reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2011-06-20 (月)

6.26 横浜で脱原発ポスター展開催!!(「2011、寿KOTOBUKI-SPIRITS LIVE in ALTA」)

カテゴリー:イベント情報

6月26日(日)に、横浜市港北区の新横浜スペース・オルタにて脱原発ポスター展が開催されます!!
  
といってもメイン・イベントは、15:00開演の寿Kotiobuki さんのDVD発売記念 & 震災チャリティーコンサートです。
  
「2011、寿KOTOBUKI-SPIRITS LIVE in ALTA」
  
 沖縄の島唄と寿Kotobuki魂の熱いメッセージを携え、人々の想いをエンパワーし続けてきたナビィ(歌)とナーグシク・ヨシミツ(G, 三線)。 
 結成25周年を機に撮り出した寿Kotobuki の記念DVDが今年発売されたが、寿のスピリッツが詰まった映像作品として好評を博している。 
 今回はパーカッションの渡辺亮と横瀬卓哉をリズム隊でに迎えての、DVD発売記念のステージを作る。
  
 寿Kotobukiは、6.11脱原発100万人アクションの新宿でのステージでも演奏。  
 収益は、阪神淡路被災地支援でも動いた神奈川の八百屋仲間に よる“勇気野菜プロジェクト”に寄付。
 当日は、福島被災地からの現地報告もあり。
  
会場/新横浜スペース・オルタ
   横浜市港北区新横浜2-8-4オルタナティブ生活館B1
日時/6月26日(日)14:30開場、15:00開演
報告者/関久雄(元八百万屋、現在、二本松で支援活動)
料金/当日2.500円、予約・前売り2.300円(高校生以下1.000円)
主催/スペース・オルタ  
協賛/勇気野菜プロジェクト
予約・問合せ/スペース・オルタ(TEL&FAX:045-472-6349)
  
———————————————————————————————————-
  
当日、ホール(地下)に向かうエントランスで、脱原発ポスター展の作品が展示されます。スペースの都合上、展示作品は100種類程度になりそうです。イベント終了後に実費+カンパで、脱原発ポスター展作品をお持ち帰りいただくことができます。
  
コンサートの収益とカンパは、被災地のお年寄りや障がい者のための施設に有機野菜などを届ける勇気野菜プロジェクトに全額寄附されます。音楽を楽しむと同時に被災地の支援もできるイベントです。ぜひお越しください。
  
コンサートに関するお問合せはスペース・オルタまで。ポスター展に関するお問合せは、勇気野菜プロジェクトまでお願い致します。

キーワード:  , ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2011-03-20 (日)

震災関連情報サイト

カテゴリー:ニュース

《被災者支援関連》
  
◎Googleのこのページが充実しており、人探しも行える。
 http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html
   
◎多言語情報に関しては、このサイトに一覧されている。
 http://umsenhordobrasil.sblo.jp/article/43887862.html
  
◎上に含まれるが、赤十字の安否確認サイトは、英語、日本語、中国語、
 韓国語、ポルトガル語、スペイン語の6ヶ国語で提供されている。
 http://www.familylinks.icrc.org/Web/doc/siterfl0.nsf/htmlall/familylinks-japon-eng
  
◎災害ボランティアを行いたい人には以下のページ
 http://www45.atwiki.jp/volunteermatome/
  
◎NGOに寄附したいが、どの団体が良いか分からない人にはこのページ
 http://www.janic.org/news/post_265.php
  
 寄附や物資の寄贈については、最寄りの自治体が行っているはずなので問合せてください。
  
◎海外からの旅行者には次のページ
 http://japan-guide.com/news/0018.html
  
《原発事故関連》
  
◎ニューヨーク・タイムスの避難ゾーン解説についてはこちら。
 http://www.nytimes.com/interactive/2011/03/16/world/asia/japan-nuclear-evaculation-zone.html?scp=1&sq=estimates+of+potential+exposure&st=cse
  
 80キロ圏内は、”Blood Chemistry Changes”と書いてある。
    
◎Days Japanはこちら。
 http://daysjapanblog.seesaa.net/article/191310754.html
  
◎文部省のページ(各地の放射線量がアップデートされている)
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303723.htm

キーワード:  , ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-04-16 (金)

レアリゼ第7回共同リサーチ チャリティーとは?~寄付やボランティア行為を「ジブンゴト」に

カテゴリー:お知らせ

donation
近所の店先で見かけたハイチ地震被害者支援を呼びかけるサイン。
「集まった寄付金はMercy Corps Internationalに送られます。」

  
2004年のインド洋沖津波、2005年のハリケーンカトリーナ、そして最近の例では今年1月のハイチ地震など、大規模な自然災害は世界中で話題を呼び、チャリティー団体の活動や人道的支援にスポットライトがあたります。
  
一方で、このような被災地支援への寄付やボランティア参加の呼びかけが盛んなのは最初のうちだけで、メディアの報道が少なくなるにつれて人々の興味も薄れていく、という声もあります。そんな現実を受け、インディペンデント・メディア[レアリゼ]からの提案は、各国の寄付行為やボランティア活動のあり方を比較してみることを通じて、チャリティーという選択肢、さらにその効果や問題点を「ジブンゴト」として捉えるきっかけを探すことです。
  
レアリゼ・メンバーが、2010年1月に起きたハイチ地震の被害者支援に対する寄付活動について、で意見交換をしているとき、次のような報告がありました。
  
「携帯電話のテキストメッセージで簡単にできる募金で多くの寄付が集まった。」(カナダ)
「地理的な近さもあり、メディアの反応も大きく、関心度も高かった。」(アメリカ)
「ハイチ支援関係のチャリティーを装った詐欺も現れ、問題になった。」(イギリス)
  
一方で、寄付行為やボランティア活動に参加するためのハードルや、容易にさせるものについて、次のような意見もありました。
  
「どうやって信頼できる団体を探すのかわからない。」
「直接関わりのある団体や活動でないと、お金の行き先が不透明なので信頼できない。」
「国によって異なる個人の寄付を推奨する税制が『寄付文化』のあり方に大きく影響していると思う。」
  
そこで、レアリゼ第7回共同リサーチでは、非営利団体やチャリティー活動にお金を寄付する、あるいはボランティアとして労力や技術を提供するという行為のあり方や、国や文化によるチャリティーの捉え方の違いを調べることを目的に、以下の情報を集めることにします。
  
●信頼できる寄付先、ボランティア受け入れ先についてのいろいろな視点。
●短期的・長期的の両面から見る効率的な寄付・支援の仕方などに関するアドバイスや体験談。
●寄付団体、ボランティア活動に関する情報のあり方、メディアの役割に関する意見。 
  
寄付やボランティア行為についての意見や体験談に関するこちらのアンケートに答え、レアリゼ共同リサーチにぜひ協力してください。
  
アンケート
日本語: チャリティーとは〜寄付やボランティア行為を『ジブンゴト』に
English: What Does Charity Mean to You? ~ Make Giving Your Business
中文: 何谓慈善事业?~捐款、志愿者行为是“自己的事” 

キーワード:  , , , ,

投稿者:江崎絢子  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-02-14 (日)

ハイチ地震 ボランティアに求められるもの

カテゴリー:ニュース

gvn-blog-haiti
写真:Global Volunteer Network (GVN)ブログ

  
2004年のインド洋沖津波の時にも見られたように、地震などの大規模な災害を受けた被災地には世界中から多くの人々がボランティアとして救済や復興活動のために集まる例が多くある。1月のハイチ地震被害者の現状を見て、寄付をするだけでなく、または寄付をするよりも現地に行ってボランティアとして働きたい、という人も多いのでは。
  
イギリスに拠点を置くボランティア旅行会社、people and placesからの、ハイチに行ってボランティア活動に参加したい、何かしたい、と思っている人々へのアドバイスは、「急がず、適当な時が来るまで根気よく待って」。
  
「今現場で必要とされているのは、災害、危機対策、医療、工学技術、物流等の分野で専門的なスキル、経験がある人材です。それ以外の人々がハイチの人々を助けるために今できる一番の支援方法は、信頼できる救援団体の仕事をサポートすること。どれだけポジティブな動機があっても、大人数の旅行者、ボランティアの滞在を受け入れるインフラが整備されていないのがハイチの現状。一般のボランティアの貢献が役に立てるようになるのは、おそらく何ヶ月も、または何年も先のこと。根気よく待って、現地でしっかりとした基盤のある団体を通してボランティア活動に参加するのが、一番いい方法です。」ーpeople and placesのプログラムディレクター、Sallie Graysonさん
  
また、将来ボランティアとしてハイチで働きたい人がスキルを登録できる団体の例として、次のサイトが紹介されている。
  
· Center for International Disaster Information
· Haiti Volunteer Network
· UNV Online Volunteering
  
そして、寄付をしたいけれど、どの団体を支援すればいいのか分からないという人に:
  
· 以前に関わったことのある団体など、信頼できるチャリティーを選ぶ。
· スパムの可能性がある寄付依頼メールは無視。特に添付ファイルには注意。
· ウエスタンユニオンなどによる送金を頼んでいる団体には注意。
· 現金を直接送らない。
· 直接会って頼まれた場合は、必ずIDを確認。

キーワード:  , , , , ,

投稿者:江崎絢子  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-02-10 (水)

ハイチ地震 立ち上がる力

カテゴリー:ニュース


写真:CHF-Haiti「CHF Cash-for-Work Teams Cleaning Up Petit-Goave

  
先月ハイチを襲った大地震は、世界各地でメディアの注目を集め、地震直後の一週間だけでもハイチで復興支援活動を行っているNGOや開発団体に世界中から多大な寄付が集まった。地震からもうすぐ一ヶ月経つ今、生存者の救済活動や緊急物資の供給など以上に需要が増えているのは、被災地の地元の人々が彼ら自身の力で立ち上がり生活していく力をつけるための支援である。
  
地震から数週間後、長期的な復興のために被災者が必要とするのは食料や物資供給よりもお金、という現状を受け、国連開発プログラム(UNDP)やOxfam等の団体は、稼ぎ口を求める地元の被災者を復興作業のために雇う「キャッシュフォーワーク (Cash-for-Work)」プロジェクトを始めた。
  
日本、イタリア、ノルウェー政府やその他の支援国から集められた資金で支えられているUNDPのキャッシュフォーワークプロジェクトは、1万人以上の女性を含む、3万人ほどの人々に仕事を与えた。
  
ハイチ南部のPetit-Goave にオフィスを持つCHF Internationalでも、同じく「キャッシュフォーワーク」のアプローチで被災者の経済的支援と同時にコミュニティーが必要とする復興活動を進めている。銀行や金融機関が未だに機能していないPetit-Goaveで、CFHの雇用+復興プログラムは被災者に生き甲斐を感じる機会を与えると同時に長期的な経済基盤の復興に貢献している。
  
関連記事
  
ハイチ地震 復興への希望と忘れない責任」(1月25日)

キーワード:  , , ,

投稿者:江崎絢子  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-25 (月)

ハイチ地震 復興への希望と忘れない責任

カテゴリー:ニュース

Stand With Haiti

  
1月12日にハイチを襲った大地震の多大な被害、そして現地の人々の厳しい現状は、毎日ニュース番組や新聞で報道されている。首都ポルトープランスでは、怪我人や病人の支援のために各地から集まった医療関係者が正常に働けるための施設を確保できないほど、医療関係者、ボランティアは必要以上にいるというレポートもある。一方、郊外ではまだ水や生活必需品の支給が届いていない地域もあり、学校や孤児院などの跡地に生存者が生き延びるために厳しい現実と戦っている。
  
これから時間が経つにつれてハイチ地震に関する報道がだんだん少なくなり、今ほど多くの人がハイチの人々のニーズを考えることがなくなってきても、長期的な視点での復興支援が必要になってくる。助けを必要とする人々のことを考え、小さな形でも手を差し伸べることができる立場にいる者として、私なりに考える自分にできることは、(1)医療支援や物資供給を行っていつ信頼できる団体への募金、(2)長期的な支援対策を行っている団体について学びできる形で支援すること、そして(3)チャリティー団体や復興に関する大切な情報やアドバイスをできるだけ多くの人に知ってもらうためのメディア活動の一部になること。
  
ハイチ地震被害者支援寄付情報
  
米国ワシントンDCに拠点を置くUnited Nations Foundationでは、国連のハイチでの救援活動への募金のお礼として、Evanescenceによる未公開の歌「Together Again」の無料ダウンロードを提供。詳しくはこちらへ。
  
世界最大規模のインディペンデントツアー会社、Gap Adventuresと同社の非営利基金、Planeterraでは世界中に広がるネットワークを利用し、被害者支援のための募金を集める呼びかけを行っている。集まったお金はカナダ赤十字に100%寄付される。
  
ハイチ地震緊急支援ツイッター募金では、手軽に寄付ができる方法としてツイッターユーザーの「つぶやき」ごと一円がスポンサー企業よりハイチ緊急支援活動に寄付されます。このツイッター募金による寄付金は、国際協力NGOセンターを通して、国境なき医師団難民を助ける会など11団体に送られる。
  
長期的支援に関する情報
  
Lambi Fundは小さいながら実績のある開発チャリティーで、首都ポルトープランス外のコミュニティーで年々弱まっている農業セクターで支援活動を行っている。今回の地震でも多大な被害を受けたこれらの地域では、地震以前から働き手を得るために若者が都会(今では地震により崩壊されたポルトープランスのスラム)に流れ出ていた。
  
グローバルボランティアネットワーク(GVN)では、今後12ヶ月にかけて必要となるハイチでのボランティア(3月以降の出発予定)を募集している。
  
ひとりひとりの声の力
  
貧しい人々へ医療支援活動の先駆者的存在であるPartners in Helthでは、20年以上にわたるハイチでの実績を生かし、地震被害者への支援もいち早く駆けつけた。世界中のサポーターが手軽に寄付や支援活動に関する情報を発信できるように、こちらのサイトからクリックだけてFacebookやTwitterを通して自動的に送信できるメッセージのリンクや、ブログなどに簡単にはれるバナー(この記事のトップ)を提供している。
  
健康な生活のための機会を与えることをミッションとするProject HOPEでも、サポーターが各地で募金活動や情報発信を手軽にできるよう、こちらのページからファンドレージングのためのガイドや様々なソーシャルネットワーク、ブログサイトを通してProject HOPEの活動を支援したい人のためにリンクを提供している。

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr