reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2011-01-03 (月)

あけましておめでとうございます

カテゴリー:お知らせ | メンバー日記(世界の日常)

各地での豪雪のニュースを見ながら、雪の降らない松本の正月を迎えております。
  
昨年中はお世話になりました。昨年は、いくつかの小さな試みを始めようとして断念したり、上手く進み出したり、という感じでした。比較的変化の少ない年でしたが、レアリゼという仕組みにできることとできないことが、はっきりしてきた印象があります。
  
グループウェアを中心とするコミュニケーションの限界も見えてきました。夏ごろからスカイプによるコミュニケーションを始め、効果が見えてきていま す。先月からSNSの試行も始まりましたので、メンバーエリアの機能も、徐々にレアリゼSNSに移行していきたいと思います。
  
今年のレアリゼの目標は、本を出すことです。どんなテーマにしていくか、これからメンバーの意見を聞きながら、進めて行きたいと思います。
  
では、今年もよろしくお願い致します。
  
三沢健直 2011年正月

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-11 (月)

今年の目標

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

あけましておめでとうございます。
  
昨年はパームオイルのイベントでワークショップをしたり、レアリゼの取材を通して知り合った団体の研究会のメンバーなったりと、レアリゼを通じて色々な経験をさせて頂きました。
  
上記でプロボノのお話が出ていましたが、フリーランス1年生の私は、人脈作りや営業も兼ねてレアリゼ以外でも無給・薄給の仕事を色々やっておりました。おかげで後半はレアリゼに殆ど参加できず、リーダーの筈のパームオイルユニットですら、読むだけになっていて申し訳なく思っております。
  
フリーランスでボランティアをやり過ぎると生計を圧迫することを痛感した1年でした。レアリゼの活動も仕事として受けられるよう、収益を得る仕組が出来ればと思っています。こうしたメディアにボランティア精神は必要不可欠ですが、より影響力のあるメディアにすることと、収益が出るような仕組を作ることは、かなり重なる部分がありそうです。
  
それから今年は、パームオイルユニットの活動として、何とか現地視察がしたいです。
では今年も宜しくお願いします。

キーワード:  ,

投稿者:伴昌彦  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-10 (日)

今年の子育てユニット

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

 私が参加し始めた2008年に比べて、2009年はレアリゼがすごい速さで変わったように思います。すばらしい!と思いながら、正直、どんどん取り残されている感じがしておりました。さらに、夏の一時帰国時に適応障害を患ってしまい、以降BCでの発言が難しくなってしまい、同時に全体の動きを把握しきれなくなってしまったことが反省点なのですが、開き直りといいましょうか、自分のキャパを尊重しようと思うようになりました。私だからこそできることを、私なりに精一杯しようかなと。
  
 さて今年は、共同リサーチのテーマあたりで話しが出ている「コーヒー」ですが、せっかくコーヒーの産地ラオスにいますので、是非いろいろ調べて発信できればと思っています。
  
 それから、子育てユニット。私自身がぶつかっている問題でもあるのですが、医療の問題、文化の違いに戸惑う子供の心のケアなど、海外ならではの思いがけない実態が見えてきそうで、話し合っていけたらよいなと思っています。そのために、ママ(パパ)メンバーさんたちとの距離も縮めたいですね。チャットミーティングを開いてみるとか。
  
 そして、昨年は得意分野(といいますか、興味のある分野)でなくても、批判を恐れず、とりあえず発言する勇気が欲しいとずっと思い続けた一年でしたので、今年はもっと気軽に発言したいと考えています。
 どうぞ、今年もよろしくお願いします。

キーワード:  , ,

投稿者:村岡桂子  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-08 (金)

今年もよろしくお願いいたします。

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
  
昨年を振り返ると、仕事が忙しくなったこともあり、レアリゼ活動にはあまり参画できていませんでした。個人としては充実した一年であったと思いますが、レアリゼメンバーとしては、反省が残ります。
  
BCでの発言は少なかったのですが、やりとりは、たまにまとめて目を通すようにしてました。どんな様子なのか気になってはいたのですが、盛り上がっている話題の場合、リアルタイムでそのテンポについていくのは、ちょっと間に合わないなという感じでした。
  
読んで書く、というだけであれば、それほど時間が無いわけではないのです。ただ、興味があったとしても、それが自分の得意領域ではない場合、意見を言う前にまず、ある程度の調べてから、という気になるのですね。あまり基礎的な質問をしても仕方がないし、申し訳ないなという気になる。そうやって、少しずつ読むだけになっていった気がします。
  
しかし、そんなことは気にせずに、気軽に発言をすることによって、どんどん発言しやすくなるのは確かでしょう。今年の課題ですね。
  
BCでの活動とは別に、10月の東京ミーティングに参加できたことは、とても有意義でした。また、その後の活発なやりとりを通じて、あるいは、その他色々な場での交流などを経験し、あらためてレアリゼの意義を、自分の中で噛みしめることができたように思います。
  
それと、昨年、斉藤さんが情報を寄せてくれた、新しいボランティアのあり方(本業や得意分野を生かして、社会的な取り組みに寄与する。どんな言葉でしたっけ?)には、とても共感しました。(その後、日本でも朝日新聞などで紹介されていましたが、僕が感じたほどには反響は広がっていないようです。)昨年、新たなボランティア活動として、ボランティア団体の会報制作の手伝いを始めたのですが、まさに本業のスキルを生かしたものである一方、本業で有料であるものとボランティアとの線引きに、漠然と不安がありました。しかし、タイミングばっちりで情報をいただけ、その趣旨に共感できたことで、いろいろなことがスッキリし、前向きになることができました。
  
2010年は、「いま自分に出来ることでの貢献」と「少しのチャレンジ」というのが、自分としてのテーマと思います。ライター講座など、また、三沢さんからご提案があるようですので、ディスカッションしながら、進めていければと思っています。
  
最後に、昨年のレアリゼは、これまでとはちょっと違う、新しい風が起こってきたように感じました。色々な試みにトライしてきて、それがすべて、次への糧になっているように思います。

キーワード:  ,

投稿者:溝井祐樹  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-08 (金)

今年の抱負

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

明けましておめでとうございます。
  
ロンドンから何から調査にもとづいた情報発信ができたらいいなと思い、昨年?(記憶が定かではありません??)レアリゼに寄せてもらいました。
  
今年は、そうですね、、、、日本語教育について何か出来たらなと思っています。
特に、日本語能力の測定、評価について。
日本で暮らしたい/勉強したい外国人、日本人であっても海外で育った子供達、ハーフの子供達等、日本語以外の母語で、日本に来たいと思っている場合、日本語能力を測る事(他人に簡単に能力を示す事)ができたらいろんな面で便利ではないかと感じています。
  
単なる興味で、全くこの件に関しての知識がないので、実体はどうなっているのかな??と気になっています。
仕事が思った以上に忙しく、中々思うようにいかないのですが、かなり初歩的な所から調べられるといいな、、、と思っています。
  
今年もよろしくお願い致します。

キーワード:  ,

投稿者:増田和子  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-07 (木)

昨年を振り返って、そして今年は。

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
  
レアリゼは約3年前に参加させて頂きました。当初は日本に戻った後フルタイムの学生をする予定だったので、その合間にできる調査や翻訳のアルバイトを探していたのと、マイノリティや政策づくりの専門家と知り合いたいと思って入りました。 が、結局帰国後パート学生をしながらフルで働いてしまい、あまり貢献もないままここまで来ています。 レアリゼは議題が多岐に渡っていて様々な知識や経験をもった人たちが三沢さんを中心に緩くつながっているところが良いなと思います。
  
今年ジブンゴトにしたいのは「政策」かなと思います。そのために日本の政策評価制度の現状や他国の政策評価の在り方など、その他には社会的起業に何が必要で何が足りないのか、あたりを調べてみたいし、知りたいと思って少しずつ自発的に動いているところです。よろしくお願いします。

キーワード:  ,

投稿者:飯田恵子  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-06 (水)

昨年を振り返って、そして今年は。

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

明けましておめでとうございます!
  
思えば本格的にレアリゼに参加するようになったのは、2009年9月ごろから。
まだ4ヶ月程しか経っていませんが、レアリゼ全体の雰囲気に居心地さを感じ、インターネットを通してでもメンバーの意見や個性を尊重し、自分の個性をも共有できる事を実感しています。
  
三沢さんのブログポスト「民主主義とレアリゼ」の中にもありましたが、メンバーエリアにはヒエラルキーがなく自然と民主的な雰囲気が存在するのが感じられます。そんな気持ちの良い空間に参加できてとても嬉しく思うと同時に、2010年は自分がこの空間維持に貢献できる為には何ができるかを考えながら、参加していきたいと思います。
  
そんな民主的なレアリゼという組織とは、常に進化、変化を遂げながら成長していくオーガニックなメディアだと捉えています。今年も他にはないレアリゼにしかできない、オーガニックな要素を崩す事なく進化していく事を心から願います。
  
去年の暮れに、メンバーエリアにて「消費関連トピック モノ・ディスカッション」というスレッドを立ち上げさせて頂きましたが、今年はなんらかの形で、このスレッドを通してレアリゼショップやその他プロジェクト(特にレアリゼ経済的自立関連)に少しでも貢献できればと思っています。そして消費関連で今私達が「ジブンゴト」として捉えなければならない事などの問題提起ができればと考えます。
  
私にとってのボランタリズムとは、無理なくエンジョイしながら社会貢献すること。今年もレアリゼでは常に楽しみながら参加していきたいとおもいますので、どうぞよろしくお願い致します!

キーワード:  ,

投稿者:むらいゆか  Comments: 1 Trackbacks: 0

2010-01-05 (火)

あけましておめでとうございます。

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしく。
  
いつの間にかレアリゼでは古株の方になってしまったのですが、昨年は変化しつつあるレアリゼの形についていけなくて、結構戸惑った一年だったように思います。ネットを通していろんな人々とつながる面白さを感じる一方で、実際に顔をつき合わせることなく何かを一緒に創り出していくことの難しさも痛感した一年でした。
  
今年のレアリゼに期待することは、参加することの楽しさ、一緒に何かを生み出していくことの楽しさをもっとダイレクトに感じられるような方向性です。「世界を変える小さな試み」は難しくて思わず溜め息が出るものばかりではなくて、わくわくする楽しいものであっていいと思うのです。
  
今年は、面白コンテンツを企画したりしながら、レアリゼの楽しさの向上に貢献できたら嬉しいなと思っています。
  
> 江崎さん
ポートランドに移られるのですね。シアトル辺りまでならば結構よく出掛けるので、ぜひレアリゼPacific Northwest会やりましょう。バンクーバーにも機会があれば遊びに来て下さい。

キーワード:  ,

投稿者:高橋幸世  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-04 (月)

あけましておめでとうございます。

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

あけましておめでとうございます。私は最初、レアリゼのメンバーになってから、アクティブメンバーになるまで少しギャップがありました。入ってみたはいいけれどどうしたらいいものか、と戸惑っていつつなかなか入り込めずにいたのですが、メンバーのみんなで話し合ってレアリゼを盛り上げていくために、そしてもっとたくさんの人に関わってもらうためにどうしたらいいか、そんな対話に口を出してみたのがきっかけで、レアリゼというコミュニティーへのつながりを強く感じるようになり、積極的に参加できるようになりました。
  
2009年のレアリゼを通しての活動で、私にとってのハイライトは10月の東京ミーティングに参加したことです。世界中いろいろなところからメンバーが集まっているのはもちろんレアリゼの魅力で強みでもありますが、直接顔を合わせて意見を交わす、情報交換をする、そしてレアリゼについていろいろ言い合う、というのは、こういったコミュニティーの一員であるという体験の醍醐味だな、と思います。
  
2010年に私が楽しみにしているのは、ブログ、「面白コンテンツ」、ユニークなプロジェクト等の取り組みを通して、メンバー、サポーター、そして読者の数を増やすことです。これは、レアリゼが発信する情報を受け取って参考にしてくれる読者の数だけではなく、FacebookやMixi等のソーシャルネットワークを通してそれらの情報を広め、疑問を掲げ、話し合い、そして行動に移そうとする、そんなアクティブな参加者の数も考えたものです。
  
いろいろな角度でレアリゼと関わり貢献する機会を提供することにより、より多くの「ジブンゴト体験」が生まれていくことを願います。
  
最後に、東京ミーティングの時にもお話したのですが、1月中旬にオレゴン州ポートランドに引っ越します。村井さんはもちろん、高橋さんも、近くなるので、ぜひレアリゼPacific Northwest会をしたいです・・・

キーワード:  ,

投稿者:江崎絢子  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-03 (日)

明けましておめでとうございます。

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

 皆様、明けましておめでとうございます。
 今年は、タイでお正月を迎えています。
 私は自分が、まだまだ新しいメンバーだと思っていたのですが、考えてみるとメンバーになって2回目のお正月でした。
 ようやく、少しずつレアリゼって何・・っていうのが分かってきたような感じです。
  
 私にとって、昨年一番心に残ったのは、今年早々に、レアリゼの方向性を話し合い、その中で記事をのせるだけではない、活動するメディアになる・・という方向性が出てきたことが、とても印象深い出来事でした。メンバー間で意見の相違があり、ああこの議論はどうなっていくのかな・・
 と思っていたこと、それが結局イベントに繋がっていったこと・・。そして、そのイベントに関わることができたこと・・が、私にとってはとても印象深いことでした。
  
 来年は、レアリゼ・ショップが開店して、それに関われればいいな・・と思います。
 それから、できればパームオイル関係で、現地訪問ができたら嬉しいですね。
 レアリゼ参加を楽しみに、日本に帰国しようと思っています。
  
 今年もどうぞよろしくお願いします。

キーワード:  ,

投稿者:池内千草  Comments: 0 Trackbacks: 0

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr