reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2011-01-12 (水)

一連の匿名贈与者について思うこと

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

 この数日間、一連の匿名贈与がメディアを賑わしている。これを掲載中の第7回共同リサーチの結果と比較してみると大変面白い。
  
 今回のリサーチ結果が示すように、寄付を行う人は一般的に、その資金が有効に使われたか否かに強い関心を持ち、無駄な使われ方をされることに不満を持つ。この傾向は、金額の大きな寄付をした人に顕著に現れる。
 そのために、資金の用途に関する報告をはじめ、活動に関する報告や、継続的で対話的なコミュニケーションを求めることが多い。
  
 一連の匿名寄付では、ランドセルの贈与が多かったようだが、これは、資金の用途を把握したい、という意思の現れと見ることができる。これはリサーチ結果と一致する。
  
 しかし、一連の匿名贈与者は、施設からの報告を期待していないようだし、「当該施設にランドセルが不足している」という事実を知っているのでなければ、この贈与は無駄に終る可能性がある。事実、ランドセルより現金のほうが有益だ、という声も聞こえる。
  
 この贈与者は、資金を有効に使って欲しいという気持ちを持ちつつも、そのことを確実にするために、「当該施設で必要なものは何か」と問い合わせることを避けている。私たちのリサーチにおける回答者とは反対に、コミュニケーションを避けているように見える。

 「コミュニケーションを避ける贈与者」には、二つの顔が見える。一つは、寄附を受けた経験があり、その経験に何らかの悪い印象を持った人だ。
  
 私たちのリサーチでは、「寄附をする人」を対象にしたために、逆の立場の声を取上げていない。もしかすると、寄附を受ける団体からは、「絶え間ないコミュニケーションを要求する寄付者」は、必ずしも好ましいものではない可能性はある。煩いことを言わずに金だけ出してくれる人は、自分達を信頼してくれている筈で、その意味では有難い存在でありうる。
  
 もう一つの顔は、「関わり合い」を避ける人の顔だ。私たちのリサーチ結果にもあるように、寄附をする行為は、自らを「好い気持ち」にさせるもので、それだけで満足できるものだ。
そもそも、匿名で寄附するという行為には、チャリティーを売名行為とか偽善として批判する価値観を内面化している印象を受ける。他者からの評価は要らない。むしろそれを求めない自分が美しいと考える自己満足の世界だ。その満足を実現するためには、その資金が本当に有効に使われるか分らなくても、構わない。というよりそのリスクは見えていないのだろう。
  
 また他者からの評価だけでなく、他者との関わり自体を避けている印象もある。継続しての交流を煩わしいと感じているような。
 しかし、現場にせよ、寄附する人にせよ、今の社会にしても、最も不足し、必要とされているのは、人々との「関わり合い」のほうではないだろうか?
  
 この贈与者たちが、「関わり合いを避けている人」だとすれば、贈与行為自体は、喜ぶべきことである筈なのに、手放しで評価することはできない。むしろ、この現象は、昨年NHKでも取上げていた無縁社会の別の病症であるようにも感じられる。

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 1

2011-01-04 (火)

【現地取材報告会】 サラワクの先住民は今 ~森林伐採、オイルパームと熱帯雨林~

カテゴリー:お知らせ | イベント情報

久々のレアリゼ主催イベントです。ふるってご参加ください。
************************************
  
【現地取材報告会】
◎サラワクの先住民は今 ~森林伐採、オイルパームと熱帯雨林~
  
熱帯林の破壊で直接的な被害を受けるのは、野生動物だけではありません。ボルネオ島のサラワク州では、森林伐採やオイルパームプランテーション開発によって、先住民達が代々暮らしを営んでいた森が奪われてきました。また、プランテーションで使われる農薬による健康被害も深刻な状態です。
  
今回、2010年9月に森林で暮らす移動プナン族の取材を行ったフォトジャーナリストの前田実津さんと、同年9~10月にカヤン族の取材を行ったライターの伴昌彦さんから、サラワク先住民の暮らしと森林伐採やオイル・プランテーション開発の最新の状況について、写真を見ながら報告をしていただきます。
  
また導入部として、5年前に旅行者として移動プナン族と共に暮らした経験を持つ、せんだしお さんから、当時のお話をお聞くことで、先住民の暮らしの、ここ数年の変化についても考えてみたいと思います。
  
ボルネオの森林伐採と先住民族の現状や、パームオイルの問題にご関心のある方は、是非ご参加ください。
  
■ 日時:1月26日(水)19:00~20:30
  
■ 場所:JICA地球広場 セミナールーム401
(東京メトロ日比谷線 広尾駅下車(3番出口)徒歩1分)
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
  
■ 報告者
前田 実津 (フォトジャーナリスト)
伴 昌彦 (ライター)
せんだ しお 
  
■ プロフィール
前田 実津(フォトジャーナリスト)
 2009年よりフォトジャーナリストとしてボリビア(2009年大統領選挙、世界一標高の高い町エル・アルト、コカ栽培)、マレーシア(ブキメラにおける日系企業による放射能汚染の遺産、ボルネオにおける森林伐採と先住民族)にて取材。DAYS JAPANなどに写真記事を掲載している。
(ウェブサイト:http://mitsumaeda.sites.livebooks.com/
  
伴 昌彦(ライター)
 INDEPENDENT MEDIA [レアリゼ] パームオイル・リサーチ・ユニット(プロジェクトリーダー)
 学生時代は野生動物の生態を研究。編集プロダクション、社会調査会社等を経て、2003年、自然公園等における環境教育の仕事に就く。その傍ら2006年よりフリーライター、稀にイラストレーターとして活動。環境、農業等のテーマでwebや雑誌に執筆。 なるべく 環境に負荷をかけない暮らしを目指し、公園や河原での虫の捕食や 木の実の拾い食い、耕作放棄地での自然農などを実践中。
  
せんだ しお
 自らの内なる野性を、大いなる自然とのつながりを殺すことなく、如何にして社会的存在としても楽しく生きていけるのか。と、幼いころより模索を続ける中で、祭り→踊り→芸能に関する文化人類学研究→シンクタンク業界で福祉・環境関連のコンサルティング→世界各地の先住民たちと暮らす旅→古武術修行とボディワークの仕事、という軌跡をたどっています。
  
■ 参加費 500円
  
■ 主催  INDEPENDENT MEDIA [レアリゼ]
  
■ 参加申込み: 三沢まで(mailあっとnett.co.jp)
  
■ 参加表明をお願いします!
 tweetvite
 Facebook
 Mixi

キーワード:  , ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2011-01-03 (月)

あけましておめでとうございます

カテゴリー:お知らせ | メンバー日記(世界の日常)

各地での豪雪のニュースを見ながら、雪の降らない松本の正月を迎えております。
  
昨年中はお世話になりました。昨年は、いくつかの小さな試みを始めようとして断念したり、上手く進み出したり、という感じでした。比較的変化の少ない年でしたが、レアリゼという仕組みにできることとできないことが、はっきりしてきた印象があります。
  
グループウェアを中心とするコミュニケーションの限界も見えてきました。夏ごろからスカイプによるコミュニケーションを始め、効果が見えてきていま す。先月からSNSの試行も始まりましたので、メンバーエリアの機能も、徐々にレアリゼSNSに移行していきたいと思います。
  
今年のレアリゼの目標は、本を出すことです。どんなテーマにしていくか、これからメンバーの意見を聞きながら、進めて行きたいと思います。
  
では、今年もよろしくお願い致します。
  
三沢健直 2011年正月

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr