reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2009-06-15 (月)

米国・ミネソタ州のパームオイル原料バイオディーゼル禁止にインドネシア政府が遺憾

カテゴリー:ニュース

6月1日、ミネソタ州が、環境上の理由で、パームオイルから生産されるバイオディーゼルの使用を禁止した。インドネシアのアントン農相は、WTOへの事前の通報なしの規制に遺憾を表明、この動きが全米に広がることを恐れている。

農相は、この禁止は泥炭地での[オイルパーム農園の]開発、野生動物殺し、森林火災[森林焼き払いによるオイルパーム農園開発]に関連したものだが、5月25-26日の訪米に際し、オイルパーム農園の開発は持続可能性原則に従っていると米政府に説明済みだと言う。

今まで、インドネシアは、ウィルマー・インターナショナル社を通して間接的に、米国にパームオイルを輸出してきたという。

RI regrets Minesotta`s decision to ban palmoil-based biodiesel,ANTARA,6.5
http://www.antara.co.id/en/view/?i=1244156614&c=BIZ&s=

なお、”地球の友・オランダ”は07年7月、世界最大のパームオイル企業であり、”持続可能なパームオイルに関するラウンドテーブル(RSPO)”のメ ンバーでもあるウィルマー社が、熱帯雨林を違法に伐採し、森林に火を放ち、地域コミュニティの諸権利を侵害しているとするインドネシア現地調査報告を発表 している。

http://www.foeeurope.org/press/2007/July3_PDC_Wilmar_PalmOil.htm

農業情報研究所 6月6日

2009-06-07 (日)

インドネシア・オイルパーム開発最前線出張報告

カテゴリー:イベント情報

<バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)第85回研究会のご案内>
日 時:2009年2月18日(水)13:30~15:30
テーマ:「インドネシア・オイルパーム開発最前線出張報告」
講演者:柳井 真結子(国際NGO FoE JAPAN 気候変動担当)
会 場:環境パートナーシップオフィス
(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F)
地下鉄表参道駅より徒歩5分・JR他渋谷駅より徒歩10分
http://www.geic.or.jp/geic/intro/access.html#epo
参加費:BIN会員 無料、一般 1000円

※第85回研究会は、国際NGO FoE JAPANの柳井真結子さんによる「インドネシア ・オイルパーム開発最前線出張報告」です。柳井さんは10年近く、インドネシア など発展途上国の持続可能な開発に携わってきました。

※昨年11月柳井さんは、バイオ燃料としても注目されるオイルパーム(アブラヤ シ)開発の最前線である、インドネシア・ボルネオ島西カリマンタン州を視察し ました。
※熱帯泥炭層を開発したばかりのオイルパーム農園を訪ね、オイルパーム農園労 働者や開発企業、環境NGOへのヒアリング、コミュニティ林が開発圧力にさら されている先住民の人々へのインタビューなどを行ないました。

※オイルパーム農園開発は、地元の生態系や人々にどのようなインパクトを与え ているのか、インドネシア政府の政策が現場ではどのように運用されているかな どについても情報を得ることができました。

※当日は、持続可能な発展のための条件とはどのようなものなのかを含め、参加 者の皆様とも議論を深めていければ大変、幸いに存じます。

※参加を希望される方は、下記よりお申し込みください。
http://www.npobin.net/apply/
(画面右端の「詳細」ボタンをクリックしてください。)

[関連]
パームオイル・リサーチ・ユニット

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr