reports

COMMUNITY

back
day title writer
2010-09-20 働きながら介護で悩む時-ドイツの新しい介護政策に学ぶ 飯田恵子
 少子高齢化が急速にすすむ日本の中で、働きながら近親者の介護問題に悩む人はどのくらいいるだろうか。  中日新聞が2009年に実施した調査によると、介護保険制度が始まった2000年からの10年間に介護が原因の心中や殺人事件は400件に上っている。  同調査では、加害者が男性であるケースが4分の3を・・・
more
day title writer
2010-07-12 地球を犠牲にしない交通のあり方 Carbusters
  「もし、あなたが交通システムの最終形を設計するとしたら、公共交通は無料にして、車の利用には大幅な課金をすることでしょう。」ニューヨーク市長、マイケル・ブルムバーグ氏は、そう言う。  現在の交通システムのあり方は転換期にある。石油への依存度を減らし、環境に配慮した都市を築いていくためには、従来の・・・
more
day title writer
2010-06-12 子どもの肥満を減らそうと、ウェールズでは自動車乗り入れ禁止の町づくりを検討中 Optimist World
 ウェールズでは、自動車の乗り入れ禁止の集合住宅を造って、子どもたちの健康向上を図ろうという抜本的な提案が、閣僚・建設業者・建築家たちの間で話し合われることになりました。  持続可能な交通輸送に関して活動するNPOのサストランス(Sustrans)とプレイ・ウェールズ(Play Wales  http://www.playwal・・・
more
day title writer
2008-07-02 オーストラリア2020サミット-討議民主主義の実験- 緑ゆたか
 全国各地から集まった約1000名の市民代表が、将来の国のあり方について意見を出し合う「オーストラリア2020サミット」が、オーストラリアの首都キャンベラで、2008年4月19、20日の2日間(1日目:8:45~18:00、2日目:8:30~15:00)・・・
more
day title writer
2006-09-15 燻し銀 地域に根ざして生きる vol.2 桑原美砂子
   人を上から見て指示を出す立場から、誰とでも対等だという意識に。仕事に打ち込み、社会を支えてきたという誇りを持つ男性が、退職後にそう気持ちを切り替えることに失敗することもある。  同じ会社の退職者同窓会などで、昔の部下に会うとつい上司風を吹かせてしまう。しかしそれでは、人の・・・
more
day title writer
2006-08-21 燻し銀 地域に根ざして生きる vol.1 桑原美砂子
   「楽しいことは、自分で見つけるんだよ。」 そう言って顔をほころばせたのは、井手達雄・70歳。福岡県春日市の須玖南地区公民館前館長である。平成18年の3月まで3年8ヵ月の間に、それまでほとんど実態のなかった公民館活動を飛躍的に発展させた。  一見、強面なので第一印象で誤解されやすい・・・
more
day title writer
2004-12-04 迷えるユートピア~創設86年の「新しき村」~第三回 下平真弓
 三年前に、私が初めてこの村を訪れた際、一番印象に残っていたのが一軒の古屋だった。村を囲むようにしてある田んぼとその用水路に隣接してある住居は、お世辞にもきれいとはいえない古屋だった。しかし、そこにあった情景に思わず我を忘れて見とれてしまった。玄関も窓も開け放たれ、中からは人の話し声が洩れ聞・・・
more
day title writer
2004-11-24 迷えるユートピア~創設86年の「新しき村」~第二回 下平真弓
 3年前に「新しき村」の村内会員となった日比野英次さん(47)は、「新しき村」のホームページの中で次のように書いている。 「新しき村の魅力は自己(個人としての人間=単独者)を真に活かすことを主たる目的とする共同体という点にある。これを個と全体の関係で言えば、全体のために個があ・・・
more
day title writer
2004-11-19 迷えるユートピア~創設86年の「新しき村」~第一回 下平真弓
 周りをぐるりと深い森に囲まれたその村には、ある掟があった。「その森に入ってはならない」。それはつまり、村の外へ出てはならないということを意味していた。-「シックスセンス」や「サイン」などの代表作で知られる、M. ナイト・シャマラン監督の最新作"The Village(邦題はヴィレッジ)"の舞台設定だ。金のために家族を惨殺されるなどの・・・
more
day title writer
2003-01-13 "ドイツ・ベルリンにおけるスクワット"(2) たかもとみさこ
 「1990年から93年は戦争だった。」  当時のスクワット運動に詳しい彼女が言った。アジア系の彼女は、スクワットに住む友人を訪ねるとき、携帯催涙ガスとこん棒を、肌身離さなかったという。東西を分けるベルリンの壁が無くなり、右翼と左翼が、ちょうど抗争を始めた時期だ。毎週のように、仲・・・
more
1 2
クリエイティブ・コモンズ メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集 twitter mixi face Flickr