reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2011-10-30 (日)

学生団体ALPOのパームオイル・イベントに行ってきました。

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常) | 劇評 | 動画

alpo
  
この夏に10日間、マレーシアとインドネシアを訪問し、現地のプランテーション企業や、小規模農民の話を聞いてきた学生団体ALPOの現地報告イベントに行って見ました。
  
深刻になりがちなテーマですが、最近の学生らしく、楽しい雰囲気のイベントでした。いくつか感じたことをメモしておきます。
  
環境に関する問題意識は、社会的に広く共有されつつある、と思っていたけど、学生たちと話すと、そもそも森林破壊の何が問題なのか、なぜ環境を守らなければいけないのか、その根拠となる知識やシンパシーは、実は思っていたほど共有されていないのではないか、という気がしました。
  
参加した学生たちを見ていると、環境を守る必要について頭で理解する一方、豊かになったと喜ぶ農民たちの気持ちに対しては、感情で理解している、という感じ。
  
パームオイル生産には色々問題はあるようだけど、これで豊かになっている農民もいるのだし、「推進やむなし」、のような雰囲気が強かった気がする。
  
実は、これは今回の報告内容を正確に反映している気がしました。事前に酷い労働条件と聞いていた出稼ぎ労働者たちが、意外に希望を持って暮らしていることや、パームオイルによって豊かになった村や小規模農民を訪問したことなどの驚きが、全面に出た報告だったと思う。「聞いてたほど酷くないじゃん!」という。もちろん私の個人的印象です。
  
これは、今回の訪問では、パームオイルの問題点に関しては、あまり見る機会がなかった、ということなのか、パームオイルの問題は思ったほど重大ではない、あるいは解決しつつある、ということなのか、ここの考え方が難しい。
  
パームオイルのネガティブな面として、グリーンピースのネスレ批判の動画を流したりもしたのだけど、その時間は「ネガティブ・キャンペーンという手法を相対的に捉える」、という課題になってしまっていて、「パームオイルの問題点を感じる」という課題になっていなかった。
  
一つ考えたのは、私自身の「問題不感症」のような感覚の問題。パームオイルの問題について、私に平均以上の知識があるので、この程度の問題報告では知覚されないのかもしれない。学生たちは問題意識を持ったのかも。うーん。これは違いそうだ。やはり話した学生たちは、あまり問題意識を持ったように見えなかった。
  
もう一つ、取材バイアスというのもある。今回のツアーは、エコツアー会社がコーディネートしているとのことなので、取材先の取捨選択にバイアスがある可能性はある。けれど、このバイアスは、どんな取材でもありうることなので、「より問題報告の多い取材にバイアスがない」、などとは当然言えない。
  
「問題報告だけを好んで見て、企業批判だけする」、という態度に自分が陥っていないか、常に検証する必要もある。
  
ただ、「こういう取材にはこういうバイアス」ということに関する知識は、現地報告が多数行われれば、行うほうも参加者も経験知を得ることができるのでしょうね。だから、どのような団体が旅行をコーディネートしたか、という情報は、現地報告ではかなり重要な情報だということになりそうです。
  
というようなことを考えながら帰宅したわけですが、肯定面と否定面の間で、どう考えるか、というのがパームオイルの問題について考える時の難しさだということは、以前からALPOの皆さんとは話しをしてきたことで、「今回参加する学生たちに伝わるのは、こうだ」、と彼らなりに議論を重ねて企画を立てたであろうことは、よく伝わって来ました。
  
いずれにせよ、現地の農民のインタビューなどは貴重な情報なので、ぜひYou Tubeなどで広くシェアしてもらえると有難いです。

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2011-10-17 (月)

学生団体ALPO現地調査報告イベント =パームオイルから「知る」「つながる」「広がる」=

カテゴリー:イベント情報 | 劇評

◎日時 
2011年10月29日(土)
午後5時30分~9時 
(午後5時オープン)
  
◎場所 
まれびとハウス 
(JR山手線田端駅より徒歩7分)
 
・行き方 明治通り沿いのローソンの隣に酒のカクヤスがあり、その脇のマンションの9階です。 (シェアハウスの一室となっています)
・地図 http://bit.ly/bxhmp3 
  
◎主催: 
学生団体ALPO -Alternative Look at Palm Oil- 
(パームオイルを取り巻く社会問題へのアプローチを考える団体)
  
◎参加費:
500円(飲食代込み)
Twitter割引にて300円!!
※ @2011ALPO のアカウントをフォローし、イベントのつぶやきをリツイートしてくださる方を対象とした割引です。
  
◎お申込み: 
下記連絡先に必要事項を記入し、ご連絡ください!
※Twitter割引をされた方は、その旨もご記入ください。 
  
①氏名・Twitterアカウント名
②所属(大学名・会社名)
③電話番号(任意)
連絡先: alpo.event@gmail.com 
  
◎お問い合わせ: 学生団体ALPO 担当:栗原
・メールアドレス:alpo.event@gmail.com 
  
========================= 
  
★コンテンツ
第一部 報告会 17:30~
 ALPO紹介、現地視察報告、ドキュメンタリー放映
第二部 交流会 20:00~
  手作りマレー・インドネシア料理試食、ミニグッズ販売
  
★参加対象
国際開発に興味がある方
環境問題に興味がある方
旅に興味がある方
東南アジアが好きな方…
どなたでも大歓迎!
様々なバックグラウンドを持つ方と語れる貴重な機会です☆ 
  
★参加人数 40名(定員になり次第締め切り)  
  
========================= 
  
★ファストフード、スナック菓子、化粧品。それらの多くに必ずと言っていいほどパームオイルが使用されていることをご存知ですか?
その原材料であるパームオイルは、生産地であるインドネシアやマレーシアの環境破壊、先住民族の権利侵害など、様々な問題をはらんでいます。
  
★私たちALPOはこの夏、メンバー全員でマレーシアにてパームオイルプランテーションの現地視察を行いました。パームオイル産業に関わる様々な人々と出会った10日間の現地視察を報告します
  
★パームオイルを取り巻く社会問題へのアプローチを考える団体学生団体ALPOでは、パームオイルに関わる様々な問題を「生産者と消費者を結び付ける」グローバルな問題としてどのように向き合うべきなのかを考えています。
消費面だけでなく、アブラヤシの生産地の環境や生産者の生活の安定性を確保できる「持続可能な」アブラヤシ産業とはどうあるべきか、一消費者として持つべきオルタナティブな視点を探ります。

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-11-08 (月)

田舎の公民館で、凄い芝居を見た

カテゴリー:劇評

松本市の芳川公民館で活動する劇団「であい舎」による、「文七元結」を見てきた。日頃は仕事をしながら活動する、いわゆるアマチュア劇団なのだが、想像していたレベルを遥かに超えていて驚いた。しっかりと感動してしまったのだった。
  
そもそも劇団と言えば、若い人を中心に行うものと思い込んでいたのだが、この劇団は中高齢の人が中心で、出演者は皆、長年の修練によって身に付けた円熟した演技力を持っていて、このままテレビで見たとしても、まるで不思議ではない感じなのだった。
  
戦乱のない時代が60年以上続いた故の文化的成熟と考えれば、江戸時代の地方歌舞伎との共通点を思い浮かべずにはいられない。しかし一方では、現代の地方演劇が、崩壊する村落共同体の中で、身体表現を通じてコミュニケーションの在り方を問い直しているであろうことを考えてみると、地方歌舞伎もまた、当時起きていた何かの崩壊に直面しての、何かへの問いで有ったのかもしれないことに、思い当たるのだった。
  
そして、そのような演劇は、世界各国の田舎において実践され続けているのかもしれない、とも思うのだ。
  
劇団であい舎

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-09-23 (木)

海と森と里と-つながりの中に生きる-(DVD)/PARC

カテゴリー:劇評

ryuiki
  
森の豊かさと海の幸とが密接に関係していることを、古の人々が知ったのは、いつのことだろう?どんなきっかけがあったのだろうか?かつて森を壊したことで、海からの痛いしっぺ返しを得たことでもあったのだろうか?このDVDを見ながら、そう思った。
  
古くから漁業を営む付近の森は、社が建てられ、神聖な場所として守られていることがある。それは、海の魚達や海草が、森から川を通して運ばれる養分によって養われていることを、古の人々が知っていたからに違いない。
  
それを忘れてしまったのは、現代の私達のほうだ。かつて日本の森は、ほとんど広葉樹林だった。しかし、戦後の復興期において、それを成長の早く、価格も高い針葉樹に植え替える拡大造林政策が採られ、日本の森は針葉樹林に変えられてしまった。しかし、60年代後半以降の木材の輸入自由化に伴って、日本の木材は競争力を失い、森は徐々に放棄され始めた。
  
手入れをしない森は、水の保水力を失い、山崩れや水害などを引き起こすようになる。その対策として、全国でダムが作られるようになる。ダムは、水利対策という名目で作られたが、実際には、近隣地域の経済対策としても作られ、多くの政治家が必要のないダムを作るよう活動を始めた。
  
しかし、ダムによって、森の養分が海まで届かなくなると共に、海から川を上がり、自らの死体と共に養分を森に戻す魚達も、森に戻ることができなくなる。このようにして、日本中で、森から海へ、海から森へという養分の流れが断ち切られるようになった。
目先の経済効果に囚われた現代人は、古の人々が知っていた、知恵を見失ってしまったのだ。
  
DVDでは、大川のダム建設反対運動を通して、漁業と農業と林業に携わる人々が、互いの価値を知合い、交流を深める姿が描かれている。当初、漁業者達はダム建設の推進側だった。洪水によって土砂が流れ込むと養殖業が被害を受けるからだ。しかし、「気仙沼の生産量20億円のうちに、18億円は大川が運んだものだ」、という研究を知ってから、漁業者の意識が変わる。漁業者も、森を守るために活動を始める。
  
一方で、農業者の側も、それまで意識していなかった川下に暮らす人々のために、農薬を減らし、切り取った草が流れていかないように、敢えて川沿いの草を刈り残すように習慣を改めた。
  
今後、森が復活するためには、林業が復活しなければならない。そのヒントとして、家具づくりを中心に林業を復活させようとする試みが描かれている。
戦後日本の高度成長の陰で失われた価値を再度発見し、これからの日本の新しい価値を生み出していくためのヒントが、このDVDには描かれている。
  
タイトル:海と森と里と-つながりの中に生きる-(DVD)
制作:特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)2010年
詳細:http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/ryuiki.html

キーワード:  , , , ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 1

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr