reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2010-07-11 (日)

隣の芝生が青い事情(米国)

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

さて今年も
「どなたの芝生が青い合戦」開始のゴングが鳴り響いた。

私の住む「キャムリ通り」は築10数年の比較的新しい家が並ぶ行き止まりの通り。
このキャムリ通りだけは唯一奇麗めな住宅が10件ほど並ぶが、
キャムリ通りを一歩外に出ると、築40年の壊れかけボロ屋が軒を連ねる。
これをアメリカ人は「アンティークで可愛い」などとのんきに表現するが、実際住んでみるとなるとメンテナンスに金と労力を消費する事になりキープアップするのにもいっぱいいっぱいなのが現状。

ボロ屋についてはさておき、

キャムリ通りの住民の前庭手入れにかける情熱は半端ない。
いや、これはキャムリ通りに限らずアメリカ国内の一戸建て所有者全てに言える事ではないか???
前庭の芝生は常に高さ5センチくっきりの所でカットされ、すぐ伸びればすぐカットされる。
各家庭で最低でも週一回は芝生カットが施されるので、特に天気の良い週末は朝から草駆り機の騒音がご近所中に鳴り響く。

今年も春が終わり、暗黙の了解で「どなたの芝生が青い合戦」が始まる6月7月に突入すると共に私の主人も闘志を燃やし始める。
「うちの前庭は毎年キャムリ通りでは一位二位を争うくらいに整っている。問題はウェバー家との差を開くことだな。」と鼻息を荒くして語る。
このウェバー家とは、お隣に住む庭師一家のことだ。
大体、ありとあらゆるハイテク機器を使いこなす庭師相手に前庭勝負かけても労力の無駄だと私は思うのだが、主人はそれでも諦めない。

先週末も、雨続きで増殖したコケ処理に精を出し、芝生専用の肥料を大量にばら撒き、その上雨が降ったばかりなのに要らないはずの水も散々消費した。

我が家には2種類の草駆り機が物置内で常時待機している。
一台は大部分を処理し掃除機的役割を果たす”草駆り掃除機”。
もう一台は、掃除機では行き届かない隅の隅まで残らずスッキリ”クイックルワイパー草駆り機”。
また芝生の種の種類も日向用と日陰用の2種類を上手く使い分けなければ、
ヘルシーな芝生は生えてこないそうだ。

こうして主人はお隣の庭師と対等に戦おうと頑張っている。

庭なんかあるはずもない都心の小さな一軒家で育った私には、芝生を青くみせようとする心理がわからない。
そう言うと主人は
「前庭きれいにしないと、住宅バリューが下がるから特に近所が家を売っている時には迷惑かかる。だから奇麗にしなきゃいけないんだよ。」
と必至に理由付けしてみせる。

住宅バブルがはじけた米国では、
「どなたの芝生が青い合戦」が唯一、これ以上の住宅価格暴落を食い止めているのかもしれない・・・・。

今週末も草刈掃除機の騒音がキャムリ通りに響き渡る。

「今年こそは絶対に負けない。。。」

むらい家前庭管理最高責任者(主人)「今年こそは、絶対に負けません。」


前の投稿次の投稿
Comments:0
メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr