reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2011-03-29 (火)

被災者が運営していたWEBサイトについて

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

おそらく仙台在住と思われる人の従軍記録サイト(軍隊まんだら)を偶然見つけた。万一、この方が被災されていたとしたら、いずれプロバイダーによって消去されてしまう。
  
従軍記録に限らず、東北地方に在住の方が運営するWEBサイトには、貴重な資料が多く含まれたものが多数存在する筈だ。
  
もし存命だとしても、プロバイダーへの支払が不能になっている場合もあるだろうし、亡くなられた場合には、一定期間後にはすべて消滅してしまう。
  
まず、一定期間(3年程度)は、抹消せずに保管するように政府からプロバイダー、サーバーの管理会社等に指導をすることはできないだろうか?
  
また、もし亡くなられていた場合には、家族だけでなく第三者による引継ぎを可能にするような措置を取って欲しい。

とりあえず、民主党と総務省の投稿フォームを書いておくが、もっと良い担当があれば教えてください。
  
民主党への意見
総務省への意見

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 1 Trackbacks: 0

2011-03-29 (火)

相馬市と南相馬市

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

私は南相馬市の北にある隣の相馬市にいます。南相馬市と言えば、現在原発の20km圏内と20~30km圏内にある市として、自主退避が命じられた地域です。一方で、相馬市は退避も屋外退避指示がでる様子はなく、市内の様子は少しずつと落ち着きを取り戻しつつあります。コンビニエンスストアやスーパーなど時間短縮して営業を再開し始め、ガソリンスタンドも混乱が落ち着きつつある印象をうけます。
  
先週の日曜日近くのスーパーに行きました。いつもは10時までの営業時間も、その日は午後4時、閉店間際の店内は混雑していました。商品棚の品物にはばらつきがあり、生理用品などは販売制限があり、保存のきくカップ麺はやはりありませんでした。野菜棚は勿論地元福島のものはなく、牛乳も秋田県のものでした。
  
私は店の出口で家族を待っていたのですが、その際南相馬市から来た二人の女性が閉店時間を知らず、空いている出口から入ろうとしていました。しかし、出口には店員が「もう閉店ですので、すみませんが・・」と。誰だって入れてあげたいでしょうけれど、多分アルバイトの彼女は上から言われたことに従うしかないのでそう言っていたのだと思います。
  
「原町(南相馬市の旧名)から来たんですよ」と訴える女性。「品物がないならわかるけど、まだある。帰れっていうなら、死ねって言ってるのと同じだ」ともう一人の女性。結局彼女たちは買い物ができたようですが、南相馬市は実際物資に困っているのだと思いました。
  
ところで、今日、私は南相馬市で保育士をしている友人に電話をしました。相馬市から南相馬の交通に規制はないようですが、検問などはあるようです。「市全体に人影がないため、不審者を入れないためじゃないか」と言うのが彼女の推察です。
  
また、物資不足でも困難な状況にある南相馬ですが、どうやら市内8か所で物資を配っているようで、また、営業している店やコンビニエンスストアもあるようです。しかし、放射能を恐れ外出を避け、近所が自主退避をしている場合、情報が円滑に流れていない可能性が十分にあると思います。そういった場合は隣町の相馬に買い物に来たりするのだろう、と。
  
余談ですが、保育園はずっと四月中旬まで休園の予定で、卒園式はなかったようです。また、来年度から進学する園児たちのうちで、地元に戻る目途がたたず、避難している地区の小学校に進学する子もいると聞きました。事実、福島第一原発問題の見通しが出来ない今、当然の選択といえます。
しかし、地震・津波で被害をこうむらなかった場合でも、原発問題という人災により、突然生まれ育った地域を離れ進学するとは、予想だにしなかったでしょう。生き残った被災者たちは、生きるしかない。原発の影響は小さな子供の生活にも及んでいます。

キーワード:  ,

投稿者:草野友紀子  Comments: 0 Trackbacks: 0

2011-03-26 (土)

原爆美術展の中止とアエラへの批判について

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

 水曜の午後、図書館で調べごとをして外に出ると小雨だった。傘を忘れたことに気づいてゲンナリしたが、仕方なく襟を立て、駅まで早く歩いた。呼吸を大きくしないように、息をつめて。
    
 その時、大げさかもしれないが、広島の雨を思い出した。広島の雨に打たれた人々を、こんなに親身に感じたのは初めてのことだ。
  
 目黒区立美術館は、予定していた原爆美術展を中止したそうだ。理由は「イメージ的に原爆と原発事故が重なる部分がある。この時期に鑑賞してもらう内容ではない」とのことだ。
  
 この判断はおかしいのではないか。原爆美術展は、今こそやるべきだったのではないか。今ほど、関東の人々が原爆を身近に感じることのできる時期は二度とない筈だ(本当に二度とないかどうかは、私たちの今後の選択次第なので、現時点では希望的観測です)。
  
 私は、この中止を聞いてアエラへの批判を思い出した。アエラは、「放射能が来る」という表紙が不安を感じさせるとして批判されたが、現に放射能は来ているのだから、アエラは事態の推移を正確に予想しそれへの対応策を分り易く書いていたことになる。
  
 読めば分るのだが、記事は必ずしも不安を煽るものではなく、セシウムは思いので遠くまで飛散しないこと、ヨウ素の半減期は8日間であることなどの情報も書いてあり、バランスの取れた良い記事だった。
  
 つまり、アエラを批判していた人たちは、恐らくアエラを読んでいないのだ。元々朝日の嫌いな人々が炊きつけ、多くの人は、いつものバッシングムードに乗っていただけだろう。
  
 そして、もし美術展を中止した人々が、アエラのことを考えていたとしたら、このバッシングに参加していた人々は、原爆展を中止させることにも成功したことになる。私はアエラとは何の関係もないのだが、読まずに批判するような、自分で考えない人々のバッシングによって、言論の自主規制が広がることに危惧を感じるのだ。

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2011-03-20 (日)

震災関連情報サイト

カテゴリー:ニュース

《被災者支援関連》
  
◎Googleのこのページが充実しており、人探しも行える。
 http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html
   
◎多言語情報に関しては、このサイトに一覧されている。
 http://umsenhordobrasil.sblo.jp/article/43887862.html
  
◎上に含まれるが、赤十字の安否確認サイトは、英語、日本語、中国語、
 韓国語、ポルトガル語、スペイン語の6ヶ国語で提供されている。
 http://www.familylinks.icrc.org/Web/doc/siterfl0.nsf/htmlall/familylinks-japon-eng
  
◎災害ボランティアを行いたい人には以下のページ
 http://www45.atwiki.jp/volunteermatome/
  
◎NGOに寄附したいが、どの団体が良いか分からない人にはこのページ
 http://www.janic.org/news/post_265.php
  
 寄附や物資の寄贈については、最寄りの自治体が行っているはずなので問合せてください。
  
◎海外からの旅行者には次のページ
 http://japan-guide.com/news/0018.html
  
《原発事故関連》
  
◎ニューヨーク・タイムスの避難ゾーン解説についてはこちら。
 http://www.nytimes.com/interactive/2011/03/16/world/asia/japan-nuclear-evaculation-zone.html?scp=1&sq=estimates+of+potential+exposure&st=cse
  
 80キロ圏内は、”Blood Chemistry Changes”と書いてある。
    
◎Days Japanはこちら。
 http://daysjapanblog.seesaa.net/article/191310754.html
  
◎文部省のページ(各地の放射線量がアップデートされている)
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303723.htm

キーワード:  , ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2011-03-19 (土)

松本市の方へ > 被災者の受入可能な空き住宅・部屋の情報募集

カテゴリー:お知らせ

信州発国際貢献の会のほうで、無償か格安で被災者受入の可能な空き住宅、空き部屋等の情報を募集しています。海外からの難民支援を目的とする団体ですが、国内に難民が大量に生じているわけなので、当然、国内の難民支援を行うことにしたということです。
  
貢献の会では、被災者受入可能な住宅の情報を集約して市に伝えることで、民間の住居を利用した受入の可能性について市が具体的に検討できるようにしたい、ということです。市とも連絡をとって進めています。
  
なので、現段階では、実際に受け入れるかどうか、どのような方法で受け入れるか等は未定です。提供できそうな住宅・部屋を知っている方は、条件や質問等も含めて、貢献の会のほうに連絡してみてください。
よろしくお願いします。

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2011-03-01 (火)

山口県の上関町で、住民の反対を無視して中国電力が原発建設を強行。

カテゴリー:ニュース


  
山口県の上関町で、中国電力による原子力発電所建設が行われているが、建設に反対する住民との衝突が起きている。マスメディアがまったく報じない中で、今週から工事が強行され始めた。
  
この動画は、虹のカヤック隊のサイトから転載した。
  
☆参考リンク

Wikipedia 上関原子力発電所

ストップ上関原発

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr