reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2010-10-06 (水)

バイオ混合ディーゼル油の本格導入に向け石油小売りに助成金(マレーシアナビ)

カテゴリー:ニュース

【クアラルンプール】 政府は通常のディーゼルに5%のバイオディーゼルを混ぜた「B5」の2011年6月までの完全導入に向け、マレーシア・パーム油委員会(MPOB)を通じてバイオディーゼルの混合施設建設、インフラの整備の資金として石油会社5社にそれぞれ100万リンギを助成することを決定した。バーナード・ドムポク農園・一次産業相が明らかにした。助成金を受けたのは▽ペトロナス▽シェル▽シェブロン▽エクソン・モービル▽BHP−−。
  
政府は段階的に政府は段階的にB5を導入する。当初は首都圏クランバレー、ネグリ・センビラン州、マラッカ州から施行する。B5利用促進プログラムの実施で、現在170万トンとなっている国内のパーム油在庫量のうち50万トンが利用されると見込まれている。情報筋によると、クアラルンプール市議会(DBKL)などの公用車4,000台は既に2009年2月からB5の利用を開始している。
  
ドムポク大臣は、マレーシアのパーム原油(CPO)生産量目標に対して、今年の目標1,780万トンは達成できる見込みだと指摘。CPO価格に関しては、1トン当たり3,000リンギに到達すると予想した。国内でアブラヤシ栽培に適した土地が減少しつつある件に関しては、常に生産性を向上する方法を検討していると説明。2009−2010年には1億リンギが小規模農場主に対して再植林資金として割り当てられたと明らかにした。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、10月5日、ベルナマ通信、10月4日)
  
マレーシアナビ 2010/10/06 06:18 JST配信


前の投稿次の投稿
Comments:0
メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr