reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2010-09-21 (火)

再生可能エネルギー全量買取制度(FIT)と違法伐採木材対策~国内 外の持続可能なバイオマス利用のためにはどのような制度設計が有効か~

カテゴリー:イベント情報

バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)第101回研究会

日 時:2010年10月14日(木)18:30~20:30
テーマ:「再生可能エネルギー全量買取制度(FIT)と違法伐採木材対策~国内
外の持続可能なバイオマス利用のためにはどのような制度設計が有効か~」
講演者:坂本有希((財)地球・人間環境フォーラム)
会 場:環境パートナーシップオフィス
(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F)
地下鉄表参道駅より徒歩5分・JR他渋谷駅より徒歩10分
http://www.geoc.jp/intro/epo_map.pdf
参加費:BIN会員 無料、一般 1000円
  
※現在、日本ではバイオマス電力を含む、再生可能エネルギー電力全量買取制度
(FIT)の導入が検討されています。FITの設計次第では、国内の林地残材よりも
海外から大量にチップなどのバイオマス輸入によるバイオマス発電が大きく増加
する可能性があります。
  
※これまで、日本は豊かな森林資源を有するにもかかわらず、木材需要のほぼ8
割を輸入し、その中には違法伐採木材のような持続可能性に問題のある木材も多
く含まれています。
  
※電力需要はその数%をまかなうために、従来の木材輸入量に匹敵するバイオマ
スが必要なほど規模が大きく、導入には慎重な配慮が必要ではないかと考えられ
ます。
  
※第101回研究会では、日本の違法伐採木材対策について熱心に取り組んでこら
れた(財)地球・人間環境フォーラムの坂本有希さんに、日本の木材輸入の現状
や、今行われている対策、今後の見通しなどについて伺います。
  
※日本のFITをよりよいものにするためには、どのような設計が考えられるか、
参加者の皆様とディスカッションできれば幸いです。
  
※参加を希望される方は、下記よりお申し込みください。
http://www.npobin.net/apply/
(画面右端の「詳細」ボタンをクリックしてください。)

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0


前の投稿次の投稿
Comments:0
メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr