reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2010-01-06 (水)

シンポジウム「日本の森林バイオマス利用を進めるには~日本林業復活のため の提案」のご案内

カテゴリー:イベント情報

日 時:2010年1月15日(金)13:00~17:30
会 場:早稲田大学大久保キャンパス(理工)63号館03-04会議室
(副都心線西早稲田駅に直結 高田馬場駅より徒歩15分)
http://www.waseda.jp/jp/campus/okubo.html
主 催:NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)
共 催:W-Bridge
資料代:1000円(BIN会員は無料)
  

13:00  開演
13:05~13:25 「木質バイオマス利用をめぐる状況と林業」 伊藤幸男(岩手・
木質バイオマス研究会会長/岩手大学)
13:25~13:55 「現在の林業の概況と課題」 熊崎実(日本木質ペレット協会会
長/バイオマス産業社会ネットワーク理事)
13:55~14:20 「国産材が使われない理由」 田中淳夫(森林ジャーナリスト)
14:20~14:45 「日本林業を復活させるためには」 加藤鐵夫(元林野庁長官)
14:45~15:10 「日吉森林組合の取り組み」 湯浅勲(日吉森林組合参事)
15:10~15:35 「日本林業復活への道筋」 相川高信(三菱UFJリサーチ&コン
サルティング株式会社)
15:50~17:30 パネルディスカッション「日本林業復活のための提案」
コーディネーター 泊みゆき(バイオマス産業社会ネットワーク理事長)
パネリスト  岡田久典(早稲田大学W-Bridge運営委員)、伊藤幸男、
熊崎実、田中淳夫、加藤鐵夫、湯浅勲、相川高信
コメント 金谷年展(慶應義塾大学大学院政策メディア研究科教授)
  
*時間および講演タイトルは一部変更になる可能性があります。
  
※日本で利用可能なバイオマスの半分以上が、森林由来のバイオマスですが、廃
材の利用が進んだ現在、今以上の利用拡大には、林業振興が不可欠です。
  
※日本の木材需要は、人工林の更新分でまかなうことができ、木材価格も低いに
もかかわらずなぜ、日本の木材自給率が2割程度なのか。日本の林業を産業とし
て自立させるためにはどのような政策が必要でしょうか。
  
※折りしも年末に、森林・林業再生プランが発表されました。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kikaku/091225.html
  
※この森林・林業再生プランを踏まえて、日本の林業の状況について理解を深め
つつ、個別の政策にとどまらず、総体としての林業をめぐる状況を捉えながら、
どのような方策を行うべきかについて、林業および木質バイオマスの最前線に立
つ方々が議論します。多数の方々のご参加をお待ちしています。
  
◆※◆シンポジウム終了後、シンポジウム会場の建物63号館の1階にて、簡単
な懇親会を開催いたします(参加費1,000円、2時間程度)。すでにシンポジウ
ムにお申込み済みで懇親会にご参加を希望される方は、Eメール等
(E-mail:mail@npobin.net)でその旨お知らせいただければ大変、幸いです。
  
※シンポジウムへの参加を希望される方は、下記よりお申し込みください。
http://www.npobin.net/apply/
(画面右端の「詳細」ボタンをクリックしてください。)

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0


前の投稿次の投稿
Comments:0
メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr