直 松本市
day
2004-05-28
 

6.作業所として

 川崎市民石鹸プラントは、設立当初から職親制度を利用して精神障害者を雇用してきた。最初は2年で雇用を終了していたのだが、続けて雇用して欲しいと頼まれると断れず、いつの間にか障害者が14人になっていた。93年から精神障害者地域作業所と認定され、補助金が約1000万円/年出るので、非常に助かっている。

 当初は、障害者も通常通り労働力とみなし、能力に応じて給与もワーカーズと同等か、あるいはそれ以上支払い、朝9時から夕方5時まで働いてもらっていた。しかし作業所と認定されて以降は、作業所としての機能を果たすことに優先順位を移している。現在はできるだけ多くの人が来られるように、平均700円、作業時間も9時‐2時と短縮して、ワークシェアリングを行っている。

 作業所とは、病から回復した精神障害者が社会に復帰する前段階で、仕事を通じて社会に徐々に適応をしていくための施設である。注意したりすると、病気が再発してしまうことがある。だから個人への注意ではなく、定期的な全体説明という形で指示を与えるなど、紆余曲折はあるが、障害者の能力を全部受け入れて、効率優先ではない働き方を模索してきた。

 このことが思いもかけない効用をもたらした、と石崎さんは言う。サボン草の7人のワーカーは仲良しグループではない。同じ場所で長年働く間には、人間関係が軋みを立てたこともある。そんなときにも、互いの足りないところを際限なく批判し合うのではなく、各々の個性として、ありのままに受け入れる習慣が、ワーカーズの一人一人にできたという。これは毎日障害者と共に働く中で、自然と身についたのだそうだ。だからこそ15年も続けることができた。半ば強引に集められた7人だが、結局1人が入れ替わっただけで、残りの6人は今でも同じメンバーだ。

 障害者を雇用する経営者の話は、最近あちらこちらで耳にするが、いずれも「障害者でも頑張ればできる」とか「健常者と遜色ない」というような話ばかりだ。それが、ここでは違う。「彼らと一緒に働くおかけで、私たちも仕事を続けることができた。彼らが作業所から自立していくことを仕事の喜びとして、私たちが与えて貰ってきたのです。」と石崎さんは言う。

 工場の横に小さなプレハブがある。作業の終わった障害者たちが輪になって床に座り、小さな明かりを灯して、夕方まで楽しそうに話をしていた。

7.成しえたこと、今後

 川崎市民石鹸プラントが成しえたことは何か?との問いに対して、石崎さんは次のように答えてくれた。「福祉や環境など、いろいろなネットワークがあるけれど、その中で感じるのは、私たちが実働しているということが重要だということ。私たちが頑張っている、ということが他の人の参考になるし、励ましにもなる。社会貢献を事業にするモデルとして、出来るだけ長く続けることに意味があると考えています。」

 2年前、工場を見学に訪れた化粧品会社の社長が、一緒に化粧品の開発をしないかと言う。そこで1年半かけて、厳選したサンフラワーシードオイルだけを使った高級石鹸を完成させた。現在、洗顔用石鹸として売り出し中である。「毎年同じことを繰り返していたら先細りになってしまう。いつもその年の反省をするときには、今年はどんな新しいことをしただろうか?と振り返る。何も新しい事をしていないと感じる年は、本当にがっかりしてしまう」と石崎さんは言う。

 余剰廃食油のリサイクルに関して、今後はVDFやBDFといったディーゼルエンジンの燃料として利用するか、発電に利用することができるのではないかと考え、大学の研究室に指導をお願いしている。

 設立15年が経ち、工場も建替え時期を迎えている。しかし社内留保がないので、建替えは難しい。行政の姿勢も変化している。川崎市民石鹸プラントが設立された当時の市長は革新系で、市の土地の賃貸など、何かと協力的だった。例えば、川崎市の学校給食の現場では、石鹸を利用するために自動食器洗い機を導入せず、給湯設備を整え、排水口の目を大きくするなど石鹸使用に適した構造となっている。石鹸プラントを移転する計画もあったのだが、市長が交代して白紙になってしまった。といって悲観しているわけでもない。いい機会なので、新しいことを始めるつもり。もちろん石鹸工場もずっと存続させるよう頑張るつもりだ。

「高級石鹸はやってみたから、次はBDFか発電ね」石崎さんはそう言って楽しそうに微笑んだ。


市民が建てた石鹸工場 (2) ~日本の社会起業家:川崎市民石鹸プラント(ワーカーズコレクティブ『サボン草』)~
市民が建てた石鹸工場 (1)~日本の社会起業家:川崎市民石鹸プラント(ワーカーズコレクティブ『サボン草』)~

このエントリーをはてなブックマークに追加





クリエイティブ・コモンズ メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集 twitter mixi face Flickr