reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2010-09-28 (火)

太陽熱温水装置の可能性と展望

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

先日、太陽熱温水器を設置する業者の方とお話しする機会があった。太陽熱温水器の性能もかなり向上しているようだ。以前のように屋根の上で暖めた温水を直接利用するのではなく、不凍液を循環させることで、利用する水を温める間接的な方式になっているとのこと。
  
この製品だと、集熱板が4枚あれば、給湯はすべて賄うことができるそうだ。ただし、夏の間に過集熱が発生し、不要になった温水が放水されるためにコストが無駄になるとのこと。さらに、過集熱によって、循環する不凍液が蒸発して空気玉が発生し、その玉がポンプを破損する可能性があることなどから、3枚程度にするのが一般的だそうだ。
  
ただし、夏の間だけ集熱板の上にカバーを掛ける労力を厭わなければ、4枚設置することで給湯はすべてカバーできるとのことだった。
  
参考までに、新築の場合に、温水を利用した暖房装置を設置するとしたら、何枚の集熱板で足りるのかと聞いたところ、15枚で足りるだろうとのことだった。夏の間は、このうちの13枚が不要になる訳なので、現状ではコストパフォーマンスに問題がある。
  
しかし、過集熱した温水によって発電する装置は、意外に早く、数年後には普及するだろうとのことだった。さらに、温水から電気を使わずに直接冷房を行う装置も、大規模なものは既に開発されているので、家庭用にもいずれは実用化されるだろうとのことだった。
  
温水から冷房を行う装置が家庭でも実用化されれば、家庭で使う電気は大幅に減少し、発電所も不要になるところが出るはずだ。
  
もちろん地理的な条件は影響するので、日照時間の短い地域では難しいが、幸いに私の暮らす松本平は日照時間が長い。どうやら現在は、太陽光と太陽熱のセットが効率的だが、もうしばらくすると太陽熱が最も効率の良い方法になっていきそうだ。

キーワード:  , ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-08-05 (木)

屋根裏の断熱工事

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

 信州の実家で、屋根裏の断熱工事を始めました。30年ほど前に建てた家ですが、屋根裏を見たら1センチ程度の断熱材が天井の上に敷いてあるだけなのでした。これでは暑い訳です。夏になると、とても二階にはいられません。屋根裏は通気も悪いので、熱い空気
が溜まっていて、夜になると部屋の窓を開けていても、外の方が涼しいのです。
  
 断熱工事が有効という話を知ったのが先月なので、暑い盛りの工事は大変です。午前中しか工事はできませんが、それでも汗びっしょりで作業をして貰っています。もちろんできるだけクーラーや扇風機を動員してはいるのですが屋根裏までは届きません。
  
 新しい断熱材は、40センチくらいになるそうです。まだ始まったところなので、効果は分りませんが、かなり涼しくなるそうです。
  
 費用も15坪で30万円程度ですが、この地方は、本来は東京などよりかなり涼しいですし、この工事で、冷房のためのエネルギーがかなり節約される筈です。
  
 さらに地域の建設関係の零細業者さんの仕事作りにもなりますし、自治体で助成をすれば、大きな効果があると思います。必ずしも直接助成金を出さなくても、広報などで大々的に宣伝するだけで効果があるはずなので、ぜひやって欲しいですね。今年はもう遅いかもしれないですが。
  
追記:工事終了しました。これは凄い!本当に涼しいです。以前より5度は下がったと思います。以前は2階に上がると、もわっとした半ば固形化したような熱い空気の物体に包まれる感じがしましたが、まったくなくなりました。陽のあたる南側の窓の近くにいると熱気を感じますが、北側は涼しいままです。これは絶対お奨めです!

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 1

2009-09-25 (金)

中国電力 瀬戸内海で原発建設を強行(山口県上関町)

カテゴリー:ニュース

以下転送文、転送歓迎です
***********

瀬戸内に残された豊かな海が、今、原発のために埋め立てられようとしています
  
1982年に山口県の上関町に原発建設計画が持ち上がってから、地元住民は賛否の対立に苦しんできました28年たった今でも未だに続いています
そして原発予定地の対岸わずか3.5kmに浮かぶ祝島では、住民の9割が計画に反対し続けてきました
  
原発建設予定地周辺は豊かな漁場であると同時に、小型の鯨のスナメリが群れをなして泳ぎ、天然記念物のカンムリウミスズメの生息が確認されるなど、希少ない動植物の宝庫でもあります
  
しかし昨年山口県は、原子炉設置許可申請すら出されていない状況にもかかわらず海の埋め立ての許可を出してしまいました
そして今、中国電力は原発建設予定地の目前に住む祝島の島民に対する説明も対話もないまま、海の埋め立てと原発の建設を強行しようとしています
  
私たちは自分たち自身の命や生活を守るために、生活の糧である美しい海や豊かな自然を守るために、中国電力の埋め立ての強行に抗議しています
祝島島民の会ではホームページ(http://shimabito.net/)やblog(http://blog.shimabito.net/)も開設していますが、多くの島民が阻止行動に参加しているため今は現地の様子をお伝えできません
  
これまでの動きを含め、現地の状況は上関原発最新情報(http://new-k.livedoor.biz/)やRadioActive(http://radio- active.cocolog-nifty.com/blog/)、UrauraNews(http://iwaijima.jugem.jp/)等で紹介されていますので、ぜひご覧ください
  
山口県や中国電力、上関町に、地元住民を無視した工事の強行に対する抗議や疑問の声を届けてくださいそして、この呼びかけを多くの方々につないでください
  
どうかご協力をお願いします
  
2009/9/10 山戸孝@祝島在住 iwaishima@gmail.com
  
山口県
・海の埋め立てに関してはこちら
土木建築部港湾課
TEL083-933-3810(管理班、港政班)
FAX083-933-3829
メールアドレス: a18700@pref.yamaguchi.lg.jp
  
・スナメリやカンムリウミスズメなどの希少生物についてはこちら
環境生活部自然保護課
自然・野生生物保護班
TEL(083)933-3050
Fax(083)933-3069
Mail: a15600@pref.yamaguchi.lg.jp
  
中国電力
TEL 082-241-0211
FAX 082-523-6185
原発関連メールフォーム https://cc-www.energia.co.jp/faq/1024/app/servlet/ ext_inquiry_a?linkid=904&linkstr=%8C%B4%8E%71%97%CD%8F%EE%95%F1
  
上関町
電話 0820-62-0311
FAX 0820-62-1600
メール: k_yakuba@d2.dion.ne.jp
  
※可能であれば、送られた質問やそれに対する回答、また相手方とのやり取りの内容などを、簡単でかまいませんので祝島島民の会(iwaishima@gmail.com)へお寄せください
  
今後の活動の参考にさせていただきます
  
☆布メッセージ
http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-61a8.html

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr