reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2013-04-29 (月)

レアリゼについて

カテゴリー:お知らせ

レアリゼは、現在ほぼ休止中ですが、廃刊してはいません。ときどき更新するかもしれません。

この10年の成果と失敗を振り返りながら、これからも新しい形のメディアを目指して行くつもりです。

気長にお待ちいただければ幸いです。

三沢健直

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2012-04-16 (月)

脱原発ポスター展の本がでました。

カテゴリー:お知らせ | 書評

 昨年4月に開設した脱原発ポスター展には、これまで1400点以上の作品が投稿され、多くの人がデモに持っていってくれました。日本のデモを可愛くてポップなものにして、デモ参加のハードルを下げることに、多少は貢献できたと考えております。
  
 その後、全国で12万枚以上を配った「脱原発うちわ」や、全国30カ所以上で開催された「みんなの街の脱原発ポスター展」、同様にドイツ・スペイン・アメリカなどで開催されたリアル脱原発ポスター展など、私たちの予想を遥かに超えた展開を続けています。そして今回、脱原発ポスター展の作品集が出版されることになりました。
  
 本当はもっと活動報告を全面に押し出した本が作りたかったのですが、その辺は出版社の意向とやや違って、とってもアーティスティックな仕上がりになっています。
これも団扇(うちわ)や缶バッジなどと同様に、利用者の手になる新たな作品の一つなのだと理解しています。
  
 この本の売り上げは、経費を除く印税の全額が「つながり・ぬくもりプロジェクト」に寄贈されます。私たちの活動は、これまで表現活動に偏っていましたが、今回ようやく被災地支援もできることになり、大変嬉しく感じております。
  
 今後も引き続き、エネルギー・シフトと被災地支援のために活動を続けたいと考えております。地方では注文販売になるかもしれませんが、ぜひご購入いただければ幸いです。
  

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2011-07-26 (火)

レアリゼ発の脱原発が、うちわ・音頭・イベントに広がっています

カテゴリー:お知らせ | イベント情報

いまレアリゼ内で最も熱いプロジェクト「脱原発ポスター展」。
  
4月30日の募集開始依頼、毎日たくさんの応募があり、海外版もあわせるともう600点近い作品が集まっています。
  
脱原発ポスター展作品
  
このプロジェクトのおもしろいところは、単にポスターを集める。ということに留まらず、このプロジェクトを通じて、社会や人々に実際にいろいろな変化や行動が起きて行くことです。
  
お店や町に貼った人がいます。
http://blog.nonukeart.org/post/6384558487
http://blog.nonukeart.org/post/6339730519
  
展示をやった人もいます。
http://blog.nonukeart.org/post/7006615095/6-26-in
  
缶バッジを作った人(管バッジもあります 笑)
http://blog.nonukeart.org/post/6728445705
  
リーフレットを作っちゃった人
http://blog.nonukeart.org/post/6578079384/6-11-100-in
  
Tシャツつくって、デモとかに参加している人
http://blog.nonukeart.org/post/6518646229/t
  
動きは海外にも広がり、ベルリンでも展示。
http://blog.nonukeart.org/post/6736098069/in
  
そして、既にいろいろなメディアにも取り上げらているのでご存知の方も多いと思いますが、団扇で脱原発プロジェクト
脱原発ポスター展の作品が団扇になっています。
  
うちわたち
  
この団扇については、レアリゼメンバーも、8月6日の松本ぼんぼんで配布予定です。
  
さらには、エネシフ音頭まで。
  
レアリゼからうまれたこの動き、これからもどんどん広がって行くと思います。
  
まさに
  
「ヒトゴト」 から 「ジブンゴト」へ
世界の日常にコロがっている他人の「問題」を手に取ってみること。「問題」を通じて情報が集まる。仲間ができる。自分のやりたいことが見つかる。
  
というレアリゼの理念が実現されたすばらしいプロジェクトになりました。
  
※事務局メンバー募集しています!
  
・文章書きたい人
・デザインしたい人
・世界が驚くプログラムを作りたい人
・メディアへの働きかけ、PR が得意な人
・アートを通じて社会にインパクトを与えたい人
・うちわくばりや、ポスターくばり など体を絞りたい人
・なんだかわからないけど、自分にできることがあるような気がする人
  
興味ある方はinfo※(@に変えて下さい)nonukeart.orgまで自分のやりたいこと、できることなどを添えてお送りください!
  
(文:脱原発ポスター展事務局 秋山桃花)

キーワード:  ,

投稿者:秋山桃花  Comments: 0 Trackbacks: 0

2011-06-10 (金)

脱原発ポスター展、盛り上がってます!

カテゴリー:お知らせ

脱原発ポスター展は、開始早々作品がハイペースで国内外から集まり、今日現在なんと344作品!この問題に対する、人々の意識の高さを感じます。

脱原発ポスター展サイト
http://nonukeart.org

Twitter
http://www.twitter.com/nonukeart

さらに、このポスター展のおもしろいところは、投稿作品をプリントアウトしてポスターとして貼るのはもちろん、デモのプラカードに使ったりTシャツを作って着たりという風に、作品を見た人が、その作品を使ってまた何かを作ったり、行動したりという風に広がって行くところです。

いろいろな取り組みはブログに掲載しているので、ぜひご覧下さい。
http://blog.nonukeart.org/

また、「脱原発?なんか難しそうでよくわからない」「エネルギーシフトといわれても、どう関わって行けばよいかわからない」といった人が、ポスターの絵やメッセージをきっかけに考えを深めたり、意見を表明したりする。アートを通じて社会が変わって行く、というところも非常に面白い。

それもあってか、メディアにも繰り返し登場。メディア掲載例

また、ギャラリーでの展示や、映像作品も現在企画中です。お楽しみに!

キーワード: 

投稿者:秋山桃花  Comments: 0 Trackbacks: 0

2011-05-01 (日)

「脱原発ポスター展」が始まりました!!

カテゴリー:お知らせ | イベント情報

tumblr_lipthm1jf31qi1yrpo1_r5_400
  
政府の原子力ポスターコンクールに対抗して、「ストップ原発ポスターコンクール」をやろうという議論がTwitterで盛り上がってから、ずいぶn時間が経ってしまいましたが、ようやく開始することができました。
  
予想もしなかった震災と事故の影響があって、コンセプトや実施方法の見直しを迫られ、また政府はポスターコンクールのサイトを削除してしまいました。その結果、最終的には、「脱原発ポスターを収集してデモに持っていってもらう」という大変シンプルなものになりました。
  
デザインを担当したのは、レアリゼの山本さん。事務局もレアリゼ・エネルギーシフト・チームで担当しています。
  
英語版もありますので、世界に広げて行きたいと思ってます。お近くのアーティストやデザイン好きな人に是非伝えてください。
  
脱原発ポスター展(日本語版)  脱原発ポスター展(英語版)

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2011-04-27 (水)

災害支援活動と市民運動の原動力

カテゴリー:お知らせ

こちらのレポートで紹介した「RQ市民災害救援センター」は宮城県登米市の現地本部、東京の事務局、各地のメンバーとのつながりを活かして被災地でのボランティア活動、被災者の様々なニーズへの対応、そして全国各地で被災者の受け入れなどの長期支援を行っています。
  
日本エコツーリズムセンター、RQ市民災害救援センター代表の広瀬敏通氏から「信頼関係が原動力」という現地レポートが送られていました。以下の部分が特に印象的だと思ったので紹介したいと思います。
  
******
  
『RQは日常的に組織化してきたメンバーではなく、各地から個々バラバラに来た寄せ集め集団です。青写真もなく事業計画もない混乱した状況下で、ひとつの指揮系統でもなかったのに、各所でみんなが意見を出し合って作ってきたいろんな機能が、総体としてまとまりを持ってしまう稀有な運動体が現出しました。
  
この中軸には日本エコツーリズムセンターや日本環境教育フォーラムで長年、ともに仕事して来た自然学校の仲間たちの強い絆があったことは間違いないし、その信頼関係が原動力であったことは誰も否定しないでしょう。とすれば、日本中で、世界中で、市民たちの前向きな信頼で築かれた運動が存在し続けさえすれば、災害時には別の生き物のような強い運動体が出来るという仮説も言える気がします。』
  
*******
  
レポートの全文はこちらより
  
参考:

2011-04-27 (水)

CBD市民ネットより、「賛同募集:原子力政策に関する緊急提言 〜いのちを尊重する社会へ〜」

カテゴリー:お知らせ

CBD市民ネット(正式名称:生物多様性条約市民ネットワーク)は、日本政府の原子力政策に関する緊急提言を作成し、賛同者の署名を募集しています。
  
原子力政策に関する緊急提言
  
3月11日、東日本大震災は福島第一原子力発電所事故を引き起こした。放射性物質が大気、土壌、地下水、海洋へ広範囲に拡散する予断を許さない状況が震災後一か月以上たった今も続いており、その完全な収束にはこの先何十年にも渡る長い年月を要すると言われている。
  
豊かな農業を育んできた大地にも、海産物を授けてくれる世界に誇る豊穣の海にも、未だに放射性物質が流出され続けている。誰よりも土を愛してきた有機農家の方が絶望のうちに自殺に追い込まれたことは記憶に新しい。原発事故は、持続可能な農漁業を目指してきた人々、それを支えてきた東北や関東地方を中心とした地域共同体や地域の文化、そして長年にわたり生物多様性の保全活動をしてきた人々のこれまでの苦労を蹂躙しようとしている。放射能の被害を受けるのは人間ばかりではなく、地球環境そのもの、すなわち長い歳月をかけて培われた生物多様性そのものである。
  
原子力発電はCO2排出量の少ない、経済効果の高い安心安全なクリーンエネルギーと位置づけられ、経済発展に貢献する技術として国家により推進されてきた。一方的ともいえる情報発信方策は原子力の危険性を問う議論を封じ込め、その結果私たちは今もなお、自分たちの暮らしを守るために必要な情報すら十分に提供されない状況にある。事故以降の対応に対してはすでに国際的にも「これは天災ではなく人災である」という認識が高まっている。これには政府や東京電力の姿勢に大きな要因があるが、同時に結果としてそれを許してきた経済界、有識者、マスメディア、消費者、そして私たち日本国民に責任がある。

  
声明の全文はこちらより
  
オンラインの署名フォーム
  
または、Eメールでbd.seimei@gmail.com 宛てに
  
1)賛同者の氏名
2)所属団体  *団体での場合は担当者の名前
3)連絡先メールアドレス
  
(賛同者は4月末まで受け付ける予定)

2011-03-19 (土)

松本市の方へ > 被災者の受入可能な空き住宅・部屋の情報募集

カテゴリー:お知らせ

信州発国際貢献の会のほうで、無償か格安で被災者受入の可能な空き住宅、空き部屋等の情報を募集しています。海外からの難民支援を目的とする団体ですが、国内に難民が大量に生じているわけなので、当然、国内の難民支援を行うことにしたということです。
  
貢献の会では、被災者受入可能な住宅の情報を集約して市に伝えることで、民間の住居を利用した受入の可能性について市が具体的に検討できるようにしたい、ということです。市とも連絡をとって進めています。
  
なので、現段階では、実際に受け入れるかどうか、どのような方法で受け入れるか等は未定です。提供できそうな住宅・部屋を知っている方は、条件や質問等も含めて、貢献の会のほうに連絡してみてください。
よろしくお願いします。

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2011-02-05 (土)

【募集】第9回共同リサーチを始めます!~世界の仕事の見つけ方事情~

カテゴリー:お知らせ

第9回共同リサーチのテーマは、「世界の仕事の見つけ方事情」です!今回も、皆さんの回答をお待ちしています!
  
日本では、就職活動というと大学を3年生が一斉にスーツを着て行う光景が一般的になっています。一方で、国や地域によっては、必ずしも大学卒業後一斉にみんなが就職するのではなく、大学を出てから世界旅行をし、それから就職する人も珍しくないというところもあります。このような違いはどこからくるのでしょうか?
  
就職活動や就職のタイミング、仕事の見つけ方や、就職への意識、制度などについて、身近な例や知り合いの体験談による例を報告してください。このリサーチを通じて、今まで気がつかなかった仕事の見つけ方を発見したり、仕事に対する別の考え方を学んだりすることで、今後の仕事人生のヒントを見つけたいと考えています。

あなたや身の回りの人の「仕事の見つけ方」で、日本にはないような方法があれば、ぜひ教えてください。反対に、「実は日本と同じだった!」という報告も大歓迎です。
  
回答はこちら

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 1

2011-02-03 (木)

【募集】町内会の写真募集!

カテゴリー:お知らせ

昨年実施した第8回共同リサーチ「世界の町内会」の取りまとめレポートを作成中ですが、写真を集めていないことに気がつきました。読者の皆さんで、もし町内会活動の写真や、地域住民活動の様子を写した写真があれば、ぜひ投稿してください。
  
よろしくお願いします。投稿先は、レアリゼのFlickrスペースにて
お待ちしています。

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr