reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2009-11-18 (水)

ボランツーリズム-旅を通して社会貢献

カテゴリー:ニュース

  
最近レアリゼのメンバーとも話し合う機会がよくある、旅に関する話題の中で、「エコツーリズム」や「ボランツーリズム」(ボランティア+ツーリズム、ボランティア活動を取り入れた旅行)に参加して、旅の間は社会問題や環境に意識を持っているけど、帰ってきたらその意識モードOFFになっていることも多いのでは、との意見があった。
  
確かに、旅の間現地の厳しい現実を目にする経験を通して「何かしたい」という問題意識が高まるのは不思議じゃない。そんな刺激をきっかけに、普段自分が住んでいるコミュニティーの中でも、または日常生活の一部として、意識モード「ON」の時が少しでも増えていったら、ポジティブな行動につながっていくのでは。
  
私が担当している「国際エコツーリズム協会」のブログで最近発表されたインタビュー記事がこの点に触れている。カンボジアで活動しているPEPY Toursという会社のダニエラさんに、「ボランツーリズム」についてお話を聞いたもの。この中でダニエラさんは、彼女自身のボランツーリズム体験、そして旅行者として個人が与える影響について、こう言っている。
  
『初めて参加した「ボランツーリズム」のプログラムは、ネパールのHabitat for Humanityでした。このプロジェクトを通して得た、ネパールの地元の人々と交流し、彼らから学ぶ機会が自分にとって大変意義のある経験で、その後、毎年一年に一度はこのような形でボランティア活動に参加する旅をしていこうと決めるきっかけになりました。フィリピンとパプアニューギニアでもHabitat for Humanityに参加し、2004年の津波の後はスリランカに行ってボランティア活動をしました。しばらくして気がついたのは、こうやってたまに「いいこと」をするのではなく、自分の足元から生活、行動を変えていくの大切なんだ、ということでした。私にとってのその結果のひとつが、PEPYでした。』
  
記事の前文
  
『PEPYの参加者にも心得てほしい』という、一週間、一ヶ月、一年のボランティア活動で「世界を変える」のではなく、そういう体験を通して学ぶことで自分の態度、ものの見方を変えることによってポジティブな変化につながる行動を広めていく力になれる-ダニエラさんのこのメッセージに共感、そして自分も「次旅行に行った時は」ではなく、「今日から、ここで」という姿勢で考えていこう、と思うきっかけになった。
  
(写真はPEPY Toursより Flickr.com/photos/pepyride


前の投稿次の投稿
Comments:0
メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr