reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2009-12-31 (木)

インド洋沖津波から5年

カテゴリー:ニュース

grameen-tsunami
ビデオ:Grameen Foundation (グラミーン基金)ー
インドネシアでのマイクロファイナンス事業

  
5年目のBoxing Day
  
ヨーロッパの国々や元英国領地だった国で、クリスマスの翌日はBoxing Dayと呼ばれる祭日です。多くの国で近年はクリスマス後のセールが始まる日としてポピュラーなこの日にちなんで、2004年12月26日にアジアとアフリカの多くの国々に多大な被害をもたらしたインド洋沖津波は、「Boxing Day Tsunami」と呼ばれることも。
  
歴史的に英国のBoxing Dayは、教会で人々の寄付が集まったBoxをいて貧しい人々に分かち合う日でした。インド洋沖津波が起きた後の世界各地からの反応には、伝統的なBoxing Dayのチャリティー精神が見られ、225,000 人以上の命を奪ったこの災害の「唯一明るいニュース」として支援に駆けつけた市民団体やNGOの活動や、世界中から集まった寄付やボランティアの波が一面を飾ることも多々ありました。
  
あれから5年。毎年12月になると「インド洋沖津波から○年」という報道が大きく取り上げられたのは始めの1、2年までで、12月26日に津波関連の報告がされるのもだんだん少なくなってきました。復興の明るいニュース、津波のパワーを改めて実感させられる体験談、時間が経ってもなかなか癒えない傷など、津波5周年は各地で様々なストーリーを生んでいます。
  
年末が近づくと、多くの会社、NGOやチャリティー団体からクリスマスや新年を祝うメールやニュースレターが届きます。その中から、インド洋沖津波の被災地での活動や現地の今の事情などに関するニュース、レポートをいくつか紹介します。
  

Continue reading

2009-12-30 (水)

ホアヒンでの休日

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

ホアヒンの海岸 太陽が昇るところ

ホアヒンの海岸 太陽が昇るところ

 

現在タイ在住の池内です。

両親と一緒にバンコクから車で3時間ほどの、ホアヒンという海辺の町に来ています。
両親が、1月から仕事で、ヨルダンに赴任することになっているので、

これでしばらく会うことはないかなと、贅沢かな・・と思いつつ、

ちょっと頑張って、自分が泊まってみたかったホテ ルを予約しました。
ホテルだけれど、自然がとてもすぐ近くにあるような設計になっていて、
テレビもない、とても静かなところです。

(両親と来るようなところではなかったかも・・・・。)

でも、とても喜んでくれたので、よかったな・・と思ってます。

今日は早速、プールで泳ぎました!!気持ちよかったー。

投稿者:池内千草  Comments: 0 Trackbacks: 0

2009-12-25 (金)

John Lennon “Happy Christmas ☆War is over “

カテゴリー:動画


john lennon "happy christmas ☆war is over "

  
涙を流して、すっきりして終わり、では何の意味も無い。この戦争を終わらせるために、何ができるだろうか。

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2009-12-21 (月)

「チカクニアルセカイ」長野県で開催

カテゴリー:イベント情報

先日取材した「ボーダレス・アートミュージアムNO-MA」が参加するイベントが長野県長野市と伊那市で開催されます。お近くの方は、ぜひご参加ください。以下、NO-MAのWEBページから転載です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
「チカクニアルセカイ」
自分の感じる世界を表現したい!障がい者アートの現在
  
【開催趣旨】
歴史や常識、文化の因襲を越えて、作り手個人の内面から生まれる動機と独創性をもった作品が、アウトサイダーアートと総称されるようになって30年以上が経ちます。
長野県では1998 年のアートパラリンピックを境に、エイブルアートムーブメントという運動によって、障がい者の表現活動が認知され、その魅力に多くの反響が集まりました。
  
今回は、障がいがある人の「日常」のなかで描かれた作品の、表現そのものの面白さを紹介しようと活動をつづける県内障がい者福祉施設と、国内でも先端的な活動を続けるボーダレス・アートミュージアムNO-MAとともに、県内外の7名の作家による企画展を開催します。
  
タイトルの「チカクニアルセカイ」は、私たちの身近にいる優れたアーティストたちを紹介したいという意味と、私たちが作者と制作中の作品との距離をそのまま体験することによって、作者の内面的な世界にも近づけるようなアウトサイダー・アートの面白さを象徴して名づけました。
  
このように長野県においても、「障がい者」が施設や自宅の「生活」のなかで表現したものが美術作品として展示されるようになって10年。これまでの10年から、「これから」に向け、作者自身の「生きる」感覚と私たちが生きる「世界」を結ぶ展覧会になればと願っています。
  
【出品作家】
臼井 明夫 (福)りんどう信濃会上田悠生寮 通所部なづな
島 芳雄 (福)かりがね福祉会 OIDEYOハウス
月内 祐樹 NPO法人ぽけっと喫茶ぽけっと
水谷 伸郎 ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
矢島 慎一郎 (福)かりがね福祉会風の工房
山崎 健一 ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
吉澤 健 ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
  
【開催日時】
●ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)ギャラリー
開館時間10:00~17:00
2010年1月5日(火)~1月17日(日)
12日は休館 入場無料
  
 ■オープニングイベント
 ワークショップ『雷グッズをつくろう!with OIDEYOハウス』
 12月23日(水・祝)14:00~16:00
 ホクト文化ホールギャラリー
 定員20名(要予約) 材料費ひとり500円
  
 講演会『ボーダレス★アートギャラリー・ラポラポラの実践』
 工藤和彦氏(NPO法人ラポラポラ)
 12月25日(金) 14:00~16:00 ホクト文化ホール ギャラリー
 定員50名 無料(要予約)
  
●長野県伊那文化会館 展示ホール
開館時間10:00~17:00
2010月1月23日(土)~2月21日(日)
月曜休館 入場無料
  
 ■関連イベント
 ワークショップ『雷グッズをつくろう!with OIDEYOハウス』
 1月23日(土)、2月7日(日) 14:30~16:30
 長野県伊那文化会館 展示ホール
 各定員20名(要予約)  材料費ひとり500円
  
主催:社会福祉法人滋賀県社会福祉事業団、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA、財団法人長野県文化振興事業団、長野福祉アートネットワークna.[ナ;]
共催:長野県、長野県教育委員会
助成:日本財団
協力:社会福祉法人かりがね福祉会、社会福祉法人りんどう信濃会、NPO法人ぽけっと、NPO法人LapoLapoLa
後援:社会福祉法人長野県社会福祉協議会、信濃毎日新聞社
  
詳しくは、NO-MAのページをご覧ください。
http://www.no-ma.jp/information/dt_105.html
  
《レアリゼ内の関連記事》
ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2009-12-21 (月)

ユニリーバ 森林・泥炭地破壊でインドネシア最大のパームオイル企業からの原料調達を停止

カテゴリー:ニュース

農業情報研究所(WAPIC) 09.12.15
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/earth/forest/news/09121501.htm

石鹸・化粧品等のパーソナルケア用品、ホームケア用品(洗剤など)、食品など消費財の世界最大級のメーカーであるユニリーバが12月12日、シナールマスグループに属するインドネシア最大のパームオイル企業・PT SMART社からのパームオイル調達を停止すると発表した。グリーンピースが、熱帯雨林破壊など、同社の重大な環境破壊的行動を明らかにしたためという。

Announcement:Unilever takes stance against deforestation11/12/2009
http://www.unilever.com/mediacentre/pressreleases/2009/Unilevertakesstanceagainstdeforestation.aspx

ユニリバーは、石鹸・シャンプー(ダブ=Dove・・・)、アイスクリーム(ベン&ジェリー・・・)、マーガリン(ストーク・・・)などの製造のために大量(年100万トン、世界生産量の3-4%に相当するとされる)のパームオイルを使う。このようなパームオイル大量消費者として、”持続可能なパームオイルに関するラウンドテーブル”(RSPO)の有力メンバーの一つもなす。

その発表によると、できるかぎり高度な持続可能基準を満たすように、過去18ヵ月、供給企業の活動の適格性を審査してきた。2009年はじめには、主要供給企業の独立監査を行った。これによって、いくつかの懸念される分野が見つかった。これらには個別の対応をしてきた。

しかし、グリーンピースが先週発表したリポート*で新たな証拠が明るみに出た。調達主任は、「グリーンピースの主張は看過できない性質のものだ。ユニリーバは持続可能な調達を約束している。従って、我々には将来のパームオイル購入を停止する以外の選択肢はないと、PT SMARTに通告した」と言う。

*http://www.greenpeace.org/raw/content/seasia/en/press/reports/illegal-forest-clearance-and-r.pdf(09.12.10)
関連:Unilever ends contracts with Sinar Mas over illegalities. Greenpeace calls on Forestry Minister to take decisive action,09.12.12
http://www.greenpeace.org/seasia/id/en/news/unilever-ends-contracts

この停止は、同社が、同社所有のプランテーション(全体で13万ヘクタールに及ぶ)のどれ一つ、高度の保全価値を持つ森林を破壊したり、泥炭地に拡大していないこことを証明できるまで続けるという。

ユニリーバが環境を理由に一供給企業からの調達を全面停止したのはこれが初めて、その波紋は大きい。マレーシアの輸出パームオイル企業にも、RSPOルールの遵守を促すことになろうと言われる。

AmResearch: Planters may step up RSPO compliance,Business Times,12.15
http://www.btimes.com.my/Current_News/BTIMES/articles/UNISIN/Article/index_html

シナールマスグループは、そのパームオイル事業を検分するにようにユニリーバを招いたということだ。

Sinar Mas invites Unilever to inspect its oil palm operations,Business Times,12.15
http://www.btimes.com.my/Current_News/BTIMES/articles/sinmas/Article/

パームオイル・リサーチ・ユニット

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr