reports
back
終了
day categry writer
2008-05-26 持続可能な生産の仕組・ライフスタイルの構築 伴昌彦
 今回のリサーチでは、パームオイル全般ではなく、問題のあるパームオイルを避けた消費スタイルの可能性を目指していたのですが、商品から原材料の生産が環境や社会に及ぼす影響についての情報が得られないため、結果的にメンバーの多くがパーム油自体を避ける消費行動を取りました。しかし消費者にあるのはパームオイルを避けるという選択肢だけではありません。  リサーチがパームオイルの不買運動と見えてきたことに対し、その不毛さを指摘したメンバーもいました。確かに、上述・・・
more
終了
day categry writer
2008-05-19 私たちにできること 伴昌彦
 前回まで、パームオイルやその他の問題のある食品を、知らず知らずのうちに消費者が選択させられていること、またそれを避けることの難しさについて述べてきましたが、ここからは消費者としての我々に何が出来るかを考えてみたいと思います。  メンバーの多くが指摘した「植物油」という表示。これは健康に関心を持つ人にとっても社会問題に関心を持つ人にとっても、欲しい情報が何も得られない表示です。カナダ在住のメンバーの一人からも「(1)食品の健康面での安全性、(2)環境・人権・・・
more
終了
day categry writer
2008-05-15 「公正」と「健康」という視点 伴昌彦
 今回のリサーチは、環境や人権という視点から始まったのですが、オイルについて「健康」という側面から関心を持つメンバーも多くいました。環境と健康とを追及することは一見矛盾がなさそうですが、「パームオイル」を通じて違う側面も見えてきました。「健康」について、より広い視野を持って考える必要がありそうです。  今回のリサーチを通じて、パームオイルが健康へ与える影響についての情報が交錯しており、人や場所によってまったく正反対のイメージが持たれていることが分かりました・・・
more
終了
day categry writer
2008-05-05 パーム油の表示がない!?(植物油脂という表示) 伴昌彦
 今回のリサーチで、この問題を始めて知ったというメンバーもいましたが、各自、普段の消費生活の中で色々工夫しながら、問題のあるパーム油を使わない方法を考えてくれました。その過程で各メンバーがぶつかった困難や、リサーチの中から出てきた様々な気付きや疑問を紹介します。  パームオイルは様々な所に使用されていますが、もっとも多い用途が食品です。そのため参加者の多くが食品でリサーチをしてくれました。ところが実際に調べ始めてみたところ、メンバーの・・・
more
終了
day categry writer
2008-04-26 パームオイルの問題を再確認する 伴昌彦
 第2回共同リサーチのテーマは「人と地球に厳しいパームオイルを避ける方法」でした。パームオイルは食品や洗剤など様々な用途の製品で使われています。植物性ということで、なんとなく環境に優しいイメージがあり、そこをセールスポイントにした製品もあります。しかしパームオイルには、「環境にやさしい」とは正反対の一面があることも指摘されています。  パームオイルを使用した洗剤には、しばしば「植物性なので分解性がよく環境に優しい」という宣伝文句が用い・・・
more
1