reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2008-10-29 (水)

伊藤忠が、リターナブル料理持ち帰り容器「DOGGY BAG」を発表

カテゴリー:ニュース

 伊藤忠商事は10月29日より、飲食店で残った料理を持ち帰るための容器「DOGGY BAG(ドギーバッグ)」を、環境ブランド「MOTTAINAI」の新商品として発売する。大小2種類の1セットで819円(税込み)。

 通常、持ち帰り容器の多くは使い捨てだが、DOGGY BAGの材質はポリプロピレンのため、洗って何度でも使用できる。

日経トレンディ(2008年10月28日)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20081028/1020438/

[関連記事]
食べ残しの持ち帰りがダメだって!?-「世界のもったいないもの」共同リサーチVol.2

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2008-10-29 (水)

告発されたカーシェアリング・サイトが勝利宣言

カテゴリー:ニュース

【オンタリオ、カナダ】バス会社の圧力で、カーシェアリングサイトが違法として閉鎖に追い込まれようとしているというニュースをお伝えしましたが、公聴会の結果、オンタリオ政府がカーシェアリングを合法化するため法改正を行うという結論がでたようです。

ご紹介した「Save Pickpal in Ontario」で勝利宣言をしています。
http://save.pickuppal.com/2008/10/28/we-fought-the-good-fight-and-won/

[関連記事]
車の快適な使い方(カーシェアリング・カープーリング)-「世界のもったいないもの」共同リサーチVol.3

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2008-10-28 (火)

代替燃料車の1000km耐久レース、アメリカで開催

カテゴリー:ニュース

【カルフォルニア、ネバダ】 10月17日付けのWired Visionによると、カリフォルニア州バークレーをスタートしてネバダ州ラスベガスでゴールする、代替燃料車による長距離レースが開催されたそうです。レースは、走行距離が1300キロを越える過酷なもの。英国の伝説のスポーツカー『Lotus 7』に似せた、植物油で走る車が優勝したそうです。 詳細はこちら>>

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2008-10-27 (月)

カナダのカーシェアリングのサイトがバス会社の圧力で閉鎖?

カテゴリー:ニュース

オンタリオ(カナダ)のカーシェアリング・サイト(PickupPal)がバス会社の圧力で閉鎖に追い込まれようとしているようです。以下は、8月時点の記事です。
http://blogs.itmedia.co.jp/burstlog/2008/08/post-7a99.html?ref=rssall

これに対して、”Save PickupPal in Ontario” というサイトが立ち上がっていて、オンタリオ市民を中心に2167人の反対署名が集まっています。
http://save.pickuppal.com/

Save PickupPal in Ontario によると、10月15日(水)に、Ontario Highway Transportation Board (OHTB)で公聴会が開かれ、市民からの意見聴衆が行われたようです。結果は、数週間以内で出るだろうとのこと。

[関連記事]
車の快適な使い方(カーシェアリング・カープーリング)-「世界のもったいないもの」共同リサーチVol.3

2008-10-22 (水)

ダイムラーがドイツでカーシェアリング開始

カテゴリー:ニュース

【ウルム、ドイツ】ダイムラーAGは10月21日、スマート『フォーツー』を使用したカーシェアリング、「car2go」の概要を明らかにした。携帯電話で予約ができ、免許証をかざすだけで車両のロックが解除できる簡単さが売りだ。

Response(2008年10月22日)
http://response.jp/issue/2008/1022/article115387_1.html

[関連記事]
車の快適な使い方(カーシェアリング・カープーリング)-「世界のもったいないもの」共同リサーチVol.3

2008-10-15 (水)

公共交通機関、バイオ混合燃料使用義務づけへ  パーム油価格下落対策で

カテゴリー:ニュース

【ペタリンジャヤ】 パーム原油(CPO)価格が下落していることを受け、政府は公共交通機関がバイオ燃料を5%を含む混合ディーゼル燃料(B5)の使用を義務づける方向で検討している。10月21日の閣内委員会で決定する予定。

詳細》

マレーシアナビ

[関連記事]
「人と地球に厳しいパームオイルを避ける方法」-共同リサーチVol.2

2008-10-11 (土)

2008年FAO食料農業白書 バイオ燃料の展望・リスク・機会の包括的分析

カテゴリー:ニュース

10月7日に発表された国連食糧農業機関(FAO)の”2008年食料農業白書”(The State of Food and Agriculture 2008)が、その大半を構成する第1部でバイオ燃料問題を取り上げた。
http://www.fao.org/docrep/011/i0100e/i0100e00.htm

報告はバイオ燃料の概説から始め、それがもたらすリスクと機会を包括的に分析した上で、バイオ燃料の生産と消費は食料安全保障や環境への影響の理解を進める暇もないほどの猛スピードで拡大していると、既存のバイオ燃料政策の緊急の見直しの必要性を強調する。

その分析は既存の知識や研究に基づくもので、それから導かれる個別の諸問題に関する見解や主張も、基本的には既に言い尽くされている(昨年5月の国連報告:国連バイオエネルギー影響評価報告 バイオ燃料産業急拡大に警告とも重なる)。

ただ、ここで取り上げられた農業、経済、環境、社会(貧困、食料安全保障・・・)など、バイオ燃料に関係する広範な分野の問題のすべてに精通している関 係者(専門研究者、学者も含め)は少ないだろう。しかし、バイオ燃料唱道者、開発者、政策決定者は、バイオ燃料にはどんな問題があるのか、包括的知識を持 たねばならない。

例えば、この白書の第5章で取り上げられる”バイオ燃料は限界地で生産できるか?”という問題をどれだけ意識しているだろうか、あるいは確かな証拠を もってこの問題に答えることができるだろうか(この白書の答えは否定的である。少ない養分=肥料・水・労働で高収量が得られ、病害虫に強く、食料とも競合 しないと世界中で大流行のヤトロファも、こういう見解・主張を立証する科学的証拠はまったくないと言う―第5章 14-15頁)。

そういう自問を促すために、とりあえず、この白書の目次を掲げておく(但し、この報告の見解や主張を絶対視するつもりはない)。
続きはこちらで

農業情報研究所(WAPIC)

[関連記事]
「人と地球に厳しいパームオイルを避ける方法」-共同リサーチVol.2

2008-10-04 (土)

農園のユナイテッド、「持続可能なパーム油」初の認証

カテゴリー:ニュース

【ニュー ヨーク】 マレーシア・パーム油産業の利益を代表する在米組織、米パーム油委員会(APOC)は、マレーシアのユナイテッド・プランテーションズが「持続 可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」からRSPOの原則、基準に合致しているとの認証を受けたと発表した。 <続きは以下のサイトで> マレーシアナビ

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr