reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2009-11-25 (水)

RSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)最新情報

カテゴリー:ニュース

マレーシアに拠点を置く、Wild Asiaという団体が最近発表したレポートより。
(要約-レポート全文はこちらより

  

(写真:Wild Asia

  
11月2-4日にマレーシア、クアラルンプールで開催された第7回のRSPO会議は、土地使用や温暖化ガスに関する取り決めの交渉など、複雑な課題を取り上げ、RSPOの存続を誇示する一方、メンバーの期待と不満を話し合う場として一部ではRSPOの将来への希望の光が垣間見れた。
  
気候変動、生物燃料に関する規定、原料油の持続的な生産等に関する国際的な世論は、パームオイル小売商、投資者、貿易業者からRSPOメンバーのNGOまで、あらゆる関連部門に多大なプレッシャーを与えている。中でもやはり現状に不満という意見が多く出たのは生産者からで、「持続可能な」生産のための規定に合わせるための費用の重み、そして規定に沿って生産して「RSPO認証」を得たからといって高く売れる保障はないため、規定に従うための費用の基が取れない、という点に不満の声が多くあがった。
  
一方で、Wild AsiaとProForestが共同でパームオイル業者へのサポートを目的に立ち上げた「Stepwise Support Programme (SSP)」の業績や、RSPO公認のパームオイルの市場拡大の可能性など、ポジティブな視点に注目した話し合いも行われた。
  
Cadbury SchweppesのTony Lass氏、, CarotinoのU. Unnithan氏、Neste OilのPekka Tuovinen氏、Keresa PlantationsのGraeme Iain Browne氏の報告では、現状の困難なチャレンジを述べる一方で、持続可能なパームオイル産業を目指すためのRSPOの活動の意義として、次のような理由が挙げられた。
  
-EUによる、持続可能な生産の基準を義務化する動き。
-買手側からの需要。NGOによる、パームオイルを使った製品のボイコット等の消費者運動。
-企業のCSR活動としての可能性。
-RSPOの基本理念の重要さ、関係する環境問題の緊急性。
  
コスト面での不満を持ちながら上記のようなRSPOの必要性を認識し、Keresa Plantationsのような小規模な企業が、持続可能な生産に向けて大きな動きを見せている、という現状も見られた。
  
さらに、移民労働者の支援や労働基準の向上に取り組んでいる社会的NGOの、Tenaganita代表は、RSPOメンバーのプランテーション業者が、パームオイルプランテーション内に住む子供たちのための教育活動に前向きな姿勢を示した点も、今回の会議のポジティブな結果としてあげている。
  
企業の自主的参加のみで成り立っているこの制度だが、各国政府や国際市場におけるRSPOの認知度が高まっている今日、RSPO公認パームオイルへの需要が増えれば増えるほど、関連企業がこのRSPOに参加し基準に従うプレッシャーも増えていくと予測される。

キーワード:  ,

投稿者:江崎絢子  Comments: 0 Trackbacks: 0


前の投稿次の投稿
Comments:0
メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr