reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2011-04-27 (水)

PARC「世界をめぐる電子ごみ」完成記念 上映会

カテゴリー:イベント情報

2011年7月、地デジ化目前!
「世界をめぐる電子ごみ」完成記念 上映会のお知らせ
  
捨てられたテレビはどこへ行く?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
■日時:5 月12 日(木) 19:00~20:00
■会場:アジア太平洋資料センター(PARC)
■参加費:無料
  
■上映作品:
「世界をめぐる電子ごみ」
2011 年 制作:アジア太平洋資料センター(PARC)
http://parc-jp.org/video/sakuhin/ewaste.html
  
地デジ化に対応するため購入されたテレビは2010 年末までに6700 万台。大量のアナログテレビがごみになった。捨てられた後、電子ごみはどこへ行くのか。その行方を追いかけ、国内の中古家電輸出商社、アジアやアフリカの中古家電市場、日本や中国、フィリピンのリサイクル現場などを取材。鉛や水銀などを含む電子ごみは、輸出された先で健康被害や環境汚染を引き起こしていた――。
  
その責任は誰がとるべきなのか。どうしたら解決できるのか。地球規模に展開す
るごみビジネスの仕組みを探りながら考える。
  
「危害の輸出 アジアで処分されるハイテクごみ」
2002 年 制作:バーゼルアクションネットワーク
  
初めて世界中に地球規模の電子廃棄物の問題を紹介したドキュメンタリー。アメリカでリサイクル用に集められた古いパソコンの推定80%が実際には中国に送られ、リサイクル作業に雇われた10 万人の貧しい移住労働者が鉛入りのブラウン管モニターをハンマーで壊して銅を回収し、電子回路基板を火であぶって溶かし、金を取り出すために使用した高い酸性液を川に流していた。
  
有害電子廃棄物の安くて汚い”リサイクリング”によってもたらされる職業上及び環境上の危険性に光を当て、現代のハイテク革命によって引き起こされる世界の環境正義の問題に目を向ける。
  
お申し込み・お問い合わせ
アジア太平洋資料センター(PARC) 担当:小池
〒101-0063 千代田区神田淡路町1-7-11東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail :office@parc-jp.org  http://www.parc-jp.org/
  

キーワード: 

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-12-01 (水)

<BINシンポジウム「国産材の需要と供給を結ぶ~加工・流通のマネジメントと マーケティングをどう進めるか~(仮題)」のご案内>

カテゴリー:イベント情報 | 書評

日時:2011年1月13日(木) 13:30~16:45
主催:NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)
共催:W-BRIDGE
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター セ-102
東京都渋谷区代々木神園町3-1(小田急線参宮橋駅(新宿より2駅)より徒歩7分)
http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
参加費:BIN会員 無料、一般 1,000円
  
プログラム:
1.「国内の木材加工・流通の現状」 赤堀楠雄氏(木材ライター)
2.「国産材加工・流通の先進事例の紹介」 能口秀一氏(木材コーディネーター)
3.「木材加工・流通の政策の変遷と見通し」遠藤日雄氏(鹿児島大学農学部教授)
4.「住宅メーカーから見た木材加工・流通」 住宅メーカー(交渉中)
5.「最終ユーザーからの視点」 永田潤子氏(大阪市立大準教授)
6.パネルディスカッション「国産材の需要と供給を結ぶ ~加工・流通のマネ
ジメントとマーケティングをどう進めるか~」
<パネリスト>
講演者+金谷年展氏(慶応大学教授)、岡田久典氏(W-BRIDGE)、相川高信氏
(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)
  
[講演タイトルはすべて仮題です。また、出演者および順番が一部変更になる場
合があります]
  
※NPO法人バイオマス産業社会ネットワークでは、今以上のバイオマス利用の拡
大には、国内林業・林産業の振興が不可欠との考えに基づき、2010年1月、「日
本の森林バイオマス利用を進めるには~日本林業復活のための提案~」を開催し
ました。(このシンポジウムの概要はバイオマス白書2010に掲載しています。
http://www.npobin.net/hakusho/2010/
  
※このたび、その第2弾として、林産業の川中・川下に焦点を当てたシンポジウ
ムを開催いたします。
  
※林業そのものの関係者以外にとって、国産材の価格が高くないにも関わらず、
木材の自給率がなぜ2割程度なのか理解しにくいところです。これまで国産材が
使われにくかった主な理由に、木材加工および流通が抱える課題があると考えら
れます。
  
※国産材加工・流通の現状と課題を、特に国産材の主な用途である住宅用建材、
内装材などに焦点を当てながら明らかにし、阻害要因を整理し、具体的な解決策
を探りながら、今後の対応について議論します。
  
※従来、外の人間にわかりにくかった事柄を様々な角度から議論することで、今
後の林産業の進展に役立てば、大変幸いに存じます。多数の方のご参加をお待ち
しています。
  
※参加を希望される方は、下記よりお申し込みください。
http://www.npobin.net/apply/
(画面右端の「詳細」ボタンをクリックしてください。)

キーワード:  , , ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-08-05 (木)

屋根裏の断熱工事

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

 信州の実家で、屋根裏の断熱工事を始めました。30年ほど前に建てた家ですが、屋根裏を見たら1センチ程度の断熱材が天井の上に敷いてあるだけなのでした。これでは暑い訳です。夏になると、とても二階にはいられません。屋根裏は通気も悪いので、熱い空気
が溜まっていて、夜になると部屋の窓を開けていても、外の方が涼しいのです。
  
 断熱工事が有効という話を知ったのが先月なので、暑い盛りの工事は大変です。午前中しか工事はできませんが、それでも汗びっしょりで作業をして貰っています。もちろんできるだけクーラーや扇風機を動員してはいるのですが屋根裏までは届きません。
  
 新しい断熱材は、40センチくらいになるそうです。まだ始まったところなので、効果は分りませんが、かなり涼しくなるそうです。
  
 費用も15坪で30万円程度ですが、この地方は、本来は東京などよりかなり涼しいですし、この工事で、冷房のためのエネルギーがかなり節約される筈です。
  
 さらに地域の建設関係の零細業者さんの仕事作りにもなりますし、自治体で助成をすれば、大きな効果があると思います。必ずしも直接助成金を出さなくても、広報などで大々的に宣伝するだけで効果があるはずなので、ぜひやって欲しいですね。今年はもう遅いかもしれないですが。
  
追記:工事終了しました。これは凄い!本当に涼しいです。以前より5度は下がったと思います。以前は2階に上がると、もわっとした半ば固形化したような熱い空気の物体に包まれる感じがしましたが、まったくなくなりました。陽のあたる南側の窓の近くにいると熱気を感じますが、北側は涼しいままです。これは絶対お奨めです!

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 1

2010-07-19 (月)

野菜&ハーブ栽培ジャーナル(22日目)

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

今回のニューフェースは

この「カレー」と呼ばれるハーブです。

ラベンダーによく似ているハーブですが、匂いは名前の通りカレー粉の匂いがします。

残念ながらこのハーブからはカレー粉はできませんが

カレーの香りを入れたい時にはお勧め。

バジルは順調に育ってくれているので、

サラダに入れ始めました。

「苺の大豆ミルクシェーキ」のレシピを下に紹介します。

トマト。今年の収穫時期はとても遅いそうです。通常なら7月中旬が収穫時。

そういえば、キュウリもニューフェースです。「Japanese Cucumber」

大豆。相変わらず育ちが遅い。

なす。あと2週間位で収穫できそうです。

まだ紹介してませんでしたが、「パクチー」。

花咲いてます。

ブルーベリー。収穫は残念ながら来年になりそうです。泣


シソ第二弾

「苺の大豆ミルクシェーキ」レシピ
作り方は至って簡単。

材料(2人分):

苺 10個位

ミント 2,3枚 (+2枚 飾りつけ用)

ヨーグルト 1-2カップ

大豆ミルク 2カップ

蜂蜜 大さじ2杯 (甘さが足りない時におすすめ)

氷 3-4個



作り方:

ミキサーに材料を入れて混ぜる。

グラスに入れてミントの葉をのせる。

出来上がりはこんな感じで。

キーワード:  , , ,

投稿者:むらいゆか  Comments: 0 Trackbacks: 1

2010-07-11 (日)

隣の芝生が青い事情(米国)

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

さて今年も
「どなたの芝生が青い合戦」開始のゴングが鳴り響いた。

私の住む「キャムリ通り」は築10数年の比較的新しい家が並ぶ行き止まりの通り。
このキャムリ通りだけは唯一奇麗めな住宅が10件ほど並ぶが、
キャムリ通りを一歩外に出ると、築40年の壊れかけボロ屋が軒を連ねる。
これをアメリカ人は「アンティークで可愛い」などとのんきに表現するが、実際住んでみるとなるとメンテナンスに金と労力を消費する事になりキープアップするのにもいっぱいいっぱいなのが現状。

ボロ屋についてはさておき、

キャムリ通りの住民の前庭手入れにかける情熱は半端ない。
いや、これはキャムリ通りに限らずアメリカ国内の一戸建て所有者全てに言える事ではないか???
前庭の芝生は常に高さ5センチくっきりの所でカットされ、すぐ伸びればすぐカットされる。
各家庭で最低でも週一回は芝生カットが施されるので、特に天気の良い週末は朝から草駆り機の騒音がご近所中に鳴り響く。

今年も春が終わり、暗黙の了解で「どなたの芝生が青い合戦」が始まる6月7月に突入すると共に私の主人も闘志を燃やし始める。
「うちの前庭は毎年キャムリ通りでは一位二位を争うくらいに整っている。問題はウェバー家との差を開くことだな。」と鼻息を荒くして語る。
このウェバー家とは、お隣に住む庭師一家のことだ。
大体、ありとあらゆるハイテク機器を使いこなす庭師相手に前庭勝負かけても労力の無駄だと私は思うのだが、主人はそれでも諦めない。

先週末も、雨続きで増殖したコケ処理に精を出し、芝生専用の肥料を大量にばら撒き、その上雨が降ったばかりなのに要らないはずの水も散々消費した。

我が家には2種類の草駆り機が物置内で常時待機している。
一台は大部分を処理し掃除機的役割を果たす”草駆り掃除機”。
もう一台は、掃除機では行き届かない隅の隅まで残らずスッキリ”クイックルワイパー草駆り機”。
また芝生の種の種類も日向用と日陰用の2種類を上手く使い分けなければ、
ヘルシーな芝生は生えてこないそうだ。

こうして主人はお隣の庭師と対等に戦おうと頑張っている。

庭なんかあるはずもない都心の小さな一軒家で育った私には、芝生を青くみせようとする心理がわからない。
そう言うと主人は
「前庭きれいにしないと、住宅バリューが下がるから特に近所が家を売っている時には迷惑かかる。だから奇麗にしなきゃいけないんだよ。」
と必至に理由付けしてみせる。

住宅バブルがはじけた米国では、
「どなたの芝生が青い合戦」が唯一、これ以上の住宅価格暴落を食い止めているのかもしれない・・・・。

今週末も草刈掃除機の騒音がキャムリ通りに響き渡る。

「今年こそは絶対に負けない。。。」

むらい家前庭管理最高責任者(主人)「今年こそは、絶対に負けません。」

2010-07-06 (火)

野菜&ハーブ栽培ジャーナル(10日目)

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

最近はようやく晴れの日が続いたので
野菜たちも順調に育ち始めました。

前回の「野菜栽培のすすめ」で言い忘れましたが、
むらい家の小さな裏庭では現時点で14種類のハーブと8種類の野菜を栽培しています。

野菜(果物):玉葱、スイートピー(食用)、大豆、ト マト、ナス、オレンジパプリカ、苺、ブルーベリー

ハーブ:パクチー、ディル、パセリ、モロッコミント、オレガノ、タイム、西洋アサツキ、フェンネル、ローズマリー、セージ、イタリアンバジル、スイートバジル、タイバジル、シソ

こんなにたくさんの野菜を栽培してるんだから大きな裏庭に違いない、と思われる読者もいると思いますが、
ハーブはバスケットに入れて上から吊るして場所確保しています。それから小さなプランターも大活躍です。

最近はまた庭の一角に空きができたので
犬達の昼寝場になる前に
何か植えようと思っています。
お勧めの野菜・果物があればご一報ください。。。

バジル。らしくなってきました。

もう・・・へなちょこバジルなんて呼ばせない。

大豆。相変わらず育ちが遅い大豆。これからが正念場。

なす。かなり頑張ってます。ご褒美に雑草抜いてあげます。

イチゴ。実が赤くなってきました。次回はストロベリースムージーのレシピ紹介です。

前回は紹介できなかった、オレンジパプリカ。順調に実が成ってます。これが果たしてオレンジ色に変わるのか、乞うご期待。

タイバジル。匂い嗅ぐだけでタイにいる気分。。。

シソ。食べるだけで日本にいる気分。。。

おまけで西洋アサツキ。花も食べれる。しかも花が一番美味しい部分。

今日植えたばかりのブルーベリー。これからどれだけ育つか見ものです・・・。

キーワード:  , ,

投稿者:むらいゆか  Comments: 0 Trackbacks: 1

2010-06-24 (木)

野菜栽培のすすめ (野菜&ハーブ栽培ジャーナル)

カテゴリー:お知らせ | メンバー日記(世界の日常)

つい最近のこと、
レアリゼのメンバーエリア上で「自給自足・地産地消」について考えさせられるような記事やコメントがあった。

生産者の顔も生産過程も見届けずに野菜やお肉が食卓に並ぶ事が当たり前に育った私たちが、
完全自給自足までとはいかないが、世界情勢に価格が左右され安い輸入品になるべく頼らず、地域にいる小規模生産者を少しでも助けられる方法はないか、と考えてみた。欧米ではこのような動きが活発化しているが、日本ではまだまだ、という声が多い。

国産品や地産品を購入する事はもちろんだが、自分で野菜を栽培してみることも、自給自足の大切さや面白さを実感できる一つの方法かもしれない。

毎年7月に開かれるAP Bank Fesは、Mr.Childrenとプロデューサーの小林武が主催となって開催される環境問題をテーマとした3日間の大型イベントだが、去年はそのスタッフによる「トマト栽培ブログ」が掲載されていた。
これはイベント開催日までのトマトの成長記録で、確かイベントのカフェではこのトマトが実際に使用されていた。ブログで成長過程を追っていたミスチルファ ンやイベント参加者にとっては自分が育てたトマトを実際に食べている感覚に陥る。

自給自足に少しでも近づけるには、私たち一人一人がこの「感覚」に触れる事が大切ではないか?
食と自分との距離を少しでも縮める事で、私たちの食生活を支える農家への見方も変わってくる。

・・・

ということで、私もAPBankの取り組みを見習って、今日から秋口にかけてレアリゼメンバー日記で野菜&ハーブ栽培ジャーナルを更新していきたいと思います。
そして9月あたりには、近くに住むレアリゼメンバーや読者、友人などを集めて「夏野菜収穫祭パーティー」を勝手に開きたいと思っていますので、みなさん是非是非お越し下さい!!(アメリカ西海岸ですが・・・)

また日本では首都圏に住んでいる方で、土地がなくても簡単に野菜やハーブを栽培する方法をご存知の方は、是非コメント欄を通じてシェアして頂ければと思います。

雨続きで全く育たないバジル。これから夏にかけて期待したい。。。

大豆。これも2ヶ月間全く育たず。。。。夏までにはビールのつまみが自給自足できるくらいまでに成長して欲しいところ。。。

なす。米ナスじゃなくて、日本のナスです。Japanese Eggplantって、ちゃんと呼ばれてます。

イチゴ。もう実がなりかけてます。イチゴは寒かろうが雨が降ろうが関係なさそうです。どんどん育ってます。

キーワード:  , ,

投稿者:むらいゆか  Comments: 0 Trackbacks: 1

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr