reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2010-09-23 (木)

海と森と里と-つながりの中に生きる-(DVD)/PARC

カテゴリー:劇評

ryuiki
  
森の豊かさと海の幸とが密接に関係していることを、古の人々が知ったのは、いつのことだろう?どんなきっかけがあったのだろうか?かつて森を壊したことで、海からの痛いしっぺ返しを得たことでもあったのだろうか?このDVDを見ながら、そう思った。
  
古くから漁業を営む付近の森は、社が建てられ、神聖な場所として守られていることがある。それは、海の魚達や海草が、森から川を通して運ばれる養分によって養われていることを、古の人々が知っていたからに違いない。
  
それを忘れてしまったのは、現代の私達のほうだ。かつて日本の森は、ほとんど広葉樹林だった。しかし、戦後の復興期において、それを成長の早く、価格も高い針葉樹に植え替える拡大造林政策が採られ、日本の森は針葉樹林に変えられてしまった。しかし、60年代後半以降の木材の輸入自由化に伴って、日本の木材は競争力を失い、森は徐々に放棄され始めた。
  
手入れをしない森は、水の保水力を失い、山崩れや水害などを引き起こすようになる。その対策として、全国でダムが作られるようになる。ダムは、水利対策という名目で作られたが、実際には、近隣地域の経済対策としても作られ、多くの政治家が必要のないダムを作るよう活動を始めた。
  
しかし、ダムによって、森の養分が海まで届かなくなると共に、海から川を上がり、自らの死体と共に養分を森に戻す魚達も、森に戻ることができなくなる。このようにして、日本中で、森から海へ、海から森へという養分の流れが断ち切られるようになった。
目先の経済効果に囚われた現代人は、古の人々が知っていた、知恵を見失ってしまったのだ。
  
DVDでは、大川のダム建設反対運動を通して、漁業と農業と林業に携わる人々が、互いの価値を知合い、交流を深める姿が描かれている。当初、漁業者達はダム建設の推進側だった。洪水によって土砂が流れ込むと養殖業が被害を受けるからだ。しかし、「気仙沼の生産量20億円のうちに、18億円は大川が運んだものだ」、という研究を知ってから、漁業者の意識が変わる。漁業者も、森を守るために活動を始める。
  
一方で、農業者の側も、それまで意識していなかった川下に暮らす人々のために、農薬を減らし、切り取った草が流れていかないように、敢えて川沿いの草を刈り残すように習慣を改めた。
  
今後、森が復活するためには、林業が復活しなければならない。そのヒントとして、家具づくりを中心に林業を復活させようとする試みが描かれている。
戦後日本の高度成長の陰で失われた価値を再度発見し、これからの日本の新しい価値を生み出していくためのヒントが、このDVDには描かれている。
  
タイトル:海と森と里と-つながりの中に生きる-(DVD)
制作:特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)2010年
詳細:http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/ryuiki.html

キーワード:  , , , ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 1

2010-06-12 (土)

四川省山中の農村に行ってきました。

カテゴリー:メンバー日記(世界の日常)

四川省の山中、農村の棚田
  
重慶から北に約200キロ、達県から2時間半ほど山中に入った四川省の農村に行ってきました。峰から谷に下る途中の小さな隙間を見つけて、小さな田んぼがたくさん繋がっています。
   
尾根の上の町
  
鎮の中心は、尾根にあります。そこから谷に向って棚田と農村が点在する形です。村から見ると、町を見上げる形になります。バス停から農村まで歩いて40分くらい。
  
田んぼを耕す老人
  
山中の農村には、機械などはまったくありません。牛を使って、昔ながらの農業をしています。

ただし、電気だけは通っていて、どの家にもテレビを見るためのパラボナが立っています。しかし日本と同じで、若い人が出て行ってしまい、残っているのは古い家に住む老人ばかりでした。
  
農村の家
  
中国の農村の家は、複数の家族が共同で建てたものに何世代に亘って暮らしています。共同でスペースを使うほうが効率的だからでしょう。
  
このような牧歌的な村にも、文革の爪痕が残っています。壁一つ隔てた隣に住む人の密告のために、その人の父親は死を選んだのだと、ある老人は信じています。都会から遠く離れた山中で、肩を寄せ合うように生きている村で、互いに口も聞かずに共に農業を続けてくることが、どんなことなのか、想像もできません。
  
小さな農村の家族が、日本から来た私のために、大切な鳥を一羽潰して歓待してくれたのでした。賑やかで和やかな夜でした。
  
ちなみに中国のトイレには、しばしば壁やドアがありません。むしろ私は人目から離れた山中を選らんだのでした。

キーワード:  ,

投稿者:三沢健直  Comments: 0 Trackbacks: 0

2010-01-25 (月)

ハイチ地震 復興への希望と忘れない責任

カテゴリー:ニュース

Stand With Haiti

  
1月12日にハイチを襲った大地震の多大な被害、そして現地の人々の厳しい現状は、毎日ニュース番組や新聞で報道されている。首都ポルトープランスでは、怪我人や病人の支援のために各地から集まった医療関係者が正常に働けるための施設を確保できないほど、医療関係者、ボランティアは必要以上にいるというレポートもある。一方、郊外ではまだ水や生活必需品の支給が届いていない地域もあり、学校や孤児院などの跡地に生存者が生き延びるために厳しい現実と戦っている。
  
これから時間が経つにつれてハイチ地震に関する報道がだんだん少なくなり、今ほど多くの人がハイチの人々のニーズを考えることがなくなってきても、長期的な視点での復興支援が必要になってくる。助けを必要とする人々のことを考え、小さな形でも手を差し伸べることができる立場にいる者として、私なりに考える自分にできることは、(1)医療支援や物資供給を行っていつ信頼できる団体への募金、(2)長期的な支援対策を行っている団体について学びできる形で支援すること、そして(3)チャリティー団体や復興に関する大切な情報やアドバイスをできるだけ多くの人に知ってもらうためのメディア活動の一部になること。
  
ハイチ地震被害者支援寄付情報
  
米国ワシントンDCに拠点を置くUnited Nations Foundationでは、国連のハイチでの救援活動への募金のお礼として、Evanescenceによる未公開の歌「Together Again」の無料ダウンロードを提供。詳しくはこちらへ。
  
世界最大規模のインディペンデントツアー会社、Gap Adventuresと同社の非営利基金、Planeterraでは世界中に広がるネットワークを利用し、被害者支援のための募金を集める呼びかけを行っている。集まったお金はカナダ赤十字に100%寄付される。
  
ハイチ地震緊急支援ツイッター募金では、手軽に寄付ができる方法としてツイッターユーザーの「つぶやき」ごと一円がスポンサー企業よりハイチ緊急支援活動に寄付されます。このツイッター募金による寄付金は、国際協力NGOセンターを通して、国境なき医師団難民を助ける会など11団体に送られる。
  
長期的支援に関する情報
  
Lambi Fundは小さいながら実績のある開発チャリティーで、首都ポルトープランス外のコミュニティーで年々弱まっている農業セクターで支援活動を行っている。今回の地震でも多大な被害を受けたこれらの地域では、地震以前から働き手を得るために若者が都会(今では地震により崩壊されたポルトープランスのスラム)に流れ出ていた。
  
グローバルボランティアネットワーク(GVN)では、今後12ヶ月にかけて必要となるハイチでのボランティア(3月以降の出発予定)を募集している。
  
ひとりひとりの声の力
  
貧しい人々へ医療支援活動の先駆者的存在であるPartners in Helthでは、20年以上にわたるハイチでの実績を生かし、地震被害者への支援もいち早く駆けつけた。世界中のサポーターが手軽に寄付や支援活動に関する情報を発信できるように、こちらのサイトからクリックだけてFacebookやTwitterを通して自動的に送信できるメッセージのリンクや、ブログなどに簡単にはれるバナー(この記事のトップ)を提供している。
  
健康な生活のための機会を与えることをミッションとするProject HOPEでも、サポーターが各地で募金活動や情報発信を手軽にできるよう、こちらのページからファンドレージングのためのガイドや様々なソーシャルネットワーク、ブログサイトを通してProject HOPEの活動を支援したい人のためにリンクを提供している。

2009-01-28 (水)

てい談・農業と福祉-つなげるために

カテゴリー:イベント情報

てい談・農業と福祉-つなげるために
(東久留米市社会福祉協議会 民間福祉活動助成事業)
●実践力、法制度、収益性から考える
◆てい談参加者
①20年来の実践が、市のみならず県、国に注目させた
NHKでも紹介「さいたま・見沼福祉農園」代表 猪瀬良一 さん
②市民が都市農業に参加できる「都市農地管理法」制定を提唱する
日本農業のシンクタンク「JA総研」研究員 星 勉 さん
③収益性と雇用が必要だと考え始めた
小さき実践を積み上げる「NPOくるめ・一歩の会」理事長 宮秋道男
◇日 時 2009年2月14日(土)午後1 時半~4時半
◇会 場 東久留米市わくわく健康プラザ
東久留米・花小金井・武蔵小金井駅から西武バス。滝山団地センター・バス停下車
◇参加費 500円
◇申込み 電話かFAX、あるいはE-mail で。
◇主 催 NPO法人くるめ・一歩の会
連絡先 〒203-0033 東京都東久留米市滝山5-1-16
Tel/Fax 042-477-1292 E-mail
kurume_ippo(at)yahoo.co.jp
(at) は @ に置き換えて下さい
URL http://ipponokai.fc2web.com/
関連記事 都市農地を活用する試み(1)-東久留米市一歩の会

キーワード: 

投稿者:伴昌彦  Comments: 0 Trackbacks: 0

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr