reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2010-02-03 (水)

少子化対策(教育費の軽減)

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

日本の教育に係る費用は欧州に比較すると異常に高い。2005年の国民生活白書(内閣府)の試算によれば、一人の子供が大学を卒業するまでにかかる教育費は528万円とあるが、AIU保険の試算によれば、一人1,345~4,424万円だそうだ(Wikipediaより)。
  
民主党政権は高校の授業料無償化を目指しているが、欧州では普通である。OECDに加盟する30国のうち、高校の授業料が無償なのは26ヶ国、さらに大学の授業料が無償なのは、14ヶ国もある。
  
さらに、授業料が無償なだけでなく、学生の生活費のための奨学給付金も充実している。フランスの奨学給付金は、家族の収入に応じて6段階に分かれており、最大で年4140 €(約550,000円)が支給される。2008-2009年には527,000人の学生がこの奨学給付金を受給した。これらの返済は不要である。

キーワード:  , ,

投稿者:三沢健直  Comments: 1 Trackbacks: 0


前の投稿次の投稿
Comments:1

そうですね。今の日本経済の状況や、貧富の格差の問題、高校進学率の高さなどいろいろ考えると、経済的事情で高校に進学することができない子どもを増やしてはいけないと思います。政府による教育費支援は必要ですね。ただ、同時に、教育の質ももっとよくなる必要があると思うのです・・。

ikeuchic 10-02-04 (木) 1:02
メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr