reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2011-11-23 (水)

[書評]代替医療のトリック

カテゴリー:書評

この本のタイトルが、もっとニュートラルなものであれば、より多くの人が手に取っただろうに、と思うと大変残念な印象を受ける。この本のタイトルから予想される内容とは異なり、これは「代替医療のトリックを明らかにしている本」では、まったくない。
  
この本が示しているのは、「本当に効いたかどうか」を判断するために必要なデータとは何か、ということである。
  
代替医療の信奉者はしばしば、「科学者はどうして効くのか理由のわからないものには目をつぶり、見なかったことにする」、という批判をするが、この本を読むとその批判がまったく的外れであることが分かる。
  
「理由が分からなくても本当に効くのなら良い。しかし、それは本当に効いているのか。」
  
この本が明らかにしているのは、そのことである。第一章は、代替医療ではなく、通常の医療の話なのだが、現在の通常医療は、言うまでもなく登場した当時は代替医療だった。それが、現在の主流医療として認められるに至ったのは、「本当に効く」ことを、誰もが納得するデータによって示してきたからだ。
  
ここに登場するナイチンゲールもその一人である。ナイチンゲールは、野戦病院で献身的に働いた看護師として広く知られているが、実は数学が得意で、病院の衛生状態の重要さや、訓練された看護師の必要性を統計によって示し、当時の医学界を説得して病院の衛生状態を高め、看護師学校を設立したことで後世に名を残したのだ。
  
当時の医療界では、訓練された看護師の必要性は認められておらず、むしろ「訓練した看護師が世話をした患者の死亡率は、訓練を受けない看護師より高い」と言われていた。これは、重病患者の多い病院に訓練された看護師が派遣されることが多かったために起きた現象なのだが、科学的にデータを分析する習慣のなかった当時の人々は、自分の目で見たままに、「看護師を訓練するのは無駄である」と思っていたのだ。
  
同じように、病院の劣悪な衛生環境の改善が患者の生存率の向上に効果があることも、当時の医学ではまったく認められておらず、この本でも何度か指摘されるように、当時の病院は、むしろ行かないほうが安全であるような場所だった。
  
興味深いのは、現在広く浸透している代替医療のいくつかは、この当時の劣悪な衛生状態の病院への批判に起源を持つものだということだ。その意味では、当時の主流医学を批判した代替医療は、まったく的外れというわけではなかったのだ。しかし、現実に当時の医療界を改革したのは、科学的な統計に基づく医療だった。代替医療に関心を持つ人は、ぜひ医学の歴史を記した第一章だけでも、読んでみて欲しいと思う。
  
41a2ccwpfsl_sl210_

2010-05-30 (日)

尊厳死法案について

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

民主党の桜井充議員が尊厳死法案(仮称)を提出すると、ALSに関するブログで知った。
  
「人に死ぬ権利があるか」というのは、哲学的あるいは宗教的な議論のテーマとして常に身近なものなのだが、尊厳死法案というのは、これらの議論とはまったく性質が違う。
  
特定の症状の人だけに尊厳死を認めるらしいが、自ら死を選ぶ権利のある症状と、その権利のない症状とを区別する合理的な線が存在するとは到底思えないのだ。
  
本人の意思を尊重すると言うなら、毎年自殺する3万人の人々に、病院での尊厳死の権利を与えなければならない。彼らとて「到底耐えられない苦しみ」から逃れるために死を選んでいることに違いはない。
  
むしろ、この法案が通れば、本人の苦しみ如何ではなく、家族が介護を負担に感じるような重い症状の人だけが、その「権利」を与えられ、その選択肢を選ぶように有形無形の圧力に屈して、自ら「尊厳死」を選ばされる可能性がある。
  
家族の負担を軽減するのは、本来「福祉」であるべきで、強制される「尊厳死」ではないはずではないのだろうか。

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 1

2010-01-25 (月)

ハイチ地震 復興への希望と忘れない責任

カテゴリー:ニュース

Stand With Haiti

  
1月12日にハイチを襲った大地震の多大な被害、そして現地の人々の厳しい現状は、毎日ニュース番組や新聞で報道されている。首都ポルトープランスでは、怪我人や病人の支援のために各地から集まった医療関係者が正常に働けるための施設を確保できないほど、医療関係者、ボランティアは必要以上にいるというレポートもある。一方、郊外ではまだ水や生活必需品の支給が届いていない地域もあり、学校や孤児院などの跡地に生存者が生き延びるために厳しい現実と戦っている。
  
これから時間が経つにつれてハイチ地震に関する報道がだんだん少なくなり、今ほど多くの人がハイチの人々のニーズを考えることがなくなってきても、長期的な視点での復興支援が必要になってくる。助けを必要とする人々のことを考え、小さな形でも手を差し伸べることができる立場にいる者として、私なりに考える自分にできることは、(1)医療支援や物資供給を行っていつ信頼できる団体への募金、(2)長期的な支援対策を行っている団体について学びできる形で支援すること、そして(3)チャリティー団体や復興に関する大切な情報やアドバイスをできるだけ多くの人に知ってもらうためのメディア活動の一部になること。
  
ハイチ地震被害者支援寄付情報
  
米国ワシントンDCに拠点を置くUnited Nations Foundationでは、国連のハイチでの救援活動への募金のお礼として、Evanescenceによる未公開の歌「Together Again」の無料ダウンロードを提供。詳しくはこちらへ。
  
世界最大規模のインディペンデントツアー会社、Gap Adventuresと同社の非営利基金、Planeterraでは世界中に広がるネットワークを利用し、被害者支援のための募金を集める呼びかけを行っている。集まったお金はカナダ赤十字に100%寄付される。
  
ハイチ地震緊急支援ツイッター募金では、手軽に寄付ができる方法としてツイッターユーザーの「つぶやき」ごと一円がスポンサー企業よりハイチ緊急支援活動に寄付されます。このツイッター募金による寄付金は、国際協力NGOセンターを通して、国境なき医師団難民を助ける会など11団体に送られる。
  
長期的支援に関する情報
  
Lambi Fundは小さいながら実績のある開発チャリティーで、首都ポルトープランス外のコミュニティーで年々弱まっている農業セクターで支援活動を行っている。今回の地震でも多大な被害を受けたこれらの地域では、地震以前から働き手を得るために若者が都会(今では地震により崩壊されたポルトープランスのスラム)に流れ出ていた。
  
グローバルボランティアネットワーク(GVN)では、今後12ヶ月にかけて必要となるハイチでのボランティア(3月以降の出発予定)を募集している。
  
ひとりひとりの声の力
  
貧しい人々へ医療支援活動の先駆者的存在であるPartners in Helthでは、20年以上にわたるハイチでの実績を生かし、地震被害者への支援もいち早く駆けつけた。世界中のサポーターが手軽に寄付や支援活動に関する情報を発信できるように、こちらのサイトからクリックだけてFacebookやTwitterを通して自動的に送信できるメッセージのリンクや、ブログなどに簡単にはれるバナー(この記事のトップ)を提供している。
  
健康な生活のための機会を与えることをミッションとするProject HOPEでも、サポーターが各地で募金活動や情報発信を手軽にできるよう、こちらのページからファンドレージングのためのガイドや様々なソーシャルネットワーク、ブログサイトを通してProject HOPEの活動を支援したい人のためにリンクを提供している。

2009-10-14 (水)

新型インフルエンザで学校閉鎖は無意味という英国の方針

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

ロンドンでもインフルエンザが流行っています。

何万人単位でSwine Flu(新型インフルエンザ)らしい症状が報告されています。でも、夏にピークがあった感じで、一旦落ち込み最近増えている感じ。対応が日本とだいぶ違うんでちょっと驚いてます。
  
当初、Swine Fluらしいと外出禁止になって血液検査等をして調べていましたが、ある一定数をこ超えて流行りだし、しかもそれほど症状が重くないことがわかると、普通の病気と一緒だという扱いになり、厳密な血液検査で判定することをやめてしまいました。
  
ということで、正確にSwineFluかどうか統計に出せないので、SwineFluのような症状があって薬を処方した人の数が統計に出てます。実際に高熱が出てそれらしい症状だと思うと、病院に電話して症状を話すだけでタミフルをくれます。
  
国民保険なので無料で、しかも、患者はウィルスをまき散らすから代理人が取りにいくんです。つまり、医者は患者を診ずに薬を出しています。
  
そして、学級閉鎖も学校閉鎖も国としてはやめましょうと指示を出しています。夏休み中結構患者数が増えたのですが、その時はこのまま学校が始まるともっとひどくなりそうだから、学校開始を遅らせることに効果があると言っていました。その理由は、全体として罹患率を下げることには効果が期待できないだろうが、流行を遅らせ、薬や予防注射などの医療体制を整えるまでの時間稼ぎが出来るから!でした。
  
そして、体制が出来た今、学校閉鎖は意味がないから、取るべき対策ではないとなっています。これだけ社会にウィルスが蔓延していたら、学校だけ閉鎖しても結局どっかでうつるから無意味だということです。ただし、養護学校等感染した際のリスクが非常に高いと考えられる児童が多く通っている学校は別だと言っています。
  
ということで、もし普通の学校が閉鎖したら非常事態です!!!!

キーワード: 

投稿者:増田和子  Comments: 0 Trackbacks: 0

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr