reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2009-03-20 (金)

オイルパーム植替えで政府が5,000万リンギの支援

カテゴリー:ニュース

マレーシア2009年03月16日 08:06
アジアエックス

〈クアラルンプール〉
政府は第2次景気対策の一環として、小自作農によるオイルパームの植え替え事業支援のために、5,000万リンギ(約13億2,800万円)をマレーシ ア・パーム油委員会(MPOB)に割り当てる。ピーター・チン・ファークイ農園・一次産品相によると、資金は小規模農園を経営する小自作農に対する苗木や 肥料の提供に使われる。農園企業・連邦土地開発局(フェルダ=FELDA)などの政府系機関からの支援を既に受けている自作農は対象外となる。

マレーシア・パーム油協会(MPOA)から挙がっていた、植え替え事業促進のための小自作農に対するソフトローン(長期低利貸付)の支給などを求める声を 受けたもの。5,000万リンギは3年間で1ヘクタール当たり6,000リンギ(約16万円)相当の再植林用物資の提供に使われる予定で、現金での支給は 行わない。この政策はに対するものだと明かした。

向こう数年のパーム油生産量削減を目的とした国家再植林戦略では、2億リンギ(約53億円)が20万ヘクタールのオイルパーム農園の再植林のために割り当 てられており、1ヘクタール当たりの補助額は1,000リンギ(約2万6,600円)。一方、「ニュー・ストレーツ・タイムズ」によると、植林してから3 年間のオイルパームの成長にかかるコストは1ヘクタール当たり1万2,000リンギ(約31万8,800円)で、同1,000リンギの補助金は少なすぎる という。

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0


前の投稿次の投稿
Comments:0
メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr