reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2010-01-25 (月)

ハイチ地震 復興への希望と忘れない責任

カテゴリー:ニュース

Stand With Haiti

  
1月12日にハイチを襲った大地震の多大な被害、そして現地の人々の厳しい現状は、毎日ニュース番組や新聞で報道されている。首都ポルトープランスでは、怪我人や病人の支援のために各地から集まった医療関係者が正常に働けるための施設を確保できないほど、医療関係者、ボランティアは必要以上にいるというレポートもある。一方、郊外ではまだ水や生活必需品の支給が届いていない地域もあり、学校や孤児院などの跡地に生存者が生き延びるために厳しい現実と戦っている。
  
これから時間が経つにつれてハイチ地震に関する報道がだんだん少なくなり、今ほど多くの人がハイチの人々のニーズを考えることがなくなってきても、長期的な視点での復興支援が必要になってくる。助けを必要とする人々のことを考え、小さな形でも手を差し伸べることができる立場にいる者として、私なりに考える自分にできることは、(1)医療支援や物資供給を行っていつ信頼できる団体への募金、(2)長期的な支援対策を行っている団体について学びできる形で支援すること、そして(3)チャリティー団体や復興に関する大切な情報やアドバイスをできるだけ多くの人に知ってもらうためのメディア活動の一部になること。
  
ハイチ地震被害者支援寄付情報
  
米国ワシントンDCに拠点を置くUnited Nations Foundationでは、国連のハイチでの救援活動への募金のお礼として、Evanescenceによる未公開の歌「Together Again」の無料ダウンロードを提供。詳しくはこちらへ。
  
世界最大規模のインディペンデントツアー会社、Gap Adventuresと同社の非営利基金、Planeterraでは世界中に広がるネットワークを利用し、被害者支援のための募金を集める呼びかけを行っている。集まったお金はカナダ赤十字に100%寄付される。
  
ハイチ地震緊急支援ツイッター募金では、手軽に寄付ができる方法としてツイッターユーザーの「つぶやき」ごと一円がスポンサー企業よりハイチ緊急支援活動に寄付されます。このツイッター募金による寄付金は、国際協力NGOセンターを通して、国境なき医師団難民を助ける会など11団体に送られる。
  
長期的支援に関する情報
  
Lambi Fundは小さいながら実績のある開発チャリティーで、首都ポルトープランス外のコミュニティーで年々弱まっている農業セクターで支援活動を行っている。今回の地震でも多大な被害を受けたこれらの地域では、地震以前から働き手を得るために若者が都会(今では地震により崩壊されたポルトープランスのスラム)に流れ出ていた。
  
グローバルボランティアネットワーク(GVN)では、今後12ヶ月にかけて必要となるハイチでのボランティア(3月以降の出発予定)を募集している。
  
ひとりひとりの声の力
  
貧しい人々へ医療支援活動の先駆者的存在であるPartners in Helthでは、20年以上にわたるハイチでの実績を生かし、地震被害者への支援もいち早く駆けつけた。世界中のサポーターが手軽に寄付や支援活動に関する情報を発信できるように、こちらのサイトからクリックだけてFacebookやTwitterを通して自動的に送信できるメッセージのリンクや、ブログなどに簡単にはれるバナー(この記事のトップ)を提供している。
  
健康な生活のための機会を与えることをミッションとするProject HOPEでも、サポーターが各地で募金活動や情報発信を手軽にできるよう、こちらのページからファンドレージングのためのガイドや様々なソーシャルネットワーク、ブログサイトを通してProject HOPEの活動を支援したい人のためにリンクを提供している。

2010-01-23 (土)

フランスの子供手当て

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

少子化対策は、欧州が先行しており参考になる。欧州の少子化対策は、主に1)子供のいる家庭に対する財政支援、2)保育制度の充実、3)教育費の軽減、4)ワーク・ライフ・バランス、5)「結婚」制度の多様化、などの総合的な政策だ。
  
欧州でも、子供関連の給付金がもっとも充実しているのはフランスである。フランスの特殊出生率は、1993年に1.63まで落ちたことがあるが、少子化対策によって上昇した。2008年は2.07となり、欧州でもっとも高い水準である。2008年の日本の特殊出生率は1.31だった。
これは上に挙げた五つの対策の総合的結果であり、給付金だけの効果ではない。とは言え、金額も手厚く、対象もきめ細かい給付金は印象的である。
  
有名なのは、1932年に創設された「家族手当」で、20歳未満の子供2人以上がいる家庭を対象とする手当である。子供2人の場合には、毎月123.92 €(約16,500円)、3人の場合は、282,70 €(約37,500円)、それ以上の場合は1人ごとに158.78 €(約21,079円)が支給される(2009年)。さらに、子供が11歳~16歳になると月34.86 €(約4,627円)、16歳~19歳までは61.96 €(約8,225円)が加算される。所得制限はなく、すべての家庭に支給される。
  
この他に、3歳以上の子供が3人以上いる場合には、家族補足手当が月161,29 €.(約21,000円)支給される。この手当てには所得制限がつくが、家族の形態に応じて年収450万~500万円程度が上限であるので、必ずしも低所得層だけでなく、多くの一般家庭が受給する。また、3歳未満の子供については、一律で177.95€(約23,606円)が支給される。これも所得制限があるが、やはり年収450万~500万円程度までは支給されるため、必要な家庭はほぼ受給可能である。この他にも、各種出生給付金や、一人親のための給付金、障害児のための給付金などもある。
さらに給付金の他にも、子供が多ければ多いほど優遇される税制度もある。また国鉄には、子供料金の他に、子供連れ割引がある。
  
ところで先日、OECDが日本の民主党政権に対し、所得制限なしの子供手当を見直すように提言した。欧州の少子化対策は、子供を作っても仕事に復帰できるような社会制度作りが基本であり、手厚い給付金もその一環として位置づけられる。保育サービスや労働の多様化を実現せずに給付金だけで少子化対策を行うのは、欧州の歴史と比較するとやや時代遅れの感は否めない。
  
これに対して民主党政権からは、「子供を社会全体で育てようとする社会作りだ」、という意見が聞かれる。この意見は、フランスを念頭に置いているのかもしれない。フランスでベビーカーを押してバスや電車に乗ろうとしたり、階段を上がろうとすれば、周りで気がついた人が、当然のこととして一緒に運んでくれる。電車の割引もあり、子連れで外出することのストレスが、日本より格段に低いのだ。日本において、とりわけ出生率が低いのが東京であることを考えると、子連れで外出するストレスの影響は、意外に大きそうだ。

キーワード:  , ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-12 (火)

翻訳ボランティア大募集

カテゴリー:お知らせ

レアリゼでは、海外メディアからピックアップした情報を読者に紹介すると共に、レアリゼの記事を海外にも発信していくために、翻訳ボランティアを大募集しています。
記事のやり取りは、メールで行いますので、どちらにお住まいでも参加可能ですし、ご自身の時間の都合に合わせて参加することも可能です。ご連絡お待ちしています!

レアリゼメンバー参加フォーム
  
*メンバー活動をする余裕はないが、翻訳だけ参加したい方は、動機の欄にそのようにお書きください。

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 5 Trackbacks: 0

2010-01-11 (月)

今年の目標

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

あけましておめでとうございます。
  
昨年はパームオイルのイベントでワークショップをしたり、レアリゼの取材を通して知り合った団体の研究会のメンバーなったりと、レアリゼを通じて色々な経験をさせて頂きました。
  
上記でプロボノのお話が出ていましたが、フリーランス1年生の私は、人脈作りや営業も兼ねてレアリゼ以外でも無給・薄給の仕事を色々やっておりました。おかげで後半はレアリゼに殆ど参加できず、リーダーの筈のパームオイルユニットですら、読むだけになっていて申し訳なく思っております。
  
フリーランスでボランティアをやり過ぎると生計を圧迫することを痛感した1年でした。レアリゼの活動も仕事として受けられるよう、収益を得る仕組が出来ればと思っています。こうしたメディアにボランティア精神は必要不可欠ですが、より影響力のあるメディアにすることと、収益が出るような仕組を作ることは、かなり重なる部分がありそうです。
  
それから今年は、パームオイルユニットの活動として、何とか現地視察がしたいです。
では今年も宜しくお願いします。

キーワード:  ,

投稿者:伴昌彦  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-10 (日)

今年の子育てユニット

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

 私が参加し始めた2008年に比べて、2009年はレアリゼがすごい速さで変わったように思います。すばらしい!と思いながら、正直、どんどん取り残されている感じがしておりました。さらに、夏の一時帰国時に適応障害を患ってしまい、以降BCでの発言が難しくなってしまい、同時に全体の動きを把握しきれなくなってしまったことが反省点なのですが、開き直りといいましょうか、自分のキャパを尊重しようと思うようになりました。私だからこそできることを、私なりに精一杯しようかなと。
  
 さて今年は、共同リサーチのテーマあたりで話しが出ている「コーヒー」ですが、せっかくコーヒーの産地ラオスにいますので、是非いろいろ調べて発信できればと思っています。
  
 それから、子育てユニット。私自身がぶつかっている問題でもあるのですが、医療の問題、文化の違いに戸惑う子供の心のケアなど、海外ならではの思いがけない実態が見えてきそうで、話し合っていけたらよいなと思っています。そのために、ママ(パパ)メンバーさんたちとの距離も縮めたいですね。チャットミーティングを開いてみるとか。
  
 そして、昨年は得意分野(といいますか、興味のある分野)でなくても、批判を恐れず、とりあえず発言する勇気が欲しいとずっと思い続けた一年でしたので、今年はもっと気軽に発言したいと考えています。
 どうぞ、今年もよろしくお願いします。

キーワード:  , ,

投稿者:村岡桂子  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-08 (金)

今年もよろしくお願いいたします。

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
  
昨年を振り返ると、仕事が忙しくなったこともあり、レアリゼ活動にはあまり参画できていませんでした。個人としては充実した一年であったと思いますが、レアリゼメンバーとしては、反省が残ります。
  
BCでの発言は少なかったのですが、やりとりは、たまにまとめて目を通すようにしてました。どんな様子なのか気になってはいたのですが、盛り上がっている話題の場合、リアルタイムでそのテンポについていくのは、ちょっと間に合わないなという感じでした。
  
読んで書く、というだけであれば、それほど時間が無いわけではないのです。ただ、興味があったとしても、それが自分の得意領域ではない場合、意見を言う前にまず、ある程度の調べてから、という気になるのですね。あまり基礎的な質問をしても仕方がないし、申し訳ないなという気になる。そうやって、少しずつ読むだけになっていった気がします。
  
しかし、そんなことは気にせずに、気軽に発言をすることによって、どんどん発言しやすくなるのは確かでしょう。今年の課題ですね。
  
BCでの活動とは別に、10月の東京ミーティングに参加できたことは、とても有意義でした。また、その後の活発なやりとりを通じて、あるいは、その他色々な場での交流などを経験し、あらためてレアリゼの意義を、自分の中で噛みしめることができたように思います。
  
それと、昨年、斉藤さんが情報を寄せてくれた、新しいボランティアのあり方(本業や得意分野を生かして、社会的な取り組みに寄与する。どんな言葉でしたっけ?)には、とても共感しました。(その後、日本でも朝日新聞などで紹介されていましたが、僕が感じたほどには反響は広がっていないようです。)昨年、新たなボランティア活動として、ボランティア団体の会報制作の手伝いを始めたのですが、まさに本業のスキルを生かしたものである一方、本業で有料であるものとボランティアとの線引きに、漠然と不安がありました。しかし、タイミングばっちりで情報をいただけ、その趣旨に共感できたことで、いろいろなことがスッキリし、前向きになることができました。
  
2010年は、「いま自分に出来ることでの貢献」と「少しのチャレンジ」というのが、自分としてのテーマと思います。ライター講座など、また、三沢さんからご提案があるようですので、ディスカッションしながら、進めていければと思っています。
  
最後に、昨年のレアリゼは、これまでとはちょっと違う、新しい風が起こってきたように感じました。色々な試みにトライしてきて、それがすべて、次への糧になっているように思います。

キーワード:  ,

投稿者:溝井祐樹  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-08 (金)

今年の抱負

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

明けましておめでとうございます。
  
ロンドンから何から調査にもとづいた情報発信ができたらいいなと思い、昨年?(記憶が定かではありません??)レアリゼに寄せてもらいました。
  
今年は、そうですね、、、、日本語教育について何か出来たらなと思っています。
特に、日本語能力の測定、評価について。
日本で暮らしたい/勉強したい外国人、日本人であっても海外で育った子供達、ハーフの子供達等、日本語以外の母語で、日本に来たいと思っている場合、日本語能力を測る事(他人に簡単に能力を示す事)ができたらいろんな面で便利ではないかと感じています。
  
単なる興味で、全くこの件に関しての知識がないので、実体はどうなっているのかな??と気になっています。
仕事が思った以上に忙しく、中々思うようにいかないのですが、かなり初歩的な所から調べられるといいな、、、と思っています。
  
今年もよろしくお願い致します。

キーワード:  ,

投稿者:増田和子  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-07 (木)

読者アンケートのお願い

カテゴリー:お知らせ

INDEPENDENT MEDIA [レアリゼ]では、今後のコンテンツ作りやPR活動に生かすために、読者アンケートを行うことになりました。お手数をおかけいたしますが、レアリゼのコンテンツ充実のためにご協力いただければ幸いです。
  
レアリゼ読者アンケート
  
※アンケートは無記名で、皆さまの個人の情報を特定することが出来る一切の情報を収集いたしません。

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-07 (木)

昨年を振り返って、そして今年は。

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
  
レアリゼは約3年前に参加させて頂きました。当初は日本に戻った後フルタイムの学生をする予定だったので、その合間にできる調査や翻訳のアルバイトを探していたのと、マイノリティや政策づくりの専門家と知り合いたいと思って入りました。 が、結局帰国後パート学生をしながらフルで働いてしまい、あまり貢献もないままここまで来ています。 レアリゼは議題が多岐に渡っていて様々な知識や経験をもった人たちが三沢さんを中心に緩くつながっているところが良いなと思います。
  
今年ジブンゴトにしたいのは「政策」かなと思います。そのために日本の政策評価制度の現状や他国の政策評価の在り方など、その他には社会的起業に何が必要で何が足りないのか、あたりを調べてみたいし、知りたいと思って少しずつ自発的に動いているところです。よろしくお願いします。

キーワード:  ,

投稿者:飯田恵子  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-06 (水)

シンポジウム「日本の森林バイオマス利用を進めるには~日本林業復活のため の提案」のご案内

カテゴリー:イベント情報

日 時:2010年1月15日(金)13:00~17:30
会 場:早稲田大学大久保キャンパス(理工)63号館03-04会議室
(副都心線西早稲田駅に直結 高田馬場駅より徒歩15分)
http://www.waseda.jp/jp/campus/okubo.html
主 催:NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)
共 催:W-Bridge
資料代:1000円(BIN会員は無料)
  

Continue reading

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr