reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2011-11-23 (水)

[書評]代替医療のトリック

カテゴリー:書評

この本のタイトルが、もっとニュートラルなものであれば、より多くの人が手に取っただろうに、と思うと大変残念な印象を受ける。この本のタイトルから予想される内容とは異なり、これは「代替医療のトリックを明らかにしている本」では、まったくない。
  
この本が示しているのは、「本当に効いたかどうか」を判断するために必要なデータとは何か、ということである。
  
代替医療の信奉者はしばしば、「科学者はどうして効くのか理由のわからないものには目をつぶり、見なかったことにする」、という批判をするが、この本を読むとその批判がまったく的外れであることが分かる。
  
「理由が分からなくても本当に効くのなら良い。しかし、それは本当に効いているのか。」
  
この本が明らかにしているのは、そのことである。第一章は、代替医療ではなく、通常の医療の話なのだが、現在の通常医療は、言うまでもなく登場した当時は代替医療だった。それが、現在の主流医療として認められるに至ったのは、「本当に効く」ことを、誰もが納得するデータによって示してきたからだ。
  
ここに登場するナイチンゲールもその一人である。ナイチンゲールは、野戦病院で献身的に働いた看護師として広く知られているが、実は数学が得意で、病院の衛生状態の重要さや、訓練された看護師の必要性を統計によって示し、当時の医学界を説得して病院の衛生状態を高め、看護師学校を設立したことで後世に名を残したのだ。
  
当時の医療界では、訓練された看護師の必要性は認められておらず、むしろ「訓練した看護師が世話をした患者の死亡率は、訓練を受けない看護師より高い」と言われていた。これは、重病患者の多い病院に訓練された看護師が派遣されることが多かったために起きた現象なのだが、科学的にデータを分析する習慣のなかった当時の人々は、自分の目で見たままに、「看護師を訓練するのは無駄である」と思っていたのだ。
  
同じように、病院の劣悪な衛生環境の改善が患者の生存率の向上に効果があることも、当時の医学ではまったく認められておらず、この本でも何度か指摘されるように、当時の病院は、むしろ行かないほうが安全であるような場所だった。
  
興味深いのは、現在広く浸透している代替医療のいくつかは、この当時の劣悪な衛生状態の病院への批判に起源を持つものだということだ。その意味では、当時の主流医学を批判した代替医療は、まったく的外れというわけではなかったのだ。しかし、現実に当時の医療界を改革したのは、科学的な統計に基づく医療だった。代替医療に関心を持つ人は、ぜひ医学の歴史を記した第一章だけでも、読んでみて欲しいと思う。
  
41a2ccwpfsl_sl210_

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr