reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2010-09-04 (土)

サバ州パーム油産業団地に韓国企業がバイオマス発電所

カテゴリー:ニュース

2010/09/04 12:25 マレーシアナビ

【コタキナバル】 サバ州ラハド・ダトゥのパーム油産業クラスター(POIC)で2日、韓国企業連合が手掛けるバイオマス発電所の起工式が行われた。発電能力は23メガワット(MW)で、建設費用は2億8,000万リンギ。同種のバイオマス発電所としてはマレーシア最大級だという。
  
 同バイオマス発電所開発には、エコ・フロンティア社のほか、韓国中部発電(Komipo)や韓国産業銀行(KDB)、STX重工といった韓国の大手グループが出資しており、2012年下期の運転開始を予定している。
  
 発電所の公式所有者はエコ・バイオマス・エナジー社で、通常は独立系発電業者(IPP)が手掛ける10MW以下の小規模の発電所のために承認される「小規模再生エネルギー・プログラム」下で認可を受けている。

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr