reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2010-07-30 (金)

☆公開セミナー 生物多様性と日本の消費行動【転載歓迎】

カテゴリー:イベント情報

☆公開セミナー 生物多様性と日本の消費行動【転載歓迎】
http://www.foejapan.org/forest/doc/evt_100816.html
  
日本の消費行動に与える影響とは?私たちの身近な生活で使われている紙、パ
ーム油、金属などの原料のサプライチェーン(調達から生産・販売・物流を経
て需要者に至る流れ)を遡ってみましょう。
  
インドネシア・スマトラにおけるアカシア植林開発、サラワク州におけるパー
ム・プランテーション開発、ニューカレドニアのニッケル開発など、最上流で
起きていることを通じて、日本の消費行動が生物多様性に与える影響を振り返
ります。
  
【日時】2010年8月16日(月)18:00~20:30
【場所】世界銀行東京事務所・情報センター
   東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階(ロビー)
   地下鉄三田線内幸町駅直結、日比谷線/千代田線/丸の内線霞ヶ関駅C3
   日比谷公園の向かい、プレスセンタービル隣
【プログラム】(予定)
   イントロダクション~世界の生物多様性とつながる日本の消費
   事例1:紙の消費と熱帯林・泥炭地/インドネシア・スマトラから
    ・・・調整中
   事例2:パーム油とプランテーション開発/マレーシア・サラワクから
    ・・・秋山映美(ラッシュジャパン キャンペーン担当)
    [一言メッセージ]樫田秀樹(ジャーナリスト)(予定)
   事例3:エシカル・ケータイは実現可能か
    ~鉱物資源と生物多様性/ニューカレドニアから
    ・・・満田夏花(FoE Japan)
【参加費】 無料
【お申込】下記よりお申し込み下さい。
   http://www.foejapan.org/forest/doc/evt_100816.html
   または、(1)ご氏名 (2)ご所属 (3)TEL (4)Email を下記までお送りください。
   E-mail:forest@foejapan.org
【主催】 国際環境NGO FoE Japan、地球・人間環境フォーラム
【協力(予定)】
   熱帯林行動ネットワーク(JATAN)、
   レインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)、
   国際青年環境NGO A SEED JAPAN、アムネスティ・インターナショナル日本

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-07-22 (木)

<バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)第99回研究会のご案内>

カテゴリー:イベント情報

<バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)第99回研究会のご案内>
  
日 時:2010年7月27日(火)18:30~20:30
テーマ:「生物多様性保全とバイオマスの持続可能な利用」
講演者:磯崎博司(上智大学大学院地球環境学研究科教授)
会 場:環境パートナーシップオフィス
(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F)
地下鉄表参道駅より徒歩5分・JR他渋谷駅より徒歩10分
http://www.geic.or.jp/geic/intro/access.html#epo 
参加費:BIN会員 無料、一般 1000円
  

※今年10月、名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されま
す。バイオ燃料や薪炭材などのバイオマス利用は、生物多様性と深い関係があり
ます。また、バイオマスの持続可能な利用で、地域振興を行っている事例もあり
ます。
  
※しかし、生物多様性とは何か、生物多様性条約では何を規定しているのか、そ
れはバイオマス利用とどのように関わっているのかについて、体系的に知る機会
はこれまであまりなかったのではないでしょうか。

※第99回研究会では、上智大学の磯崎博司先生に、生物多様性とバイオマスの持
続可能な利用についてお話いただきます。多数の方にご参加いただき、活発なディ
スカッションができれば大変、幸いです。
  
◆◆※!!!◆◆以前、ホームページ上の第99回研究会の参加申し込み画面に、開
催日を「7月29日(火)」と記しておりましたが、7月27日(火)の誤りで
す。お詫びして訂正いたします。
  
※参加を希望される方は、下記よりお申し込みください。
http://www.npobin.net/apply/
(画面右端の「詳細」ボタンをクリックしてください。)

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-07-19 (月)

野菜&ハーブ栽培ジャーナル(22日目)

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

今回のニューフェースは

この「カレー」と呼ばれるハーブです。

ラベンダーによく似ているハーブですが、匂いは名前の通りカレー粉の匂いがします。

残念ながらこのハーブからはカレー粉はできませんが

カレーの香りを入れたい時にはお勧め。

バジルは順調に育ってくれているので、

サラダに入れ始めました。

「苺の大豆ミルクシェーキ」のレシピを下に紹介します。

トマト。今年の収穫時期はとても遅いそうです。通常なら7月中旬が収穫時。

そういえば、キュウリもニューフェースです。「Japanese Cucumber」

大豆。相変わらず育ちが遅い。

なす。あと2週間位で収穫できそうです。

まだ紹介してませんでしたが、「パクチー」。

花咲いてます。

ブルーベリー。収穫は残念ながら来年になりそうです。泣


シソ第二弾

「苺の大豆ミルクシェーキ」レシピ
作り方は至って簡単。

材料(2人分):

苺 10個位

ミント 2,3枚 (+2枚 飾りつけ用)

ヨーグルト 1-2カップ

大豆ミルク 2カップ

蜂蜜 大さじ2杯 (甘さが足りない時におすすめ)

氷 3-4個



作り方:

ミキサーに材料を入れて混ぜる。

グラスに入れてミントの葉をのせる。

出来上がりはこんな感じで。

キーワード:  , , ,

投稿者:むらいゆか  Comments: 0 Trackbacks: 1

2010-07-11 (日)

隣の芝生が青い事情(米国)

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

さて今年も
「どなたの芝生が青い合戦」開始のゴングが鳴り響いた。

私の住む「キャムリ通り」は築10数年の比較的新しい家が並ぶ行き止まりの通り。
このキャムリ通りだけは唯一奇麗めな住宅が10件ほど並ぶが、
キャムリ通りを一歩外に出ると、築40年の壊れかけボロ屋が軒を連ねる。
これをアメリカ人は「アンティークで可愛い」などとのんきに表現するが、実際住んでみるとなるとメンテナンスに金と労力を消費する事になりキープアップするのにもいっぱいいっぱいなのが現状。

ボロ屋についてはさておき、

キャムリ通りの住民の前庭手入れにかける情熱は半端ない。
いや、これはキャムリ通りに限らずアメリカ国内の一戸建て所有者全てに言える事ではないか???
前庭の芝生は常に高さ5センチくっきりの所でカットされ、すぐ伸びればすぐカットされる。
各家庭で最低でも週一回は芝生カットが施されるので、特に天気の良い週末は朝から草駆り機の騒音がご近所中に鳴り響く。

今年も春が終わり、暗黙の了解で「どなたの芝生が青い合戦」が始まる6月7月に突入すると共に私の主人も闘志を燃やし始める。
「うちの前庭は毎年キャムリ通りでは一位二位を争うくらいに整っている。問題はウェバー家との差を開くことだな。」と鼻息を荒くして語る。
このウェバー家とは、お隣に住む庭師一家のことだ。
大体、ありとあらゆるハイテク機器を使いこなす庭師相手に前庭勝負かけても労力の無駄だと私は思うのだが、主人はそれでも諦めない。

先週末も、雨続きで増殖したコケ処理に精を出し、芝生専用の肥料を大量にばら撒き、その上雨が降ったばかりなのに要らないはずの水も散々消費した。

我が家には2種類の草駆り機が物置内で常時待機している。
一台は大部分を処理し掃除機的役割を果たす”草駆り掃除機”。
もう一台は、掃除機では行き届かない隅の隅まで残らずスッキリ”クイックルワイパー草駆り機”。
また芝生の種の種類も日向用と日陰用の2種類を上手く使い分けなければ、
ヘルシーな芝生は生えてこないそうだ。

こうして主人はお隣の庭師と対等に戦おうと頑張っている。

庭なんかあるはずもない都心の小さな一軒家で育った私には、芝生を青くみせようとする心理がわからない。
そう言うと主人は
「前庭きれいにしないと、住宅バリューが下がるから特に近所が家を売っている時には迷惑かかる。だから奇麗にしなきゃいけないんだよ。」
と必至に理由付けしてみせる。

住宅バブルがはじけた米国では、
「どなたの芝生が青い合戦」が唯一、これ以上の住宅価格暴落を食い止めているのかもしれない・・・・。

今週末も草刈掃除機の騒音がキャムリ通りに響き渡る。

「今年こそは絶対に負けない。。。」

むらい家前庭管理最高責任者(主人)「今年こそは、絶対に負けません。」

2010-07-06 (火)

野菜&ハーブ栽培ジャーナル(10日目)

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

最近はようやく晴れの日が続いたので
野菜たちも順調に育ち始めました。

前回の「野菜栽培のすすめ」で言い忘れましたが、
むらい家の小さな裏庭では現時点で14種類のハーブと8種類の野菜を栽培しています。

野菜(果物):玉葱、スイートピー(食用)、大豆、ト マト、ナス、オレンジパプリカ、苺、ブルーベリー

ハーブ:パクチー、ディル、パセリ、モロッコミント、オレガノ、タイム、西洋アサツキ、フェンネル、ローズマリー、セージ、イタリアンバジル、スイートバジル、タイバジル、シソ

こんなにたくさんの野菜を栽培してるんだから大きな裏庭に違いない、と思われる読者もいると思いますが、
ハーブはバスケットに入れて上から吊るして場所確保しています。それから小さなプランターも大活躍です。

最近はまた庭の一角に空きができたので
犬達の昼寝場になる前に
何か植えようと思っています。
お勧めの野菜・果物があればご一報ください。。。

バジル。らしくなってきました。

もう・・・へなちょこバジルなんて呼ばせない。

大豆。相変わらず育ちが遅い大豆。これからが正念場。

なす。かなり頑張ってます。ご褒美に雑草抜いてあげます。

イチゴ。実が赤くなってきました。次回はストロベリースムージーのレシピ紹介です。

前回は紹介できなかった、オレンジパプリカ。順調に実が成ってます。これが果たしてオレンジ色に変わるのか、乞うご期待。

タイバジル。匂い嗅ぐだけでタイにいる気分。。。

シソ。食べるだけで日本にいる気分。。。

おまけで西洋アサツキ。花も食べれる。しかも花が一番美味しい部分。

今日植えたばかりのブルーベリー。これからどれだけ育つか見ものです・・・。

キーワード:  , ,

投稿者:むらいゆか  Comments: 0 Trackbacks: 1

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr