reports

LIFE STYLE

back
day title writer
2012-06-10 オランダでの出産について 伊藤 愛
 2011年春にオランダで出産してその後もオランダで子育て中の伊藤です。 オランダにはじめてきたときには街に妊婦さんとベビーカーの多い国だな〜、というのが感想でした。  日本での出産にも詳しくないのであまり比べられないのですが、私の体験したオランダでの出産体験について書いてみようと思います。 まずは助産院探・・・
more
day title writer
2012-02-12 発酵する世界~3.11後の希望について語ろう~ せこ三平(山村玲生)
 食べ物が腐敗するのも、発酵しておいしくなるのも、微生物の働きです。私たちが生きているこの世界も、腐敗するのか、発酵へ向かうのか、私たちが決めるのかもしれません。  人の体内にも、たくさんの微生物が暮らしているそうです。  善玉菌と呼ばれるもの、ばい菌、悪玉菌と呼ばれるもの、そして、・・・
more
day title writer
2011-11-18 日本の脱原発運動も参考にできるアメリカ市民的不服従の事例:XLパイプライン反対運動、Occupy運動 江崎絢子
 11月6日、ワシントンDCで、ホワイトハウスを囲む大規模な集まりが行われた。キーストーンXLパイプライン建設に関する「絶対的な決定権」を持つオバマ大統領に「建設中止を願う支持者がたくさんいる」というメッセージを送るというのが目的だ。  この日ホワイトハ・・・
more
day title writer
2011-09-12 デモのできる社会とは、どんな社会か 三沢健直
 今年の夏は、原発事故の影響で、駅や街の照明が暗くなり、フランスに住んでいた頃を懐かしく思い出した。フランスに限らず、ヨーロッパの夜間の照明は総じてこの程度であり、日本の都市の夜の明るさと、電気の無駄遣いが異常だったに過ぎない。  電車のクーラーも同様だ。東京の暑い夏の日に、半袖・半ズボンで電車に乗ると、寒くて凍えなければならな・・・
more
day title writer
2011-08-25 バンコクについて、手短に Carbusters
  短い休暇を過ごすために滞在しているバンコクのホテルで私はよく、窓の外の狭いソイ(タイ語で「車線」のこと)をゆっくりといく往来の流れを眺めている自分に気付く。タクシー、乗用車、トゥクトゥクやバイク、驚くほど沢山のバンやSUV、ランブータンを積んだ荷車を引く行商人、自転車に乗った人々、そして 多くの歩行者たち(大抵は雑貨を抱えて歩いて・・・
more
day title writer
2011-07-24 車輪の上の女性たち~解放のサイクリング(ダッカ市、バングラデシュ)~ Carbusters
  2011年2月25日金曜日、50人余りの女性の集団が、ダッカの街に自転車で繰り出した。参加者はほとんどが外国人だったが、バングラデシュ人も何人か はいた。 この自転車ツーリングは、最近誕生したArohi(アローヒと読み、ベンガル語で「乗る人」を意味し、語源はサンスクリットで統率力を意味する「アーロハ ナ」からきている)という名のグ・・・
more
day title writer
2010-11-22 ちょっとだけ不便、でも快適~目からウロコの非電化生活~ せこ三平(山村玲生)
 那須高原にある、ヒデンカコウボウ、って知ってますか?  那須と言えば、御用邸。で、ヒデンカと言えば、妃殿下、美智子さま?という連想をされる方がいらっしゃるかもしれません。  ブー。ぜんぜん違います。答えは、「非電化」。非電化工房。  電気を使わない家電製品?ちょっと言葉に・・・
more
day title writer
2010-10-13 自然農をご存知ですか ~2010 東北自然農実践者の会 参加リポート~ せこ三平(山村玲生)
 去る9月25(土)、26日(日)、今年の「東北自然農実践者の会」が、福島県で開かれました。  東北自然農実践者の会は、1999年に開催された「第8回妙なる畑の会、全国実践者の集い」に参加した人たちが中心となり、「東北ならではの自然農の工夫、暮らしの知恵などを学び合う会」という趣旨で始まったそうです。参加資格は、「東北地方で半年・・・
more
day title writer
2010-09-11 車を置いて、ブーツを履こう!!(カーフリー・ウォーキングとは?) Carbusters
歩くのに車を使わないのは言うまでもない。「カーフリー・ウォーキング(車を使わないウォーキング)」とは一体何だ?と多くの人が思うだろう。   「カーフリー・ウォーキング」とは、イギリスで始まったムーブメントで、リクリエーションとしてウォーキングを楽しむ人たちに、車の代わりに公共・・・
more
day title writer
2010-07-16 農村とつながる旅のかたち (フランスから「旅」を考える ①) 今成彩子
 フランスに住み、フランスの国内旅行をしていると様々な発見がある。バカンス(長期休暇)を人一倍楽しむ国だけあって、旅のスタイルは多様で旅行関連のサービスも充実している。とはいえ、旅行者の「快適さ」を追求することだけが旅行サービスではない、というのがフランスを旅行していて常に感じることだ。自然の景観を守ることや文化遺産の保全が、ひとりひ・・・
more
1 2 3 4 5 6 7
クリエイティブ・コモンズ メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集 twitter mixi face Flickr