reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2011-04-27 (水)

PARC「世界をめぐる電子ごみ」完成記念 上映会

カテゴリー:イベント情報

2011年7月、地デジ化目前!
「世界をめぐる電子ごみ」完成記念 上映会のお知らせ
  
捨てられたテレビはどこへ行く?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
■日時:5 月12 日(木) 19:00~20:00
■会場:アジア太平洋資料センター(PARC)
■参加費:無料
  
■上映作品:
「世界をめぐる電子ごみ」
2011 年 制作:アジア太平洋資料センター(PARC)
http://parc-jp.org/video/sakuhin/ewaste.html
  
地デジ化に対応するため購入されたテレビは2010 年末までに6700 万台。大量のアナログテレビがごみになった。捨てられた後、電子ごみはどこへ行くのか。その行方を追いかけ、国内の中古家電輸出商社、アジアやアフリカの中古家電市場、日本や中国、フィリピンのリサイクル現場などを取材。鉛や水銀などを含む電子ごみは、輸出された先で健康被害や環境汚染を引き起こしていた――。
  
その責任は誰がとるべきなのか。どうしたら解決できるのか。地球規模に展開す
るごみビジネスの仕組みを探りながら考える。
  
「危害の輸出 アジアで処分されるハイテクごみ」
2002 年 制作:バーゼルアクションネットワーク
  
初めて世界中に地球規模の電子廃棄物の問題を紹介したドキュメンタリー。アメリカでリサイクル用に集められた古いパソコンの推定80%が実際には中国に送られ、リサイクル作業に雇われた10 万人の貧しい移住労働者が鉛入りのブラウン管モニターをハンマーで壊して銅を回収し、電子回路基板を火であぶって溶かし、金を取り出すために使用した高い酸性液を川に流していた。
  
有害電子廃棄物の安くて汚い”リサイクリング”によってもたらされる職業上及び環境上の危険性に光を当て、現代のハイテク革命によって引き起こされる世界の環境正義の問題に目を向ける。
  
お申し込み・お問い合わせ
アジア太平洋資料センター(PARC) 担当:小池
〒101-0063 千代田区神田淡路町1-7-11東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail :office@parc-jp.org  http://www.parc-jp.org/
  

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0


前の投稿次の投稿
Comments:0
メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr