reports
back

カテゴリー

keyword

最近の投稿

アーカイブ

2010-11-23 (火)

ストリートペーパー

カテゴリー:ニュース

streetroots

  
レアリゼのパートナー Optimist Worldの「チャリティー」欄でInternational Network of Street Papers (INSP)という団体が紹介されていました。世界各地で、貧しい家庭やホームレスの人々に雇用機会を作り出すことにより経済力を支えるツールとしてのストリートペーパー(路上で売られる新聞や雑誌)を奨励する団体です。このニュースによると、1994年にスコットランドで5人のメンバーにより始められたINSPは、今では37カ国で販売されている89のストリートペーパーをメンバーに持つ国際的なチャリティーネットワークとして活躍しています。20万人以上の人々のホームレス生活から自立に向けての努力を支えてきました。
  
アジアからのケーススタディーのひとつとして、日本での例が紹介されています。「日本版The Big Issueが大阪で最初に発行された時、広告収入だけでは必要費用を支えてはいかれなかったが、地元の人々からの支援のおかげで、売上金で経営がまかなえた。」とのこと。海外からのニュースに興味がある人が多いので、ヨーロッパなどからの記事へのアクセスが、INSPを通して国際的なネットワークとつながっている利点だそうです。
  
私も今までに住んだ町や旅行先でストリートペーパーを見たり買ったりしたことはよくあります。このようなサポートシステムがあり、掲載する内容の向上を昇進している国際組織があるというのは、ポジティブなニュースだと思いました。私が今住んでいるオレゴン州ポートランド市でホームレスの人により売られているストリート新聞は「Street Roots」といいます。正直、文章の質においては100%満足しているとは言えませんが、地元ならではのコミュニティーの視点の話題がカバーされているところがなかなか好きで、気が向いた時に買っています(1ドル)。
  
去年まで住んでいたワシントンDCは、ホワイトハウスの足下ながら、残念ながらホームレス問題が大変深刻な街です。ワシントンDCで売られているストリート新聞は、「Street Sense」。毎日地下鉄で通勤していたので、車内で暇つぶしに読むのにちょうどいいこの隔週発行の新聞をよく買っていました。ホームレス支援をミッションとする新聞だけに、ホームレス問題に関する記事(シェルター建設や移動に関する地元住民とのぶつかり、市の政府による政策の欠陥など)は「本物の声」を反映して力強いメッセージを持っていたと思います。Street Senseは、「Vendor for a Day (VFAD)」というプログラムを通して、地元の学生やボランティアにこの新聞を販売する経験を提供しています。
    
数年前に初めてノルウェーの首都オスロを訪ねた時、買い物を楽しむ地元の人々や観光客で賑わう中心街で物乞いをしている人たちを数人見かけました。オスロ郊外に住む友人にホームレス事情について聞いてみたところ、主に東ヨーロッパなどからの移民で路上生活に至ってしまう人たちについて、こんな話をしてくれました。「こうやって道ばたでお金を頼まれてもたいていはあげないようにしている」とい彼女は、人身売買関連のキャンペーンを支援するボランティア活動に積極的に関わっています。他に行き場のない人々を貧しい国から「仕事をあげるから」とだまして連れてきて、路上で物乞いをさせてその「儲け」を取り上げる、そんな酷い犯罪組織があるそうで、「どんなにかわいそうと思っても、少しでもそのような犯罪者の懐を支援してしまうかもしれないリスクがあると分かっているから1クローネでも絶対にあげない。」そんな彼女が、個人ができるホームレス支援の方法で信頼できる例として紹介してくれたのはオスロのストリート新聞「=Oslo」でした。

メンバー募集 メルマガ 受託型リサーチ レアリゼブックストア サポーター募集
twitter mixi face Flickr