reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2010-05-20 (木)

世界を変えるデザイン展

カテゴリー:イベント情報 | メンバー日記(世界の日常)

珍しく六本木に用事があったので、「世界を変えるデザイン展」に、行ってみました。途上国の生活を改善するための様々なアイディア商品。水を簡単に浄化する装置と、太陽光発電のライトが多かったです。太陽光発電の充電照明は、日本でも実用できそうだな、と思いました。
  
一番良かったのは、「水で度数を変える眼鏡」。左右の注射器からレンズ部分に水を出し入れして度数を調整する。試してみたら、左右ともに0.1もない僕にも、良く見えました。これは傑作。
  

水を入れて度数を変える眼鏡

水を入れて度数を変える眼鏡


  
試着中

試着中

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 1

2010-01-05 (火)

「欲しいモノ」と「必要なモノ」

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

毎年のように私を悩ますクリスマス。そんなクリスマスも終わりホッと肩をなでおろし新年を迎えるのが毎年恒例となっているが、

甥や姪を始め、夫側の家族、同僚、上司、大ボス・・・に何をプレゼントすればいいのか?という問題はアメリカで家族を抱える身としては以外と重大問 題だ。特に夫の大ボスには毎年、「来年は夫を昇格してくれ!」というメッセージ性を込めた喜ばれるプレゼントを捧げて、夫の昇格を一歩でも近づけなければ ならないので、毎年貢物選びには余念がない。

そんなストレスフルなクリスマスなわけだが、毎年クリスマスでは、私の姪と二人の甥がもらうクリスマスプレゼントをめぐって、むらい-ミラー家内での論争が巻き起こる。

甥姪両サイドの祖父母同士(特に祖母同士)で常に、どちらがより多くプレゼントを、しかも孫達から気に入られるプレゼントをあげることができるかと いう「プレゼント合戦」が繰り広げられる。その為、両サイドはこぞってウォルマートやコールズといった米大手小売販売店に出向き、1セントでも安く玩具を手 に入れようとクリスマス商戦最前線で頑張っている。

一方の子供達はというと、そんな頑張る祖父母の姿などはお構いなく、暢気にクリスマスを待ちわびているのが落ちだ。

クリスマスイブの日、7歳になる姪と一緒にテレビを見ていたところ、Windows 7リリースのコマーシャルが。姪がコマーシャルを見ながら、「私、Windows7、絶対に必要。」と切り出した。すかさず私が「欲しいんじゃなくって? 本当に必要なの?」と聞き返したところ、「うん、絶対に必要なの。ゲームで遊びたいもん。」と。その姪の力強い返答にちょっとショックを受けながら、

「サンタクロースがプレゼントしてくれるといいね・・・。」と、生半可な返答しかできない叔母の私だった。

さて問題のクリスマス当日。

Continue reading

キーワード: 

投稿者:むらいゆか  Comments: 2 Trackbacks: 0

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr